商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , Brand:

CBDオイルドロップ 3% ヘンプシードオイル・ベース 10ml


¥6,000


カンナビジオール(CBD)を300mg含有 フルスペクトラム

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3% ヘンプシードオイル・ベース 10ml は、ヘンプに含まれている合法成分カンナビジオール(CBD)を含有したオーガニックのサプリメントです。1日に数滴摂取するのみで、健康維持と健康を取り戻すサポートをします。付属の専用のスポイトを使用して、舌に垂らすという簡単な方法で、CBDオイルを摂取することができます。

(CBD oil drop 3%, Hempseed oil base, Full spectrum, high concentration)


ソーシャルシェア:
濃度 CBD含有量 価格数量
3%300mg ¥6,000
-
+
spinner
Brand:

ファーマヘンプCBDオイルドロップ 3% ヘンプシードオイル・ベース 10ml とは?

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%とは、超臨界二酸化炭素抽出にて抽出されたヘンプ・フルスペクトラム タイプのカンナビジオール(CBD)をヘンプシードオイル・ベースで配合させた天然由来のオイルです。
CBDオイルは、ストレスや不眠を改善したりなど、健康維持の補助をすることができるため、人気を集めているサプリメントです。ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は、付属の専用のスポイトを使用して簡単に摂取することができます。
ファーマヘンプ社(PharmaHemp)によって製造されており、複数の国にて販売されています。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%に含まれている成分について

1)CBD(カンナビジオール)とは?

CBDとはカンナビジオールを意味します。麻に含まれている主要成分の1つで、健康維持をサポートするサプリメントとして世界中から注目されています。CBDは、麻から抽出される成分でありますが、向精神活性作用を引き起こすことはなく、安心して使用することができます。
2018年1月に世界保健機構(WHO)は、カンナビジオール成分のてんかんへの治療効果を認めており、有用性を正式に公表しています。また、アンチドーピング機構(WADA)も禁止薬物指定からカンナビジオールを除外することを公表しました。
その他、CBDは健康サプリメントとしてだけではなく、化粧品へ応用されるなど、美容のために使用されることもあります。

 

2)CBDは違法ではないの?

CBDは大麻草に含まれている成分ですが、大麻取締法で規制されていない茎や種子を原料としているため、違法性はありません。
また、麻薬取締法で薬物に指定されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分は除去されているため、服用するにあたって問題はありません。
WHOからも2017年に「CBDに依存性はない」「体内で依存性物質に変わる恐れもない」と報告されているので、安心して摂取することができます。実際に、安全性も保証されており、CBDの健康リスクは劇薬に分類されるカフェインより低いとされています。

 

3)ヘンプシードオイルとは?

ヘンプシードオイルは、麻の種子から抽出されたオイルのことで、ヘンプオイルとも呼ばれています。ヘンプシードオイルは、20種類の必須アミノ酸を全て含んでいることに加えて、必須脂肪酸と呼ばれるオメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸を3:1の理想的な割合で含んでいることから、非常に栄養価の高いオイルとして知られています。
CBDとヘンプシードオイルを一緒に摂取することで相互の働きを高めることができ、より優れた結果を期待することができます。CBDとヘンプシードオイルの相互の働きを高める現象は、一般的に「アントラージュ現象」と言われています。

 

4)フルスペクトラムとは?

CBDのサプリメントには、CBDのみを含有している「CDB単一系」と、CBDに加えてTHCを除くファイトケミカル全体を含んでいる「フルスペクトラム」の2種類があります。フルスペクトラムには、麻の他にもフラボノイド、ポリフェノール類など500種類以上の植物性化学物質が含まれており、健康サプリメントとしての働きをより高く示します。

ファーマヘンプ社(PharmaHemp)について

ファーマヘンプ社は、1965年に中央ヨーロッパ・スロベニア共和国で創業しました。元は化粧品を中心に扱っていましたが、2011年からは、CBD用のヘンプの生産から加工までを行う事業を開始しました。
ヘンプの生産から加工まで独自で行っていることから、安定した生産ラインを確保しています。そして、濃度、安全性を保ち高品質基準を満たすためにすべての製造過程を厳しくテストしているため、高濃度でビュアなCBDオイルを世界中に輸出しています。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の摂取方法

