ベストお薬.jp は、世界中から高品質の医薬品を輸入する通販サイトです

ED治療薬や感染症の薬など、幅広い分野のお薬をお手ごろな価格で取り揃えています

ベストお薬.jp は、世界中から高品質の医薬品を輸入する通販サイトです

ED治療薬や感染症の薬など、幅広い分野のお薬をお手ごろな価格で取り揃えています。

コロナウィルス(COVID-19)の影響により、商品の発送に遅れが生じております。ご了承ください。
なお、先日報告したインド発送の商品の情報でご迷惑をおかけしたお客様にお詫び申し上げます。

Recent まつ毛育毛剤


Recent ハーバル・サプリ


医薬品の個人輸入とは?

医薬品の個人輸入とは、日本では入手できない、海外で販売されている医薬品を、日本で合法的に購入する唯一の方法です。

個人輸入代行サービスのサイトを利用すれば、海外で販売されている医薬品を日本から注文することができます。個人輸入代行サービスのスペシャリストは、必要なお薬が流通している国でお薬を注文し、お客さまのご自宅までお薬をお届けします。この際、医薬品の購入は、注文するご本人が使用する目的に限られていますのでご注意ください。お薬の転売は日本の法律で禁止されています。

日本の医薬品市場の市場規模は、2013年の728億ドルから2020年には798億ドルにまで拡大すると推定されており、毎年1.3%ずつ成長しています[1]。

しかし、日本で新薬が市場に登場するのは、欧米で承認されてから平均5年も遅れてからになります。

このような背景も影響して、近年、個人輸入代行サービスの通販が急速に人気を集めています。通販サイトを利用して、ED治療薬や化粧品、睡眠薬、ダイエット薬などを購入する人が増加しています。医薬品の個人輸入を行う際に、一番大切なことは、信頼できる個人輸入代行業者を見つけることです。

医薬品の個人輸入代行サイト

ベストお薬は関税法やWHOの「すべての人が手の届く医療の発展に関する指令」に基づき、幅広い医薬品をお求めやすい価格で提供しています。

個人輸入代行サービスのウェブサイトでは、シンガポールやインド、トルコなど、世界 の薬局で販売されている医薬品が、日本語で紹介されてあります。

個人輸入代行サービスのオンライン通販を利用すると、必要なお薬を自宅まで届けてもらうことができます。

ベストお薬では日本の薬機法を遵守し、医薬品の広告を行わずに、医薬品名を検索した場合、またはログインしたお客さまにのみ、医薬品の詳細を閲覧することができるようなシステムを導入しています。

医薬品の説明においては、治療の効果だけでなく、お客さまの健康状態を配慮して副作用についても詳しく記載するよう努めています。

しかし、お薬を注文する前に、健康状態を把握するためにも、医師の診察を受けることを強くおすすめします。

医薬品を通販で購入するメリット

お薬をもらうために、忙しい日常の合間で病院に行くのは面倒なものです。また、日本では処方されていない、お薬を購入したい方もおられるでしょう。このような場合、個人輸入代行サービスのサイトを利用して、お薬を注文する方法がおすすめです。

医薬品の個人輸入代行サービスのサイトを利用することには、以下のようなメリットがあります。

プライバシー保護の厳守

ED(勃起不全)の症状、AGA(男性型脱毛症)の症状、ダイエットの悩みなどが、家族や知人に知られてしまうことは絶対に避けたいものです。お薬をオンライン通販で購入すれば、周りの人に病気のことを知られることなく、医薬品を入手することができます。

安全性の確保

世界的にウイルスが大流行している中で、病院やクリニックで受診することを控える人々が多く見られます。このような場合でも、初めてお薬を処方される場合は、病院で受診する必要があります。しかし、頻繁に医師の診察を受けることは、費用がかかるだけでなく、他の感染症にかかるリスクを伴います。病院で他の患者からウイルスに感染する可能性は非常に高いのです。

お薬の通販は、ウイルスが流行している時でも安全に医薬品を購入することができる解決策です。クリニックや薬局に行く必要はありません。個人輸入サイトでお望みの医薬品を選んで注文し、荷物が届くのを待つだけで良いのです。

