目次

バイアグラはもともと高血圧や狭心症などの循環器系疾患の治療薬として開発されたED治療薬です。

バイアグラの優れた効果は以下のようにまとめることができます:

  • バイアグラの即効性:バイアグラを服用してから約30~40分後には勃起をサポートする効果があらわれます。
  • バイアグラの便利な形態:バイアグラは錠剤タイプとODフィルムタイプで販売されているので、他人に気づかれずに素早く簡単にバイアグラを摂取することができます。
  • 十分に持続する作用時間:バイアグラは錠剤を服用してから4~6時間ほどの間、効果が持続します。これは、食前に服用して性行為をするまで十分に効き目が長持ちする持続時間です。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、服用後に性的刺激がないと治療効果があらわれません。勃起力サポートの効果を得るためには、男性が性的に興奮している必要があります。バイアグラの効果は、シルデナフィルの作用により陰茎の血管の平滑筋や血管壁が弛緩し、海綿体が血液で満されることで、陰茎を硬く大きく勃起させるサポートを行います。

それでは、バイアグラと一緒にアルコールを摂取した場合は、その治療効果にどの程度変化があらわれるのでしょうか?バイアグラを服用して飲酒する際に、摂取できるアルコールの量はどのくらいでしょうか?

アルコールのイメージ

バイアグラとアルコールを一緒に飲む時の注意点

男女がデートをする際にアルコールを飲むムードになることは多くあります。男性も緊張が緩んでリラックスできるので、セックスをする前にお酒を飲みたいという方は多いでしょう。そこで、バイアグラと飲酒の相性についてこれから詳しく説明してきます。

統計によると、性行為の中でおよそ半分はアルコールを摂取した後に営まれるとされています。また、40代から50代の男性の約半数は、満足した性交を行うために十分な勃起を得ることが困難になっており、バイアグラやバイアグラジェネリックなどのED治療薬が必要となっています。

このような状況の中で、バイアグラとお酒の関係を知ることは、重要なことだと言えます。それでは一体、バイアグラとアルコールを一緒に飲むことは、危険なことなのでしょうか?

バイアグラジェネリックとお酒の関係

バイアグラは、基本的にビールやワインなどの軽いお酒を1〜2杯程度飲むくらいなら、大きな影響はありません。しかし、バイアグラを服用して飲酒をする場合、アルコールの量をできるだけ少量に抑えた方が良いとされています。そうすれば、危険な状況になることもほとんどないでしょう。このガイドラインはバイアグラジェネリックにも共通しています。

バイアグラのジェネリック医薬品とお酒は、新薬のバイアグラの場合と同じように様々な種類のお酒類・アルコールと相互作用をもたらします。バイアグラジェネリックを購入する際に注意する点は、信頼できる個人輸入代行サービスのサイトから、高品質のお薬を購入することです。バイアグラジェネリックを販売する業者の中には偽物を販売する業者もあり、危険です。

最も人気のあるカマグラなどのバイアグラジェネリックは、バイアグラと同様に、少量のアルコールとなら一緒に飲むことが可能です。

インドやヨーロッパなどの海外で製造販売されているバイアグラジェネリックには以下のような製品があります。

  • カマグラ(Kamagra)
  • スハグラ(Suhagra)
  • Erexesil
  • Vivayra
  • Tornetis
  • Taxier
  • Silafil
  • Olmax Strong
  • Maxigra
  • Dynamico
  • Vizarsin Q- tab
  • Vigrande
  • Kamastil

上記のバイアグラジェネリックをアルコールと一緒に飲む際のガイドラインは、バイアグラのものと同様になります。

バイアグラとお酒:バイアグラの説明書にはアルコールについてどのように書かれているのでしょうか?

バイアグラは、収縮期血圧と拡張期血圧をある程度低下させることが知られています。一方で、アルコールを含むほとんどすべてのお酒類は、一時的に血圧を上昇させるので、バイアグラと適度な量のアルコールを飲むことは許されています [6]。バイアグラの説明書によると、バイアグラとアルコールの併用の危険性について、明確に表示されていません。バイアグラは、血中アルコール(エタノール)の平均最高濃度が80mg/dl前後の健康な人において、アルコールの血圧を下げる効果を悪化させないとされています。

この研究では、バイアグラと適度な量のお酒を一緒に飲むことは、場合によっては腸にも良い効果をもたらすことが実証されています。過剰な量のアルコールを常飲している場合は、腸の粘膜がダメージを受けていることがあり、バイアグラと一緒にお酒を摂取することで、腸のダメージが軽減されることがわかりました[1]。しかし、この効果は、適度な量のアルコールを飲む場合にのみあらわれ、そうでない場合に、バイアグラは良い効果をもたらしません。バイアグラを服用する際には、お酒の量を控え、適度な飲酒でしたらリラックス効果ももたらし、良い影響をあたえることが報告されてます。

アルコールとバイアグラ:バイアグラを服用して安全に飲酒する方法とは?