①専用のスポイトでオイル数滴を取り出し、1回に2~3滴を摂取します。1日に10~15滴が目安となっています。

②オイルを舌下に投与します。難しい場合は、舌の上で問題ありません。

③一度口に含んだ後、10~30秒ほど口の中で味わってから飲み込みます。これは味覚を刺激することで、CBDの作用をより強く感じることが可能であるためです。

④飲み込んだ後に深呼吸を10回ほど行い、呼吸を吐きながらCBDが体内に広がっていくイメージをします。このようにして気持ちを落ち着かせるとともに脳や体全体に十分な酸素をいきわたらせることで、CBDの作用を最大限引き出すことができます。
CBDを摂取する際は、それぞれの身体に合った量を守って摂取することが推奨されています。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の作用時間

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の作用のあらわれ方は、人によって異なりますが、実験では最大7時間という結果が出ています。
ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は、舌の上に投下するよりも、舌下に投与したほうが早く作用を得ることができます。また、早く作用を得たい場合は、空腹時にファーマヘンプCBDオイルドロップ3%を摂取することが推奨されています。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の摂取期間

カンナビジオールを2週間から3週間摂取し続けた後は、摂取量を少なくしても同様の働きを得ることができるという結果が報告されています。これは、他のサプリメントが1日以内に体内から排出されてしまうのに対し、外部から摂取したCBDは体内の受容体と結合するためです。
このようにしてCBDは体内に貯蓄されるため、一定期間摂取し続けた後は量を減らしたとしても作用を維持することができます。
ただし、作用の持続性には個人差があるため、1日の摂取量を必要以上に減らす必要ありません。体の反応を見つつ、適切な摂取量を模索するようにしてください。

大麻草(CBD)と医療

CBDオイル製品は栄養補助食品として販売されています。日本の法律では、大麻草の医療目的使用と臨床実験が禁じられているため、CBD製品の医療的な使用を主張することができません。
医学的なCBDオイルの効果・効能については、ご自身でお試しいただくか、医療専門家と相談することが推奨されています。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は通販で購入可能

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は通販を利用して購入することができます。
ファーマヘンプ社のCBD製品は日本の正規サプライヤーから発送されるため、安心して利用することができます。また、税関で止められる心配も必要ありません。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の二次的作用

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は基本的に体に無害なサプリメントであるため、医薬品に見られるよう副作用はほとんどありません。ただし、稀に以下のような症状が見られることがあります。

・口の渇き
・低血圧
・肝薬物代謝の低下
・眠気
・抗凝血

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の注意点

以下の該当する方は、ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%を使用することができません。

1)妊娠中の方

妊娠中の女性に対するCBDの影響に関しては、まだ研究が十分に行われていません。CBDが胎児の発達に悪影響を及ぼす可能性もあるため、妊娠中のCBDの摂取はおすすめできません。

 

2)日常的に車両を運転する方

CBDオイルの二次的作用として眠気が報告されています。機械の操縦、自動車の運転中などに眠気が起こると事故につながりかねないため、そういった場合はCBDオイルを使用しないようにしてください。

 

3)常用薬を持っている方

CBDは肝酵素シトクロムP450と呼ばれる肝酵素に影響を及ぼし、肝臓における薬の代謝を抑制します。これにより、薬の血中濃度が一時的に高くなることがあり、望まない二次的作用を発症しやすくなるリスクがあります。
常用薬がある場合は、CBDオイルを摂取する前に医師に必ず相談してください。

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%の保管方法

ファーマヘンプCBDオイルドロップ3%は、直射日光、高温多湿を避け、開封後は20℃以下で保存するのが理想的です。そのため、開封後はなるべく冷蔵庫の中で保管することが推奨されています。

レビュー

レビューはまだありません。

“CBDオイルドロップ 3% ヘンプシードオイル・ベース 10ml” の口コミを投稿します