☏ 0120-966-075午前10時 ~ 午後6時
ほしい物リスト (0)

CBDオイルドロップ

全 3 件を表示

商品カテゴリ
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

CBD

ヘンプや大麻は麻薬だと思われていますが、実際はそうではありません。この植物は経済活動に広く使用されています。食品産業もその応用分野の一つです。種子はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を豊富に含むオイルの生産に使用されています。Cannabidiol(CBD)の医療目的でのてんかんへの使用には特に注目に値します。CBDはヘンプに含まれる向精神作用のない安全な物質で、医療用としての承認は日本でされていませんが、CBDオイルや食品サプリメントに使用されています。これらの製品は、がん、筋肉の痙攣、てんかんに悩む方への健康維持におすすめすることができます[1]

CBDとは?

大麻は葉や茎などに113種類のカンナビノイドが含まれている薬草です。テトラヒドロカンナビノール(THC)には向精神作用があり、乾燥した植物を吸うとハイになる多幸感が得られます。THCとは異なり、カンナビジオールは麻薬の効果をもたらしません。この物質はCBDオイルドロップ、CBDバーム、CBDペーストなど様々な製品に使用されています。CBDはアメリカではEpidiolexという商品名で抗てんかん薬としてDAによって承認され販売されています[1]。CBDオイルなどのCBD製品は、神経症性障害、不安、慢性ストレスに悩む方の健康維持におすすめできるサプリメントです。

CBDの3Dモデル:
CBDの3Dモデル

日本でCBD oilを購入するのは合法?

日本では大麻の栽培、保管、流通を行うと7年以下の懲役に処せられます[2]。しかし、CBDは向精神物質に関する国連条約や麻薬に関する他の国連条約の規制対象外とされています[1]。問題となる物質はTHCであり、CBDオイルや他のCBD製品の購入は日本の法律を遵守しており合法となります。マリファナ由来のオイルドロップやその他のCBD製品は、日本の保険は適用されませんので注意が必要です[3]

注意事項:

個人が海外でCBDを含むサプリメントを購入したり、輸入したりすることには数々のリスクが伴います。CBD オイルを合法的に購入するには、国内の正規通販を利用することが安全です

大麻由来のオイルとその他のCBD製品の販売情報

当店の通販サイトでは、PharmaHemp社[4]のCBD製品を注文することができます。ファーマヘンプは大麻由来のサプリメントを製造しているヨーロッパのメーカーで、幅広い製品を取り扱っています。すべての製品はISO/IEC 17025: 2017[5]に準拠して認定された研究所で成分が検査されています。 オイルドロップ、ペースト、バームには精神活性物質のTHCが0.2%未満の濃度で含まれており、種子と茎からのみ製造されているので合法的に販売されています[6]

ファーマヘンプの主な製品は以下の通りです。

  • 大麻由来のCBDオイル:CBDを溶解するためにオイルが使用されています。ヘンプシードオイルは栄養食品としても使用されています。
  • CBDクランブル:高濃度のCBDが含まれているのが特徴です。
  • CBDペースト:オイルよりも高濃度で舌下から摂取しやすく加工されています。
  • CBDワックス:CBDを最大68%まで高濃度で配合したワックス製品です。食品に混ぜたり電子タバコで摂取します。
  • CBD Vapeです。CBDオイルをベースにした電子タバコ用Eリキッドです。

これらの商品は全て通販で購入でき、日本全国へ配送可能です。

ヘンプ由来のCBDオイルを購入する方法の情報

統計によると、日本での死亡者数の30%が癌によるものだそうです。欧米では多くのがん患者がサプリメントとしてcannabis oilを摂取しています。化学療法の際に吐き気を伴うことから、CBDが体調の調整に役立つとされています。HIVや重度のてんかん、神経疾患、ストレスに悩む方にも健康維持のための使用が推奨されています。

CBD オイルの通販を行う際には次のことに留意する必要があります。

  • 海外からのCBDオイルの個人輸入は数々のリスクが伴うため避けた方が良いでしょう。
  • 当サイトで紹介している商品は大麻取締法に触れない安全なファーマヘンプ社の正規品です。
  • CBD オイルの通販は国内でのみ可能です。

WHOによる日本の死因統計[7]

日本の死因統計

CBD オイルを通販するには?

CBD OILなどのCBD製品の通販での注文は、簡単でシンプルな手続きで完了します。注文リクエストは、以下の手順に従ってください。

  1. 当社ウェブサイトのCBD製品のページで商品を選択します。
  2. カートに商品を追加します。
  3. 通販の注文フォームに必要事項を入力します。
  4. CBD製品の支払いを完了させます。
  5. 商品が発送されると追跡番号がメールで送信されます。
  6. CBDの荷物が配送されたら自宅で受け取ります。

商品の出荷後、荷物追跡のための追跡番号が送信されます。追跡番号でお客様の荷物の位置情報などを確認することができます。

CBDオイルの成分と働きについての情報

CBDオイルとは、産業用ヘンプに含まれる数多くの植物性カンナビノイドの一種であるCBDを、ベースオイルに希釈させて作られた製品です。精製プロセスにおいてできるだけ純粋で多くのCBDを抽出することを目的としており、同時にオイルにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)の量が最小限に抑えられるよう精製されます。その結果、CBDオイルには向精神作用がありません[6]

CBDオイルのメリットは、人間の身体の内因性カンナビノイド・システムが、ホメオスタシス(恒常性)を調整する働きをするという特徴に基づいています。人のカンナビノイド受容体には、構造的にCBD分子と類似したエンドカンナビノイドが備わっています。したがって、人体はCBDをカンナビノイドとして認識し次のようなシステムの調整を行います。

  • 睡眠を調節する
  • 気分を改善する
  • 食欲を改善する [6]

CBDの作用は、研究と実践によって証明されています。ですので、CBDが健康サプリメントとしてだけでなく、化粧品としても使用されているのも不思議ではありません。

CBDオイルの働きと安全性

植物性カンナビノイドCBDは1940年に発見されました。その後、作用と安全性に関して多くの研究データが蓄積されました。ここでは、いくつかのCBDの研究結果をご紹介します。

  1. 121人の患者が参加した研究では、CBDが片頭痛の頻度を減らす作用があることが報告されました。片頭痛発作の平均回数は1ヶ月あたり10.4回から4.6回に減少しました[8]
  2. 別の研究では、重度のてんかん患者214人を対象としました。被験者の年齢は1歳から30歳までで、その全員にCBDを経口投与しました。その結果、12週間のてんかん発作の減少率の平均値は36.5%でした[9]
  3. 2018年のレビューでは、CBDオイルと他のCBD製品の両方に抗炎症、鎮痛、神経保護、抗関節炎作用があることが示されました[10]
  4. 慢性疼痛や神経障害性疼痛、多発性硬化症に対するカンナビノイドの有益な作用が証明された研究が多数あります。合計で、2321人の患者を対象とした24の研究が行われました[11]

注意事項:
妊娠中の女性へのCBDオイルの作用と影響は、まだ十分に研究されていません。CBD製品の摂取を継続したい場合は、性行為の際に注意した方が良いでしょう。

投与方法

CBD OILは舌下に垂らして使用することが最適だとされています。舌下にオイルを垂らし15秒ほど待ちます。1回の投与量は1-2滴です。涼しく乾燥した冷暗所に保管してください。

注意事項:

何らかの理由でCBD OILの濃度が適していない場合は、ご自身で必要な濃度を調整することをメーカーは推奨しています。オリーブオイルまたはヘンプオイル(成分1)にCBDパウダー(成分2)を入れるなどして調整が可能です。

濃度 成分 1 成分 2
5% 10 mg 0.5 g
10% 10 mg 1 g
15% 10 mg 1.5 g

メーカー推奨は最低濃度から使用を開始し、必要に応じて徐々に増やしていく方法です。

自家製のCBD製品は工場で製造されたものと同様に使用でき、保管方法も同じです。

CBDを摂取する際の注意点・禁忌について

CBDオイルドロップ、ペースト、バームを服用した患者に起こる可能性のある最も一般的な身体への不調は以下の通りです。

  • 眠気
  • 食欲減退
  • 疲労
  • 下痢 [9]

CBDオイルのメリットは、摂取後に発生する可能性がある身体の不調が最小限に抑えられていることです。
カンナビノイドに対してアレルギー反応を持つ患者はこのサプリメントを使用してはいけません。
また、CBD OILは、妊娠中や授乳中の女性には推奨されていません。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています