メガリスの副作用

1995年にイーライリリー社(Eli Lilly)は、ED(勃起不全)で悩む男性にとって救世主となる強力なお薬、シアリスを開発しました。Cialisの効果は最大36時間続くため、シアリスは「ウィークエンドピル」と呼ばれています。

メガリス(Megalis)は高品質なインドのジェネリック医薬品で、ブランド薬であるシアリスと同じ効果を有しています。このED治療薬はタダラフィルを有効成分としており、効果は最大36時間続きます。メガリスはワインや日本酒などの強いお酒と一緒に服用することができ、食事の影響も受けません。

オリジナルのシアリスと同じく、ジェネリック医薬品は安全に使用することができるお薬です。しかし、これらのお薬は正しく服用することが大切です。

まず、一日に服用して良い用量は、最大20mgです。服用する頻度や健康状態に応じて、5mg、10mgの用量を服用することもできます。

タダラフィル20mgは体内から完全に排出されるまで、40時間前後を要します。そのため、1日に20mg以上のタダラフィルを摂取することはできません。

過剰摂取をした場合、副作用が発生することがあります。

メガリスはビタミン剤ではなく、医薬品です。

そのため、正しく服用する必要があります。

メガリス20mgは副作用を起こす可能性があり、それらは発生頻度によっていくつかに分けられます。

メガリスの副作用

主な副作用:

✓汗の増加–患者の約20%に見られます。

✓背中の痛み–ジェネリック医薬品であるメガリスを使用した男性の15%にこの副作用が見られます。

✓鼻づまり–この症状は、実験にに参加した人の12%に見られました。

✓火照り、のぼせ–男性の11%に見られます。

✓頭痛–典型的な副作用で10%の男性に見られます。

✓胃腸管の損傷、下痢–メガリスのこの副作用は、男性の約8%に見られます。

✓まぶたの腫れ-男性の2%に見られます。

✓目の痛み、結膜炎–男性の1.5%に見られます。

✓重度のめまい-男性の1%に見られます。

 

まれな副作用:

これらのメガリスの副作用はとても稀であるため、発症率は0.1%以下です。しかし、どういう症状が起こりうるか知っておく必要があります。

1.薬剤に対する感度による発疹

2.蕁麻疹

3.剥脱性皮膚炎

4.腹部の痛み、または逆流性食道炎(これらは発症率は0.004%以下です)。

5.ED治療薬の服用後に発生する視神経の軽度の損傷

網膜の静脈の損傷に加えて、視野欠損が見られます。

メガリスとアルコールの関係

メガリスはブランド薬と同様の効果を得ることができるジェネリック医薬品です。タダラフィルを含むシアリス、またはジェネリック医薬品はアルコールと一緒に摂取することはできるのでしょうか?

一般に、メガリスとアルコールの併用は可能だとされています。これはこのED治療薬の大きなメリットとされています。

しかし、適度な量のタダラフィルを服用し、アルコールを飲みすぎないようにすることが推奨されています。アルコールを飲みすぎた場合は、メガリスの服用を避けるようにしてください。

メガリスはワインや日本酒などのお酒と併用することができます。純粋なアルコールを約40 g摂取する場合は、およそグラス一杯(約0.33ℓ)の量になります。日本酒やウィスキーの場合ならグラス一杯、ビールの場合はボトル一本までとなります。アルコールを飲みすぎると中毒となり、ED治療薬の効果が弱まります。

他のお薬との併用

インドのジェネリック医薬品と他の医薬品の併用は男性の体に害を与えることはなく、ED治療薬の効果を低下させることもありません。

メガリスは、心臓血管系の治療によく使用される硝酸塩を含む医薬品と併用することで、副作用を引き起こします。硝酸塩には血管を拡張し、血圧を下げる働きがあります。硝酸塩とメガリスを併用した場合、血圧を下げる効果が増強され、急激に血圧が下がります。そして、不整脈を起こす危険性があります。

併用禁忌薬には、ニトログリセリン(口内分散性錠、軟膏、エーロゾル、塗り薬、テープ)、硝酸イソソルビド(口内分散性錠、チュアブル錠)などがあります。

メガリスと血圧

心血管疾患を患う方がメガリス20 mgを服用した場合、副作用が発症することがあります。

副作用には、胸痛、頭痛、動悸、心筋梗塞、高血圧、脳卒中が挙げられます。

これらの副作用が見られた場合は、医師の診察を受けるまで、このED治療薬の服用は中止してください。このような副作用は稀であり、1.5%以下の男性に見られます。

メガリスの服用が禁忌の場合

シアリスやジェネリック医薬品であるメガリスは安全性が証明された信頼できるお薬ですが、すべての人が服用できるというわけではありません。特定の病気など患っている場合、シアリスやメガリスを服用できないことがあります。安全にこれらのお薬を服用するには、その点に注意する必要があります。

 

メガリスを服用することができない方

  1. タダラフィルに対して過敏症(感度が高すぎる)の既往歴がある場合

B)シルデナフィルやバルデナフィルなど、その他のED治療薬を服用している場合

C)心血管系疾患を患っていて、性行為が不適当と考えられる場合

D)前部虚血性視神経障害による視力喪失がある場合

E)ラクトース不耐性、ラクターゼの欠乏、グルコース・ガラクトース吸収不良症の場合

F)女性

注意点:メガリスは18歳未満の男性は服用することができません。万が一服用した場合、身体の成長に悪影響がある可能性があります。

 

相対禁忌:

A)腎不全。この場合、医師の監督の下であれば、メガリスを服用することができます。

B)持続勃起症の兆候

C)身体構造上のペニスの異形

D)肝不全。この場合、ED治療薬の服用には細心の注意を払う必要があります。

E)制酸薬(胃液の酸性度を低下させる薬剤)と併用した場合、薬物の効果が低下します。

メガリスには多数の副作用や禁忌がありますが、メガリスは正しく服用すれば安全なお薬です。

勃起不全を改善するための方法として、メガリスを使用することは推奨されています。

メガリスが身体に合わない場合は、他のシアリスジェネリックを試すことができます。それらにはシアリスと同様の働きがあり、チュアブル錠やフィルムタイプなど、様々な剤形が用意されています。これらの中から、あなたの体に合ったものを見つけることができるでしょう。