数々の研究において、バイアグラと少量のアルコールでしたら、飲酒することが可能だとされています。ワイン、シャンパン、ウイスキーなどのお酒には、心身をリラックスさせる効果があります[2]。もちろん、日本酒などのアルコールがどれくらいの量が「安全」なのか、公式なガイドラインは示されていません。

バイアグラとお酒の相互作用を判断する上で、バイアグラの服用量は非常に重要な要素になります。また、飲酒する方の健康状態、体質だけでなく、アルコールを含むお酒の種類にもよります。例えば、ウイスキーやウォッカはリキュールや他の軽いお酒よりも確実に強いので、少量に抑えて飲酒するべきです。お酒を飲み過ぎると、ばいあぐらの効果が十分に発揮されず、安定した強い勃起を引き起こし、維持することができないことがあります。この場合、アルコールはリラックス効果をもたらすどころか、過剰な飲酒の作用により副作用が強くあらわれるなどして、セックスどころではなくなってしまいます。一方で、セックスの前にバイアグラと赤ワインなどの軽いアルコールを1〜2杯程度を飲むことは、リラックスするために役立ちます。お酒は緊張感を取り除き、リラックス効果をもたらすことはよく知られています。この場合、バイアグラはお酒と一緒に飲んでも、お薬の効果は良好にあらわれます。[3]

お酒を飲み過ぎてバイアグラ(ばいあぐら)を服用するとどうなるの?

まれにバイアグラとアルコールを一緒に飲むと、めまい、頭痛、頻脈、視覚障害などが発生することがあり、重篤な場合には失神を引き起こす可能性さえあります。[4] バイアグラをアルコールと一緒に服用する前には、ご自身の健康状態をよく知っている医師に必ず相談するようにしてください。そして、バイアグラと、強いお酒を一緒に飲まないようにしてください。

 

バイアグラ服用する際にアルコールを飲んではいけない人

バイアグラとお酒を一緒に飲んだ時に最も一般的にあらわれる副作用は、循環器系の疾患や糖尿病を患っている男性にあらわれやすいとされています。そのため、このような病気に罹患している場合は、一般的にはバイアグラを服用して飲酒ことはお勧めできません。また、血液中のコレステロール値が高い方や視力に問題のある方にもリスクがあります。このような疾患を患っている場合は、バイアグラは医師に相談して了承を得た場合にのみ服用が可能で、アルコール・お酒類は飲むことができません。

バイアグラと大量のアルコールを一緒に飲むと、痛みを伴う長時間の勃起(プリアピズム)や眼圧の上昇、不整脈などの副作用を引き起こす可能性があります。特にバイアグラを他のお薬と併用した場合に、このような重篤な副作用が発生することが報告されています。持病を持っている方がバイアグラを服用する際には、アルコールを完全に避けることがベストです。

一般的に、飲酒とED治療薬を併用する際のガイドラインはアルコールの量が少量の場合、そして男性の健康状態が良好な場合にのみ可能だとされています。大量のアルコールを日常的に飲酒することは、それ自体が健康を害し、多くの危険な病気のリスクを高めますので、できるだけ避けた方が良いでしょう。お酒で少しでもリラックスしたいなら、アルコール度数の低いお酒・アルコールを選び、飲酒するようにしましょう。

乾杯のイメージ

アルコールのリラックス効果とバイアグラの効果

バイアグラを服用して、セックスの前に少量のアルコールを飲むとリラックス効果があり、セックスの質にもプラスに作用します。ED(勃起不全)の原因には身体的な要因だけでなく、心理的な要因もあることが知られているので、適度な量のお酒を飲みセックスに臨むことは合理的な判断です。そうすると、バイアグラは適切なタイミングで効果をもたらすでしょう。しかし、アルコールを飲みすぎると、バイアグラの効果があらわれないことがあります。ウイスキー、ラム酒、ウォッカなどの強いアルコール・お酒を過剰に摂取すると、勃起機能に悪影響を及ぼし、バイアグラの効果を著しく低下させることが知られています。お酒は興奮を高めるかもしれませんが、身体的な要素が勃起を失敗させることが予想されます。さらに、大量のアルコール・お酒は吐き気やめまいを引き起こす可能性があり、バイアグラの効果にもかかわらず、セックスに支障をきたす可能性があります。また、すべての女性がアルコールを飲んだパートナーとのセックスを望んでいるわけではありません。そのため、飲酒は慎重に、責任を持って行うようにしましょう、そうでなければバイアグラですら効果をもたらしません。

