ジェネリック医薬品

1. ジェネリック医薬品とは?

新薬とは別名で「先発医薬品」とも呼ばれており、主には先進国の大手製薬会社が莫大な開発費用と長い年月をかけて人々に新しい薬の効用をもたらすために開発されるお薬です。

ジェネリック医薬品とは、別名で「後発医薬品」とも呼ばれており、新薬の特許が満了した後に、新薬と同等の効果と安全性をもたらしながらより安価に薬を患者に提供するために開発販売される医薬品です。

ジェネリック医薬品は、既に公的機関により認可された新薬と同等の効果、剤形、安全性、強度、投与方法、品質、および性能を持つ医薬品ですが、新薬と比較すると平均して5割ほどの価格で販売されており、その価格幅はおよそ3割〜7割ほどとなっています。

ジェネリック医薬品の「ジェネリック」とは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「総称的な」という意味を持つ言葉です。

ジェネリック医薬品は厳しい臨床試験と検査によりその効用と安全性が確認された医薬品ですので、新薬と同等に安心して服用することができます。

chemist-1816371_1280
money-2724241_1280

各国のジェネリック医薬品は国家の認定機関により認可を受けてから初めて発売することが可能になります。日本で製造販売されているジェネリック医薬品は、日本の厚生労働省からの認可を受けて販売することが可能になります。アメリカでは世界的に有名なFDA(Food and Drug Administration/ 米国食品医薬品局)の認可を受けてから初めて販売することが可能になります。アメリカではジェネリック医薬品の普及率が特に高く、90%もの割合で市民たちはジェネリック医薬品を服用しています。アメリカでは日本のような国民医療保険の制度がないため、保険に加入していない人が大半になります。このような国の条件下で、ジェネリック医薬品は手に届く価格の医薬品として庶民の医療保険に多大に貢献しています。

アメリカのFDAジェネリック医薬品プログラムは、ジェネリック医薬品がこれらの要件を満たしているかどうかを厳密に審査します。加えて、FDAは製造工場を年間3,500回にわたって検査を実施し、製造業に関する良好な規制に関する規制を遵守しています。 FDAのスタッフはまた、医薬品原材料(API)から消費者に販売される製品まで、サプライチェーンのあらゆるレベルの医薬品が安全で効果的で高品質であることを確認するために、医薬品を継続的に監視します。ネガティブな患者の副作用やその他の反応が報告された場合、FDAは調査し、必要に応じて、新薬とジェネリック医薬品の両方の使用方法や製造方法の変更を要求する場合があります。ジェネリック医薬品はFDAの承認を得るために高い基準を満たさなければなりません。

日本の厚生労働省もアメリカのFDAと同様に厳しい検査と試験を行い、初めて国内での医薬品の販売を認可します。

2. どうしてジェネリック医薬品は安いの?

新薬は「先発医薬品」という別名でも呼ばれており、ある病気の症状を治療するために新しい化学構造式を持つ有効成分を含んだ新しい医薬品を作るために開発された医薬品です。新しい薬なので、開発にあたってはおよそ10〜15年ほどの長い年月と数百億円以上の膨大な費用がかかります。その効果と安全性を確かめるためには、数々の臨床実験と厳しい試験にクリアする必要があります。そのために、どうしても消費者が負担する必要がある価格が高額になってしまいます。

新薬はまた「ブランド医薬品」とも呼ばれています。新薬の名称をその新しい効用と共に有名にするために、製薬会社は新薬の宣伝のために多大な費用を投じます。患者側としても、新薬のブランドを信頼して好み服用する傾向があります。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれており、新薬の特許が満了した後に、あらかじめ確かめられた有効性と安全性を有する有効成分を含み、製造方法などの情報を新薬の製薬会社から提供してもらって製造するので、およそ3年という開発期間と低コストで製造することが可能になった医薬品です。

test-214186_1280

ジェネリック医薬品はブランド医薬品と同じ働きをもたらします。

ジェネリック医薬品は、投与量、安全性、有効性、強度、安定性、品質、ならびに使用されるべき方法において、ブランド医薬品と同様です。

ジェネリック医薬品の普及率は日本ではおよそ56%ほどとなっています。

それと比較して欧米ではアメリカが90%以上、イギリスは70%以上、ドイツは80%以上、フランスは60%以上とかなり高い普及率を見ることができます。

それぞれの国の医療制度は異なり、一部のヨーロッパの国では国家の医療費を削減するためにジェネリック医薬品には国民保険が適応されますが、新薬は自費で購入する必要があるなどの制度が普及されています。

3. ジェネリック医薬品と新薬の違いは何?

test-214186_1280

新薬は「先発医薬品」という別名でも呼ばれており、ある病気の症状を治療するために新しい化学構造式を持つ有効成分を含んだ新しい医薬品を作るために開発された医薬品です。新しい薬なので、開発にあたってはおよそ10〜15年ほどの長い年月と数百億円以上の膨大な費用がかかります。その効果と安全性を確かめるためには、数々の臨床実験と厳しい試験にクリアする必要があります。そのために、どうしても消費者が負担する必要がある価格が高額になってしまいます。

新薬はまた「ブランド医薬品」とも呼ばれています。新薬の名称をその新しい効用と共に有名にするために、製薬会社は新薬の宣伝のために多大な費用を投じます。患者側としても、新薬のブランドを信頼して好み服用する傾向があります。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれており、新薬の特許が満了した後に、あらかじめ確かめられた有効性と安全性を有する有効成分を含み、製造方法などの情報を新薬の製薬会社から提供してもらって製造するので、およそ3年という開発期間と低コストで製造することが可能になった医薬品です。

ジェネリック医薬品はブランド医薬品と同じ働きをもたらします。

ジェネリック医薬品は、投与量、安全性、有効性、強度、安定性、品質、ならびに使用されるべき方法において、ブランド医薬品と同様です。

ジェネリック医薬品の普及率は日本ではおよそ56%ほどとなっています。

それと比較して欧米ではアメリカが90%以上、イギリスは70%以上、ドイツは80%以上、フランスは60%以上とかなり高い普及率を見ることができます。

それぞれの国の医療制度は異なり、一部のヨーロッパの国では国家の医療費を削減するためにジェネリック医薬品には国民保険が適応されますが、新薬は自費で購入する必要があるなどの制度が普及されています。

4. インドのジェネリック医薬品はなぜ人気?

