0 項目
0120-966-075

個人輸入とは?

 

1. 個人輸入とは?

 

医薬品の個人輸入とは、日本の厚生労働省が定めた薬事法で決められたルールを守りながら、個人が使用する目的で海外から医薬品を輸入することです。

個人が海外のインターネット上のサイトなどで個人的に医薬品を輸入することもできますが、外国語でのコミュニケーションを行う必要があったり、様々な手続きを自分で行う必要があるために、簡単には行えない状況です。

近年日本では、個人輸入代行業者を通して様々な手続きを代行してもらい、医薬品を個人輸入する方法が人気を呼んでいます

個人輸入代行業者は海外から個人輸入を行うための外国の業者とやりとりや、税関のめんどうな手続きなどを全て一括し代行して行います。

お客様は日本で通販を行うのと同様にオンライン・ショッピングを行う感覚で気軽に医薬品を海外から購入し、日本でお住いのご住所にて受け取ることができます。

医薬品を個人的に輸入できることを知らない方も多いのですが、日本では医薬品を処方箋なしに本人が使用する分の量を海外から個人輸入することは、薬事法で認められています。その場合は、薬事法が定める規定に従う必要があります。

 

日本の薬事法が定める個人輸入が認められている量は以下のとおりになります。

○ 処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内

○ 医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

○ 軟膏などの外皮用薬: 標準サイズで1品目24個以内

○ 点眼薬などの外用剤: 標準サイズで1品目24個以内

○ 体外用診断薬(排卵検査薬など)・・・・・2ヶ月分以内

 

1回の注文では、上記に記載した量と個数の範囲内で輸入を行う必要があります。

制定された量以上の薬を注文してしまうと、税関で没収されてしまうなどのトラブルが発生してしまいますので、必ず決められた量以下を注文するようにしてください。

 

 

2. どうして処方箋が要らないの?

 

処方箋が必要ない市販の薬は薬局やドラッグストアで手に入れることができますが、日本では医薬品を入手する際には必ず医師の処方が必要になります。病院やクリニックに行って診察をしてもらい、医師が症状と体格、体調、現在服用している他の薬などを考慮に入れて、処方する薬の種類と用量を薬剤師さんに処方箋をとおして伝えます。私たちは処方箋をもらってから医薬品をはじめて受け取ることができるようになります。

日本国内では、日本で処方されている医薬品を通販することは薬事法で違法となっています。

しかし、海外の業者から個人輸入をとおして医薬品を購入する際には処方箋なしで購入することは合法となっています。

その代わり、全ては個人の責任になります。日本で処方箋をもらって服用した医薬品を、患者が服用して症状が悪化したり、重い副作用がでるなどのトラブルが発生した場合には医師に責任を追及することができます。

個人輸入をとおして購入した医薬品を服用した際に、何かのトラブルが生じてしまったりしても、日本の医療制度の救済措置を受けることはできません。

薬局で売っている薬とは異なり、医薬品には有効成分が含まれており、それぞれの有効成分には症状と体格や体調に合わせて適切な用量と服用方法があります。全ての医薬品には副作用があり、併用禁忌薬と併用注意薬がそれぞれ存在します。併用する種類の医薬品によっては重篤な副作用を引き起こしてしまったり、最悪の場合では命に危険を及ぼすような作用をもたらしてしまうことがあります。医薬品は、医師の処方によりのみ販売が認められている、特に注意して服用する必要がある薬なのです。

海外から個人輸入代行業者を通して医薬品を購入する際には、個人輸入代行業者は海外からの購入の代行を行うだけですので、医薬品を服用して何かのトラブルが発生したとしても、責任を負うことはできません。医薬品の個人輸入は購入するお客様の自己責任により適切な用量と用法を守って安全に利用する必要があります。

以上のようなことから、個人輸入をとおして購入した医薬品でも、医師や薬剤師に相談してから服用することが推奨されています。その際には、現在の症状や服用している薬などを全て正直に伝えるようにしてください。

 

 

3. 個人輸入のメリットとデメリット

 

 

1) 個人輸入のメリット

 

個人輸入のメリットは、以下のような点が挙げられます。

・日本ではまだ入手することができない医薬品を海外から輸入して購入することができる

・病院に行く時間がなかったり、行くのが面倒な時に便利

・病院に行くことが恥ずかしかったりする症状への薬も、プライバシーを守って誰にも知られることなく購入することができる

・日本ではまだ承認が下りていない海外のジェネリック医薬品を安価に購入することができる

・医薬品の種類も、用法と用量もわかっている長期的に服用する必要がある医薬品をより安価に購入することができる

 

日本で個人輸入を通して購入する医薬品の中で特に人気の薬は、男性のED治療薬、育毛剤、女性の避妊ピル、抗うつ剤、性病への薬などになります。長期的に服用する必要がある花粉症の薬や美容薬品、睡眠促進薬も人気となっています。

特にED治療薬は、日本では保険の適応外にある医薬品のために、日本の医療機関による処方薬は割高に販売されています。個人輸入代行業者を通して海外で販売されているED治療薬のジェネリック医薬品を購入すると、大幅に経済的負担を軽減させることができます。

 

 

2) 個人輸入のデメリット

・信頼できる個人輸入代行業者をしっかりと調査して選ぶ必要がある

・医薬品の用法と用量、副作用などをしっかりと調べて個人の責任で服用する必要がある

・海外の医薬品は海外の人の体型に合わせて用量などが設定されている場合が多いために、用量を調整する必要があることがある

・新しい症状が発症した場合は、少なくとも1度は医師の診察を受けてから購入した方が良い

・個人輸入で購入した医薬品でも、医師と薬剤師に相談してから服用する方が安全

・信頼できない個人輸入代行業者にあたってしまうと、偽物が送られてきたり、商品が送られてこないこともある

 

医薬品の個人輸入を代行して行う業者の中には、偽物を送ってきたり、商品自体を送らないというような悪徳業者もあります。このようなトラブルが発生しないためにも、信頼できる個人輸入代行業者をしっかりとしたリサーチの元に選ぶ必要があります。

信頼できる個人輸入代行業者をとおして正規品を入手することができれば、次は医薬品の正しい服用方法、適切な用量と用法をしっかりとリサーチをして理解する必要があります。副作用の出方や、副作用を避けるための方法なども知った上で服用する必要があります。

最も推奨される方法は、個人輸入をとおして購入した薬でも、一度医師か薬剤師に相談して服用する方法です。初めて発症している症状があるとしたら、自己判断で診断を下すよりも、医師に一度診察を受けることが推奨されています。間違った症状を治療する医薬品を服用すると、症状が悪化するなどの症例も報告されています。

 

 

. 個人輸入を行う上での注意点

1)効果・効能、副作用をしっかりと確認をする

個人輸入においては、医師の診察も処方箋も不要です。

その代わり、全てが自己責任となるので医薬品の知識が十分にない場合には、服用前に医師や薬剤師に事前に相談して、身体への安全性を確かめてから購入すると良いでしょう。

食生活や体質、体格の異なる日本人が海外で開発・流通している薬を使った場合、本来意図されていない効果や副作用が発生する場合があります。

海外向けに販売されている医薬品ですので、外箱や説明書は主に英語で表記されてあります。説明書を読まずに服用をすることは危険です。

薬に対して正しい理解を得る前に服用することは避けてください。

当社は医療機関ではありませんので、医薬品に関する相談やアドバイス行なうことはできませんので、ご了承お願いします。

 

 

2)必ず本人の名前宛に、本人の住所に送付する

薬事法で認められている医薬品の輸入は「輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提」で認められています。

厚生労働省の「医薬品等の個人輸入について」では「輸入した医薬品等を、他の人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。他の人の分をまとめて輸入することも認められていません。」と記されてあります。

個人輸入代行業者を通して購入した医薬品は、本人が使用する目的に使用し、他の人にために注文してあげたり、譲渡しないようにしてください。

個人輸入代行を通して購入する医薬品は本人宛の、住所登録をしている住所宛に送る必要があります。

この項目で注意したい点は、男性が使用する医薬品を女性の名義で購入したり、女性が使用する医薬品を男性の名義で購入しないように注意する必要があるということです。例えば、男性が使用するバイアグラなどのED治療薬を女性の名義で購入すると税関でトラブルになってしまうことがあります。また、女性の避妊用ピルを男性が購入すると、転売などの商用目的があるのではないかと疑われていまいます。家族や恋人、親しい友人などのために薬を注文してあげるなどのことはよく行うことかもしれませんが、医薬品の海外個人輸入に関しては必ず使用する本人の個人名義で住所登録がされてある住所宛に送る必要があります

 

3)薬事法に基づく購入ルールを守って購入する

薬事法が定める医薬品の購入可能数量は、用量・用法に照らし合わせて、1ヶ月に1カ月分以内となっております。

また海外では合法とされているものでも、日本国内では違法とされている薬物は、輸入不可となりますのでご注意ください。

 

4)悪徳業者に注意する必要がある

海外からの個人輸入代行業者の中には、正規品ではなく粗悪品を扱っている業者もいます。購入前にしっかりとその販売業者について調べて安心できる業者を選ぶようにしましょう。

トラブルを避けるためにも、取扱商品、流通経路、決済方法やサポート体制などから信頼できる輸入代行業者を選ぶことがとても大切になります。

 

 

5. 未承認医薬品とは? 

 

1未承認医薬品とは?

医薬品を製造、輸入、販売するためには、製品の安全性や効果などについて国などの審査を受け承認される必要があります。製造、輸入、販売にもそれぞれに許可が必要になります。

消費される国で必要な承認や許可を受けていない医薬品を、その国の国内では未承認医薬品、または無承認無許可医薬品と呼びます。

 

2未承認医薬品は服用しても大丈夫?

それぞれの医薬品は、それぞれの国の公的機関により厳しい検査と試験をクリアしてから初めて承認を受けて国内で販売することが可能になります。アメリカですとFDA(Food and Drug Administration/ 米国食品医薬品局)となり、日本では厚生労働省が承認を与える機関になります。

医薬品の承認基準はそれぞれの国によって異なります。

承認はそれぞれの製造工場の特定の製品に付与されるため、仮に全く同じ成分と同じ製法で製造されたとしても、それぞれの国の承認機関の判断により承認されたり、されなかったりする可能性があります。

海外で承認されている医薬品でも、日本では承認されないことはよくあります。

その理由は、安全性だけではなく商業的な理由(既得医薬品の権利を守るため)にある場合もあります。

そのため、日本で承認を受けていなくても、海外では承認されていて一般に問題なく流通されている商品であれば、正しい服用方法を守っている限り安全に服用していただくことができます。

この場合には、医師の指示に基づく購入・服用ではないので、ご自身でしっかり調べてから、服用することが大切になります。

 

当店で取り扱う全ての医薬品は製造国で正規に承認されています。

また証明書もホームページ上で公開してあります。

 

3承認医薬品と未承認医薬品

日本国内の承認医薬品と未承認医薬品についてのより詳しい情報については以下のリンクにて参照することができます。

1:日本の医薬品の承認を行う厚生労働省ホームページ

2:日本国内の承認医薬品のほぼ全てを以下で検索できます。

・一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)

・独立行政法人医薬品医療機器総合機構(Pmda)

 

6. 薬事法とは?

薬事法は、昭和35年にできた法律で、その後改正を経て、現在のかたちになっています。

近年の改正の際には名称が改定されたため、現在の正式名称は、以下の通りです。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

この法律は改正後の名称が示すように、日本における医薬品や医療機器などの運用を定めるものです。

とても長い法律名なので、公式には「医薬品医療機器法」と略されますが、薬機法とも略されることもあります。

薬事法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具などの有効性と安全性を確保することを目的に制定されていて、海外の医薬品の個人輸入に関してもこの法律で許可されています。

医薬品は私たちの日常生活を豊かにし、健康を守るために非常に有効な役割を果たしていますが、副作用もありますし、使い方を間違えたり、過剰な利用によって身体に悪影響を与える危険性も持っています。

そのため、薬事法では、一定の基準を設け、承認や認可、確認を行っています。

例えば以下のような規制および禁止項目があります。

1)海外医薬品の個人輸入を許可していますが、健康に悪影響を与えたり、危険性の高い医薬品等、例えば覚せい剤などに関しては規制や禁止をしています。

2)購入者に正しい利用法と効果を知ってもらうように、宣伝の際には正しい利用方法や副作用を含めた注意事項を明記し、効果に対する過剰表現を禁止しています。

その他、海外医薬品の個人輸入の際には、上記の薬事法に関する知識や税関に関する知識が必要です。これらの情報は個人の責任で事前にしっかりと確認することが必須となりますが、これらの法律やルールに関して理解している信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことも個人輸入を行う際には、非常に重要です。

 

当店は日本の薬事法を遵守した運営を行っておりますので、安心してご利用していただけます。