自尊心を保つことができる

薬剤師は日本で唯一女性の方が多い医療系の職業です。厚生労働省の統計によると、薬剤師における女性の割合は61.3%です。一方、医師は17%、歯科医師は19%となっています[2]。

薬局に行くと、女性の薬剤師が対応することが多いかと思われます。女性の薬剤師からED治療薬の服用方法や注意事項の説明を受けることは、気まずいかもしれません。薬のオンライン通販を利用すれば、このような問題を完全に解決することができます。

ストレスの解消

通常、薬局では薬剤師が医薬品に関する情報や使用上の注意点などを記載した説明書を印刷して患者に渡します。また、患者のこれまで服用したお薬のリストを確認し、安全性を確認する必要があります。

薬局で待っている間、ソーシャルディスタンスが保てずに、ストレスを感じることも予想されます。

個人輸入代行サービスのオンライン通販サイトでお薬を購入すれば、医薬品がご自宅に届けられるので、健康を保ち、ストレスを感じることなくお薬を入手することができます。

海外から医薬品をネットで注文するメリット:現地に行って買うよりも安い

日本では手に入らない医薬品を個人で購入するためには、合法的にお薬が販売されている海外の国に渡航する必要があります。そのためには、航空券やホテルの部屋代、ビザ代、交通費など、様々な費用が必要になってきます。お金を使うだけでなく、仕事を休んで、必要な医薬品を購入するために海外旅行に行く必要があるのです。

医薬品の個人輸入代行サービスの通販を利用すれば、このような手間を省き、ご自宅までお薬を配送してもらえます。

これは、海外旅行してお薬を購入するよりもはるかに便利なことは言うまでもありません。

処方箋は不要です

日本でお薬を購入するためには、医師からの処方箋が必ず必要になります。また、医薬品メーカーの説明書をよく読んで、服用方法や注意事項に従う必要があります。ご自身の健康状態を確認し、禁忌症と禁忌薬を避けるためにも、まずは、医師にご相談されることを強くおすすめします。

一度、医師の指示のもとでお薬を服用すれば、2回目からは時間とお金を節約するために、個人輸入代行サービスの通販サイトでお薬を注文することができます。その際に、医師からの処方箋は不要です。しかし、この場合、すべてが自己責任となりますので、用量や用法などに注意して服用する必要があります。医薬品の個人輸入代行サービスを活用すれば、賢く時間とお金の節約をすることができます。

新薬・ジェネリック医薬品を購入する

ジェネリック医薬品は、特許を取得した新薬と同じ有効成分を含み、同等の効果をもたらすことができる、後発医薬品です。ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が満了した後に製造されるため、価格がより安く設定されています。アジアを含む世界中で、ジェネリック医薬品の有効性についての研究が数千件行われており、これらの研究ではジェネリック医薬品の高い有効性と安全性が証明されています。

世界保健機関(WHO)によると、ジェネリック医薬品は、医薬品市場に競争を生み出すことで価格の高騰を抑えつつ、手頃な価格で治療を提供することを可能にするとされています[3]。

ジェネリック医薬品を使用すれば、同等の治療効果を得ながらも、かなりの金額を節約することができます。特に長期的にお薬で治療することが求められている場合は、ジェネリック医薬品をうまく活用することがおすすめです。

日本の新薬の承認手続きは非常に複雑なため、承認までにかなりの時間がかかります[4]。必要なお薬のジェネリック医薬品が正式に承認されるまで待つこともできますが、個人輸入代行サービスの通販を利用して海外からお薬を個人輸入する方法があります。

日本で有名な医薬品のジェネリック医薬品を入手するためには、医薬品の個人輸入代行サービスのサイトで注文するだけで良いのです。

医薬品の個人輸入に伴うリスク

医薬品の個人輸入には、メリットに加えてデメリットもあります。

    • 日本語の説明書が同封されていない
      個人輸入代行業者が配送してくれるお薬は、すべて海外で合法的に購入したお薬です。そのため、医薬品の使用方法が記載されてある説明書が外国語で書かれています。語学力不足により、お薬の服用に関する詳細を一部誤解してしまう可能性があります。
    • 偽物を販売する悪徳業者が存在する
      ネットで医薬品を注文する場合、新薬として販売されている偽物を注文してしまうリスクがあります。価格を安くするために、悪徳業者は法律に違反して作られた偽物を販売することがあります。
      新薬の医薬品メーカーが提供していない用量が販売されている場合、または、価格が極端に安い場合などは、そのサイトを利用しないようにしましょう。
    • 注文が届かないかもしれないという不安
      海外から注文した医薬品が配送され時期を、100%確実に予想することはできません。結局のところ、出荷が成功したとしても、郵便や税関でトラブルが生じることがあります。しかし、優良な個人輸入代行業者は、医薬品がお客さまに配送されるまでに、責任を持って届けることを保証しています。お客さまが海外から医薬品を個人輸入することを決めた場合、経験豊富な代行業者を選ぶことをおすすめします。

シンガポール、インド、香港、トルコの薬局:医薬品の種類が豊富

シンガポールの薬局では、高品質の医薬品やサプリメントなどが豊富に取り揃えられていることで有名です。アメリカとほぼ同等の品揃えで、アメリカで承認されている医薬品のほとんどがシンガポールでは購入することができます。日本の医薬品が受ける厳しい規制とは大違いです。香港やトルコでも同様に、豊富な種類の医薬品を購入することができます。 インドでは、独自の特許法のもとで医薬品を製造販売しているため、先進国で特許が満了していないお薬でも、ジェネリック医薬品が製造されているため、購入することが可能です。 医薬品を購入するためには、医薬品の個人輸入代行のオンライン通販を利用して海外から注文するのがおすすめです。

偽造品対策

ベストお薬は医薬品やサプリメントの仕入先として、信頼できる海外のサプライヤーと提携し、現地の薬局から直接商品を手配しています。これにより、偽造品が混入する危険性を排除することができます。また、すべての医薬品やサプリメントには品質・安全性を保証する成分鑑定証明書が提示されています。

医薬品の通販に伴う関税・消費税

医薬品の個人輸入は、注文する本人が使用する目的のためだけに許可されています。転売を目的として医薬品を個人輸入することは法的に禁じられています。そのため、一度に購入できるお薬の数、用量ともに制限があります。

お薬の種類に関わらず、16,666円未満でしたら、関税はかかりません。この金額を超えた場合は、関税と消費税、税関手数料を支払う必要があります。

医薬品を個人輸入される際は、ご自宅の住所を記載することをおすすめします。会社の住所を記載してしまうと、商用とみなされ、税関で止められてしま可能性があります。

輸入関税の計算方法や医薬品の許容個数については、日本税関のホームページ[5]で詳しく紹介されています。

一部の人気商品につきましては、関税や消費税などの追加料金が発生しないようにするために、1回のご注文で、3〜12ヶ月間、月1回のペースで医薬品をお届けする《定期発送まとめ買いプラン》を利用することができます。

なお、ベストお薬では薬事法を遵守して個人輸入代行サービスを運営しておりますが、まれに小包が税関の綿密な検査を受ける場合があります。そのような場合は、お届けまでに通常よりも時間がかかる場合があります。何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます

参照

[1] «Japanese pharmaceutical market value edging towards US$80 bn by 2020: report» [HealthCareAsia Daily. 27.02.2015]

[2] «平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況» [厚生労働省19.12.2019]

[3] «Generic Medicines» [WHO Drug Information Vol. 30, No. 3. 2016]

[4] «原薬等登録原簿(MF) » [独立行政法人医薬品医療機器総合機構.]

[5] «1806 医薬品・化粧品等の個人輸入について(カスタムスアンサー)»

[6] «薬事法» [mmjp.or.jp]

 

お客さまに健康と喜びをお届けするために


ベストお薬は、お客様の健康と喜びを第一に考え、スタッフ一同、優れたカスタマーサービスを提供するために日々努力しております。

お気づきの点や、お問い合わせなどがございましたら、当社カスタマーサポートまでお気兼ねなくご連絡ください。

電話: 0120-966-075 午前10時 ~ 午後6時

メール :  support@ベストお薬.jp

または、お問い合わせからどうぞお気軽にご連絡くださいませ。