新薬の特許は現在およそ20~25年となっております。その間、新薬は開発にかかった膨大な費用を獲得することができるように独占販売されます。通常では特許の期間が満了した後に、各国の製薬会社はより低コストで開発販売することができるようにジェネリック医薬品を販売し始めます。

しかし、インドではこの医薬品の国際法に準じることなく、独自の特許法の元で医薬品を製造販売しています。インドは例外的に、欧米などの先進国が開発した新薬をいち早くジェネリック医薬品として開発販売しています。

このことは、先進国の製薬会社から問題視されていますが、現実ではインドで開発販売されているジェネリック医薬品は高品質で低価格のために、世界の発展途上国の医療を支えている重要な医療資源となっています。世界の発展途上国では紛争や貧困などの困難な社会状況の中、厳しい環境から怪我や伝染病なども発生しやすくなっています。戦場では傷ついた市民たちが医薬品を必要としています。このような人々に、高額な新薬では治療をすることができませんので、インドのジェネリック医薬品が活用されています。

taj-2574056_1280

国際的な人道組織で有名な国境なき医師団はインドのジェネリック医薬品を用いて救命活動を続けています。インドのジェネリック医薬品がなかったら、たくさんの救うことができる命を失うことになってしまう可能性があるのです。インドのジェネリック医薬品は、このような理由から、先進国の製薬会社から大目に見られています。

日本から見るとインドは発展途上国のように見えますが、世界的な視点でインドを見ると、インドは高度な技術を持っている分野を多く抱えている技術先進国でもあります。インドの医薬品は最新の技術と良好な衛生管理の元で製造されています。

ジェネリック医薬品の需要が高いアメリカでは、インドで製造されたジェネリック医薬品の需要が高いため、インドのたくさんの製薬会社はFDAから認可された医薬品を保有しています。

インドのジェネリック医薬品は高品質で安価なために、世界でも人気のあるジェネリック医薬品になります。日本の場合は、インドで製造されたジェネリック医薬品は、厚生労働省からの認可が下りていないケースが多く見られます。しかし、その需要の高さから近年では個人輸入代行業者を通して、個人的に輸入する動きが広がっています。日本の薬事法では、個人が服用する量のみを海外の業者から個人輸入することは合法となっています。

6. ジェネリック医薬品を利用した節約方法が大人気!

money-1302832_1280

日本では少し前までは、ジェネリック医薬品という言葉も一般の人々によく知られていませんでしたが、近年では国家が医療費削減のために推奨していることもあり、少しずつジェネリック医薬品を利用する人が増えてきました。

何かの病気にかかってしまい、1度きりで医薬品を服用する場合はあまり医療費を気にすることはないかもしれませんが、常飲する必要がある症状にかかってしまった場合には、ジェネリック医薬品を利用すると大きく経済的負担を減らすことができます。

ジェネリック医薬品はおよそ3〜7割ほど安く販売されています。新薬とジェネリック医薬品の負担費用を計算してみると、月額、年額ともに大きく節約できることがわかります。

常飲する必要がある薬があり、医薬品の経済的負担を少しでも軽減させたいという方はジェネリック医薬品を選択すると良いでしょう。

6. インドのジェネリック医薬品を利用して更に節約しよう!

インドのジェネリック医薬品は、上記に記述してあるとおり、最新の技術で製造されている安心して服用することができる医薬品です。

近年ではその人気が日本にも伝わり、個人輸入代行業者をとおしてジェネリック医薬品を購入する人々が増えてきました。

インドのジェネリック医薬品の人気の秘密は、その高品質な医薬品の質と、国内で販売されているジェネリック医薬品よりも更に低い価格、そして国内でまだ未発売のジェネリック医薬品も購入することができる点にあるでしょう。

病気の症状により、どうしても新薬を服用する必要がある場合があります。

このような状況で経済的理由により費用を抑えたい場合は、インドのジェネリック医薬品が販売されているかどうかを調べることができます。

新薬の有効成分名がわかれば医薬品の輸入代行業者のウェブサイトなどで調べると販売されているかどうかがわかります。

インドのジェネリック医薬品を利用すると、更に医薬品にかかる経済的負担を軽減させることができます。

しかし、この場合は自己責任になるので、何かのトラブルに巻き込まれたり、悪徳業者にひっかかってしまい偽物を服用して健康状態に問題が生じてしまっても日本の医療救済制度では助けてもらうことはできません。

このような事態が発生しないように、正規品を購入することができる信頼できる医薬品の輸入代行業者をよく見極めて購入しましょう。

ベストお薬では責任を持って安心して服用することができる正規品をお客様にお届けします。

7. まとめ

ジェネリック医薬品とは、各国の厳しい検査と試験をクリアして販売される新薬と同等の効果を持ちながらも安価で提供されている後発医薬品になります。日々の生活で必要な医薬品の経済的負担を軽減させるために、ジェネリック医薬品を選択することは賢明な節約方法です。

インドで開発販売されているジェネリック医薬品は更に低コストで購入することができる医薬品の代替オプションになります。

hand-1106934_1280