 

バイアグラとアルコール依存症

バイアグラの主な治療効果は、ED(勃起不全)を治療し、満足の行く性行為をすることができるようにサポートすることです。しかし、研究によると、バイアグラはアルコール依存症の問題を抱えていて、常に大量のアルコールを飲む人の一般的な健康状態に良い影響を与えることがわかっています。その理由は、バイアグラを使用することで勃起力が向上するだけでなく、男性の情緒的な乱れも軽減されるからです。男性が落ち込んでいる時、ストレスを感じる時は、しばしば飲酒に走りがちです。満足の行くセックスをすると、男性としての自信が湧き、精神的にも幸福感を感じることができます。そのため、バイアグラは性生活の改善だけでなく、お酒・アルコールの量を減らすためにも良い影響を与えます。[5] バイアグラは満足のいくセックスの実現を助けることで、男性をより幸せにし、その結果、過剰に飲酒する必要性を少なくすることができます。

 

バイアグラとお酒:レビュー

バイアグラを服用中に飲酒が可能かどうかというに疑問を持っている男性は、ネット上のレビューなどを参照したりします。しかし、このような情報源は信頼できないことが多い事実を知ることが重要です。これらのレビューでは、バイアグラとアルコールを一緒に飲んでも悪影響がなかったという成功体験談を見つけることができます。しかし、バイアグラを服用して飲酒をし、失敗した体験談は、はるかに少ない頻度でレビューにシェアされる傾向があります。お酒をたくさん飲んでバイアグラを服用すると、副作用が発生してセックスどころでなくなってしまうので、要注意です。

さらに、それぞれの体質により、アルコールを許容できる量が全く異なることを忘れてはいけません。お酒を飲むことがすべての人にとって同じことを意味するわけではありません。少量のお酒で酔う人もいれば、いくら飲酒しても平気な人もいます。したがって、バイアグラとアルコールの併用の危険性を均一に判断することはできません。

また、バイアグラが効かないと思っていても、実際はアルコールの飲み過ぎが原因だったということもよくあります。お酒を大量に飲酒すると、勃起力が弱くなるだけでなく、副作用が発生する危険性があります。

バイアグラを服用してアルコールを飲んではいけない場合

一般的にバイアグラとお酒の関係は、飲み過ぎない限り良好ですが、場合によっては用量を調節などして、慎重にお酒とシルデナフィルを服用する必要があります。そして、強いアルコールよりも軽いお酒類を選んで飲酒することも重要なポイントです。

バイアグラとお酒の併用:肝臓への影響

バイアグラの代謝はほとんど肝臓で行われます。アルコールもまた肝臓の酵素によって処理されますので、肝硬変や肝不全などの重篤な疾患がある場合は、バイアグラを服用し、アルコールを含む飲みものを一緒に飲むことは禁忌となる場合があります。詳しくは、医師に相談してください。

バイアグラとお酒:血管への影響

バイアグラの作用機序は、ペニスの血管壁を弛緩させて拡張させることで、血流を促進し、勃起をサポートします。お酒にも血管を拡張する作用があります。循環器系に疾患がある男性は、お酒を飲んでバイアグラを服用する際には注意が必要です。服用前に必ず医師に相談するようにしてください。また、心血管系に疾患をお持ちの男性は、バイアグラとアルコールの併用による相乗効果は期待することができません。それどころか、飲酒をしてのバイアグラの服用は、危険な副作用が発生するリスクが高いので、絶対に避けるようにしてください。

バイアグラの血管の拡張作用に伴い、アルコールの血流への吸収が活発になるため、通常よりも少ない量のアルコールで酔ってしまう可能性があります。お酒に酔いやすい方は、アルコールとバイアグラの併用を避けたほうが安全でしょう。

お酒の摂取とバイアグラの服用方法:まとめ

一般的には、バイアグラやそのジェネリック医薬品を服用する際に、少量であれば飲酒は可能とされています。ビールやワイン、日本酒などのアルコール度数の低いお酒を少し飲んでも問題はありません。しかし、大量のアルコールを飲むと危険な副作用が発生することがありますので、責任を持って少量に抑えて飲酒することは重要なポイントです。また、持病がある場合、特に循環器系の疾患を患っている場合には、バイアグラと一緒にお酒を飲む前に必ず医師に相談するようにしてください。お酒を選ぶ際にはビールやワイン、シャンパンなどの軽いお酒を選ぶことをお勧めします。これらのアルコールは、リラックス効果をもたらし、バイアグラの作用に大きな影響を与えません。これらのポイントに注意して飲酒をすると、バイアグラの効果を十分に感じながらリラックスして性行為をすることができるでしょう。

参照: