スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

バイアグラの飲み方

バイアグラ100錠の包装

バイアグラは、勃起不全の症状のためのED治療薬として最も人気のあるお薬です。バイアグラを常用することで、精力の弱い男性でも、いつでも充実したセックスライフを楽しむことができます。このお薬の有効性はたくさんの臨床試験で確認されており、バイアグラの常用は、ほぼすべての患者に安全だとされています。バイアグラは、元々は狭心症のお薬として開発されたために、体に良い血管拡張効果をもたらします。24時間の服用間隔を守っていれば、バイアグラの毎日の使用は安全です。

バイアグラ錠を服用する際には、主治医の指示と推奨事項に従って服用するようにしてください。バイアグラの使い方、どのような用量がそれぞれの症状に最適なのか、1日の最大服用量、大量に服用した際のリスクは何か、作用機序は何か、併用禁忌薬は何なのかを詳しく説明してくれるでしょう。

バイアグラの誕生起源:「魔法」の錠剤はどのようにして誕生したのか?

バイアグラ錠の有効成分シルデナフィルは、本来は心筋の血液循環を改善し、心臓病を治療するためのお薬として開発されました。しかし、臨床試験中に科学者たちはシルデナフィル錠の異常な副作用を発見しました。心臓の血流への改善はそれほど効果を示さなかったものの、骨盤内の生殖器官への血流に影響を与える作用があることが判明しました。特にシルデナフィル はペニスの勃起機能に影響を与え、臨床試験に参加した男性の勃起を改善する作用があることがわかったのです。バイアグラの使用により、男性のセックスの勃起力と性的感度が向上しました。この副作用が科学者の目に留まり、全く別の角度からこの薬を開発研究されることになりました。

シルデナフィルを開発し、勃起不全を改善する画期的な治療効果を発表したファイザー社は、すべての承認手続きを経て、有効成分シルデナフィルを青い錠剤に含有しお薬の発売を開始しました。「バイアグラ」という薬品名は、「活力(パワー、エネルギー)」という言葉とナイアガラの滝の名前を組み合わせたものだからだそうです。

バイアグラ錠を日本で購入する方法

1998年、アメリカの食品医薬品局(FDA)はバイアグラの錠剤の販売および使用を承認しました[1] [2]。日本では1999年1月に厚生労働省から承認され、現在ではバイアグラは勃起不全の治療薬として医師におすすめされているお薬です。バイアグラに含まれている有効成分シルデナフィル を含むシルデナフィル錠もバイアグラのジェネリック医薬品として認可されています[3]

バイアグラの錠剤は、青色のコーティングされた菱形の剤形です。他の剤型タイプとして、2016年10月からバイアグラODフィルムが日本で承認され販売が開始されました[4]。 ODフィルムは携帯性に優れており、財布の中などに入れて携帯することができます。水なしでも使用することができる便利さから人気のお薬です。

現在、シルデナフィルを主成分とした バイアグラジェネリックも販売されています。しかし、オリジナルの新薬バイアグラ錠は今でも勃起不全の治療薬として最も認知され、信頼されているポピュラーなED治療薬です。

バイアグラ服用後の効果

男性が性的興奮を受けると、ペニスへの血流が増加し勃起が引き起こされます。勃起は性交に必要な時間だけ続き、性交後、骨盤内の血流の増加は減少し、勃起が収まります。このような正しい勃起のプロセス経て満足できる時間セックスを行うことは、全ての男性にとって望ましいことでしょう。

しかし、いくつかの病気、特定の医薬品の使用、不健康な生活習慣やその他の要因から、勃起不全になることがあります。ED(勃起不全)を患うと陰茎への血液循環が不十分になり、男性は勃起を達成することができないか、または中折れ、勃起力不足などの症状になります。

勃起の強さが疲労やストレスなどの影響を受けることもあります。 このような作用はどんな男性でも定期的に経験する条件ですが、これが非常に頻繁に繰り返されている場合や、毎日勃起を得ることができない場合は、ED(勃起不全)と診断されます。

バイアグラ はEDを患った人のために開発されたED治療薬で、その素晴らしい効果を毎日たくさんの男性が実感しています。1錠服用する方法だけで、いつでもセックスのための準備が整います 。

有効成分シルデナフィルを主成分にしたED治療薬の使用は、勃起不全の原因そのものを治療するためのお薬ではありません。性交を行うために必要な十分な時間、勃起をサポートするお薬です。

しかし、このことでお薬のメリットが損なわれるものではありません。バイアグラの錠剤を半分服用するだけでも、性交のために十分な時間、男性は優れた効果を感じて恋人を再び喜ばせることが可能なのですから。近年、40歳以上の男性の大多数がセックスする時間に勃起不全の症状を経験しており、快感を得ることができない状態でいるということが報告されています。

バイアグラの作用機序と体内からの排泄時間

化学式シルデナフィル

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)の阻害剤です。PDE5はペニスの海綿体や血管の血流に影響を与える酵素であり、勃起が収まる時に体内で生成される酵素です。この酵素を阻害するシルデナフィルを使用することで、陰茎への血流を増やすことができ、お薬の作用持続時間に質の高い安定した勃起を実現することができます。バイアグラの作用機序は、PDE5を阻害することから平滑筋や血管を弛緩させ、性器への血流を高めるだけでなく、勃起の状態を維持するサポートを行います。

バイアグラを飲むタイミングと、お薬の効果の持続時間を正確に推測するためには、有効成分シルデナフィル の代謝と体内からの排泄のプロセスを詳しく見てみる必要があります。バイアグラを服用して数分後、シルデナフィルは消化管の壁を通って吸収され、血流に入り始めます。この有効成分はバイオアベイラビリティが高いため、使用方法がシンプルで効果的です。つまり、シルデナフィルは全身に迅速かつ均一に分布し、血液を通して陰茎を含めたすべての組織や臓器に容易に到達します。

しかし、服用と同時に代謝のプロセスも始まります。PDE5への効果をもたらしながら、体内から徐々に排泄されます。シルデナフィルは体内の蛋白質と接触して代謝物となっても、シルデナフィルと同じ効果があります。これらの代謝物もまた、勃起を達成するために役立つので、バイアグラ錠の作用がさらに向上します。

服用してから一定の時間が経過すると、体内からお薬が排泄されるプロセスが始まります。最大の割合で約80%は腸から排泄され、残留物は尿と一緒に排除されます。したがって、3~5時間後には、血液に循環中のシルデナフィルの濃度は半分に減少します。

血中濃度が勃起を誘発したり維持したりするために十分ではなくなる薬物代謝の正確な時間を割り出すのは難しいとされています。医薬品の作用はそれぞれの体の特性と薬剤の服用量に依存するからです。

バイアグラを飲んでも効果がない場合

バイアグラなどのED治療薬の服用は、パートナーに性的な魅力を感じた場合にのみ服用することがおすすめです。バイアグラを服用することから、男性は通常セックスを成功させることに自信を持つことができます。しかし、お薬自体には精神的な治療効果はなく、服用しても精神作用はありません。バイアグラの効果を得るためには性交の開始前に性的刺激が必要です。これは非常に重要なポイントであり、このことを軽視すると、重要なデートの日にガッカリしてしまう可能性があります。パートナーを感動させるためにも、前戯は欠かさないにようにしましょう。

バイアグラを服用する前に知っておきたいこと:バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方

バイアグラは毎日服用することができるので、日常的にセックスで優れた感覚を得るために役立ちます。ED治療薬の重要なメリットは、バイアグラの作用は性交が正常に終わった後にも一定の時間継続し続けるということです。そのため、服用した有効成分シルデナフィルの成分が体内から排除されるまでお薬は作用し続け、投与後4時間~5時間の間は、2回目の性交を行うために十分な効果をもたらします。

オリジナルの新薬バイアグラの他に、バイアグラにはジェネリック医薬品が多数提供されています。バイアグラのジェネリックには、ゼリー状タイプ、チュアブル錠、舌下錠、発泡錠など様々な剤形があります。ジェネリック医薬品は後発医薬品ですので、より低価格で販売されておりますが、シルデナフィルの含有量により、同等の効果をもたらすことができます。ただし、バイアグラのジェネリックはそれぞれ有効成分の量や添加物などによって、お薬の作用の特徴が微妙に異なりますので、指定された服用方法・飲み方にしたがってから服用する必要があります。しかし、ジェネリック医薬品の作用機序は基本的に新薬のものと同等になります。

バイアグラもそのジェネリックも効かない場合は、他の有効成分を主成分にしたED治療薬を服用して効力を高めようとすることができます。シアリス(有効成分タダラフィル)またはレビトラ(有効成分バルデナフィル)などがあります。服用を始める前に、シアリス(Cialis)の飲み方とレビトラの飲み方についての説明をよく読んでから服用ください。

また、バイアグラはHIV感染症(エイズ)を含む性感染症から守ることはできません。

バイアグラ服用時の注意点

バイアグラは非常に効果が高く安全性の高いED治療薬ですが、バイアグラを服用する際には簡単なルールとおすすめの飲み方がいくつかあり、それを守って服用することで、その治療効果を十分に実感することができます。バイアグラの服用は責任を持って行うべきです。バイアグラの使用の際の主な注意事項は以下の通りです。

  • 定められた用量を厳守すること。バイアグラを大量に服用すると全く予想外の副作用が現れることがあるので、必要に応じて用量を調整しながら少量から服用を始めた方が良いでしょう。バイアグラを初めて服用の際には医師に必ず相談し説明を受けてから服用ください。日本で承認されているバイアグラの用量は25mgまたは50mgですので100mgを購入した際には、錠剤をピルカッターなどを利用して半分にカットして服用してください。
  • バイアグラ錠は男性用のお薬なので、パートナーに性的興奮を起こさせようと女性に服用させないでください。シルデナフィルは骨盤内臓器への血流を高めますが、女性の性的不感症の症状を解決することはできません。また、シルデナフィルの女性の体への影響についてはほとんど研究されていません。
  • バイアグラの使用が認められているのは、本当に勃起不全の症状を患っている場合のみで、予防のために服用したり、娯楽のために飲むべきではありません。このようなお薬の使用方法は、特に用量が守られていない場合は、安全ではありません。
  • アルコール飲料とお薬の併用は、少量なら許可されているものの、非常に慎重に行う必要があります。バイアグラとアルコールを併用する場合は、ビールやワインなどの軽いお酒を1杯分程度に抑えるように注意してください。

バイアグラを服用する前に、特に初めて服用する場合は、バイアグラの飲み方を医療機関に相談することをお勧めします。医師は、どの用量のお薬が患者それぞれの体質にとって安全かを説明してくれるでしょう。1日あたりの服用量はとても重要です。また、他の医薬品を処方されている場合は、他のお薬との併用は可能なのか、どのような用法・用量で使用すべきなのか、このED治療薬の常用が可能なのかどうかなども医師が教えてくれるでしょう。

心臓に疾患がある場合は、正しい診断を受け、バイアグラの使用が許容できるかどうかを明確にする必要があります。セックス最中は心臓の負荷が高まるので、お薬の服用量の選択には細心の注意が必要です。

また、バイアグラの使い方として、お薬の効果は薬理的なものだけでなく、心理的な要素からも左右されます。最初の服用後に錠剤の効果が感じられなくても、慌てないでください。有効成分の作用機序が徐々に効いてくることもありますので、お薬の有効性の正確な評価は、5〜6回の投与後に判断することができます。医師の許可を得る前に、自らの判断で投与量を増やしたり、飲み方を変更したり、同じ日に種類の異なるED治療薬を服用しないでください。男性ホルモンのテストステロン値が低いことから、シルデナフィルを服用しても効果があらわれないことがあります。テストステロンの値が低い男性は、バイアグラを服用することだけではEDの症状が改善されない場合があるのです。

バイアグラを飲み始める前に医師に伝えるべきこと

主治医は患者の健康状態により、必要に応じてバイアグラの服用を禁止することがあります。バイアグラを飲む前に、現在患っている全ての疾患を必ず医師に伝えてください。バイアグラの禁忌症は以下の通りです。

  • 心臓の疾患:狭心症、胸痛、心不全、不規則な心拍数、心臓発作、大動脈弁狭窄症など
  • 脳卒中の既往歴
  • 血圧が急激に低下したり、上昇したりする症状
  • 視覚、腎臓、肝臓、血液に重度の症状がある場合
  • シルデナフィルやバイアグラの錠剤の成分や添加物にアレルギーがある場合
  • 陰茎の奇形、ペロニー病、勃起が4時間以上持続する持続勃起症を患ったことがある場合
  • 出血性潰瘍やその他の内出血

他の病気の治療のために服用されている医薬品がある場合は医師に相談してください。

バイアグラの使用方法の説明書

バイアグラの錠剤はダイヤモンド形の青です

他のお薬と同じように、バイアグラ錠にも服用方法や使用上の注意などのすべての詳細が説明された説明書が同封されています。最も重要なのは、バイアグラの服用量と服用時間です。バイアグラの服用を始める前に、この文書をよくお読みください。また、以下の点に細心の注意を払ってください。

  • バイアグラ の錠剤が生殖器系を含む身体にどのような作用をもたらすのか
  • バイアグラ 1錠に含まれている成分の説明
  • バイアグラ使用のための適応症
  • バイアグラの使用後に発生するおそれがある副作用
  • 同じ日に他のお薬を併用しなければならない場合に考えられるバイアグラの体への影響
  • バイアグラの飲み方:服用のタイミング、服用するのに最適な時間、推奨使用頻度など
  • バイアグラの正しい飲み方・服用方法
  • バイアグラの使用が禁忌の場合や医師の厳重な管理のもとでしか服用できない場合
  • バイアグラが健康を害することなく、最大の効果を発揮する飲み方・用量
  • バイアグラの保存条件と使用期限

お薬の服用方法・用法

バイアグラの最も一般的な剤形は、青い菱形の錠剤タイプのお薬です。可溶性のコーティングの中には、有効成分であるシルデナフィルが指定されている分の用量で含まれています。お薬の投与方法はシンプルで簡単です。バイアグラの錠剤を服用するために水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

牛乳やグレープフルーツジュースはシルデナフィルの作用に悪影響をあたえますので、避けてください[5]
バイアグラのODフィルムについても飲み方は簡単です。フィルムを飲み込まずに舌の上に置いて溶けるのを待ってください。お薬の味が口の中に残っている場合は水を飲んでください。しかし、ほとんどの場合、飲用水は必要ありません。バイアグラODフィルムの服用の注意点として、パッケージを乾いた手で開ける必要があります。濡れた手で開封すると、成分が手に付着してしまうことがあるからです。

錠剤のコーティングが服用前に剥がれてしまうと有効成分の吸収率に影響を与える可能性があるため、服用前に錠剤を粉砕したり噛んだりしないでください。

お薬の服用量

バイアグラ錠は正しい飲み方に従って服用すると安全なお薬ですが、全ての医薬品は医師の指示の下で服用する必要があります。医師がおすすめしてくれた治療方法を無視してバイアグラやバイアグラのジェネリックを服用することは、時に危険な副作用が発生するおそれがありますので、避けてください。

1日に大量のシルデナフィルを飲みすぎた場合、体にどのような影響があるのでしょうか?これから詳しく見ていくことにします。

バイアグラ錠の服用量

バイアグラのパッケージによって、1錠あたりのバイアグラに有効成分シルデナフィルが25mg、50 mg、100 mgの用量でそれぞれ含まれています。バイアグラODのフィルムタイプには50 mgのシルデナフィル が含まれています。日本の厚生労働省は、ED治療薬としてバイアグラを25mgと50mgの服用量で正式に承認しています。

治療の初期段階では、1日に推奨される最低用量は通常25mgです。この用量は性機能に多少の障害がある場合に最も適しています。バイアグラ錠50mgを購入した場合は、ピルカッターなどを利用して半分にカットしてから服用することができます。心血管系の重篤な疾患を患っていなければ、この用量は安全だとされています。

以下のような疾患を患っている男性は、医師に予防措置として、より多くの用量の服用を禁止されることがあります。

  • 重度の腎臓や肝臓の疾患を患っている男性は、バイアグラの用量は通常、1日に服用可能な最小用量になります。効果があらわれない場合は、服用量を見直すことがありますので、医師にご相談ください。
  • 男性がHIV感染症の治療のためにプロテアーゼ阻害剤を服用している場合、25mgの用量を48時間の服用間隔で医師が処方することがあります。
  • 前立腺疾患や高血圧の治療方法の一つとしてα遮断薬を服用している場合
  • 65歳以上の男性がバイアグラを飲んでいる場合
  • CYP3A4阻害剤を服用している場合

中程度の勃起不全には50mgの用量の錠剤が非常に有効です。この用量の有効成分を配合した錠剤が、日本の多くの男性にとって最も効果的だとされています。

最大服用量

シルデナフィル100mgの用量は、中程度から高度の重症度の勃起不全を治療するために海外で処方されている用量です。日本の1日分の最大服用量は50mgですので、医師の許可なしで100mgを服用することは推奨できません。1日最大100mgの用量で錠剤を使用すると、患者の50%に副作用が生じるとされています[6]。 複雑なEDの治療中には、2日に1回100mgの錠剤が処方されることもあります – これにより、必要な量のシルデナフィルを徐々に安全に患者の血液中に入れることができます。

バイアグラは、現在の服用量では十分な効果が得られないと感じた場合にのみ、例外的により多い用量を飲むことができます。しかし、同じ日に大量に服用することは、時には危険な副作用が発生することもあるので注意が必要です。

インドで発売されているバイアグラのジェネリック医薬品には、最大150mgのシルデナフィルが含まれている錠剤も提供されています。

服用量を増やす場合には、必ず医師に相談するようにしてください。

バイアグラを飲みすぎるとどうなるか

バイアグラの過剰摂取は非常に危険であり、患者の体に予測できない影響を及ぼす可能性があります。何らかの理由からバイアグラの推奨用量を超えて服用してしまい、気分が悪くなった場合は、すぐに医師の助けを求めてください。バイアグラを過剰摂取すると通常、以下のような強い副作用が発生します。

  • 火照り
  • 青や緑などの特定の色を識別する視覚能力の低下
  • 光やその他の視覚障害に対する目の感度の増加、完全または部分的な視覚損失
  • めまいや吐き気を伴う血圧の急激な低下
  • 嘔吐
  • 失神
  • 痛みを伴う勃起持続症(4時間以上)
  • 急激な聴力の低下または喪失、およびその他の副作用 [7]

そして、これらの副作用は通常、お薬の効果が消えると共にその日のうちに解消されますが、医師に相談するようにしてください。

医者によって説明されたバイアグラの用量を服用し、観察することを強くお勧めします。過剰摂取した場合は、病院での治療が必要になることもあるからです。

バイアグラを2錠連続で飲むことは可能ですか?

1錠のバイアグラには有効成分がそれぞれ異なる用量で含まれています。用量によって、バイアグラの体への作用が異なってあらわれます。100mgの用量で2錠を服用することは許されていません。医師がシルデナフィル50 mgの用量を処方した場合、50mgを1錠分飲む代わりにバイアグラ25 mgを2錠服用することができます。この場合の投与量は合計で50mgですので安全であり、服用したその日に望ましい作用をもたらします。シルデナフィル100mgを処方された場合も同様です。日本では承認されている用量が25mgと50mgですので、100mgが処方されることは稀ですが、医師に許可された場合は服用することができます。この場合は、50mgの2錠を、または25mgの4錠を服用することができます。

錠剤を何錠服用するかは、1錠に何mgのシルデナフィル が含まれているかの用量を確かめ、服用する錠剤数で合計の服用量を割り出して決めてください。合計の服用量が、医師に指示された1日の最大服用量を超えないようにご注意ください。日本では、通常シルデナフィル の1日の最大服用量は50mgです。

バイアグラ錠剤を半分にカットして服用する

服用量を変更するためには、1錠を飲む方法だけでなく、ピルカッターなどを使用してバイアグラの錠剤を半分にカットして、半分の量を服用することも可能です。バイアグラを初めて処方された時に、医師に25mgの用量を飲むように指示されていて、50mgの用量の有効成分が配合された錠剤を持っている場合は、半分にカットして服用できます。表面のコーティングが割れた錠剤は、2ヶ月間は乾燥した冷暗所に保管していれば使用可能です。この際に、一般的な消費期限は適用されませんのでご注意ください。

バイアグラを服用するタイミング・最適な時間

説明書に記載されているバイアグラの使用方法を正しく守っていれば、ほとんどの場合、成功した性交のために十分な勃起力サポートを得ることができます。しかし、身体へのお薬の効果は、他のいくつかの要因にも作用が影響します。最も重要なのはバイアグラ を飲むタイミングです

使用説明書には、バイアグラを服用する最適な時間は、性交の1時間前という一般的な方法が記載されています。服用量が正しく選択されている場合、お薬は約30〜40分後に作用を開始します。食事とのタイミングは、食前に飲むか、食後2~3時間後の服用が良いでしょう。油分の多いカロリーの高い食事は有効成分の吸収を阻害するために避けてください。

なぜバイアグラを服用する最適な時間は性交の1時間前なのでしょうか?

有効成分シルデナフィルが胃や腸の壁で吸収され、EDを治療する作用を発揮するために必要な最短時間は30分です。そのために必要となる有効成分の最高血中濃度到達時間は120分(2時間)です。このことを知っていれば、お薬の作用を正確にコントロールし、最大の有効性を発揮させるタイミングを測ることができます。

しかし、バイアグラを服用してから2時間しても作用があらわれなかった場合が6回以上続く場合は、主治医に相談し、用量を変更したり、勃起不全の治療のためのお薬を変更したりすることが必要です。例えばバイアグラのジェネリック医薬品や、レビトラ、シアリスなどを試すことができます。

錠剤を1錠服用して効果があらわれなかった場合は、もう1錠服用しないでください。バイアグラは1日の最大服用量を超えて服用すると危険です。ほとんどの場合、良い効果をもたらしません。錠剤の有効成分が血中に吸収され、性的刺激を受けて勃起を得るために必要な平均時間は1時間ほどです。多くの男性が、指示された時間内に最も良好な効果を感じていることが報告されています。

バイアグラはセックスの1時間前よりも少し早く服用することができます。錠剤を服用して30分よりも早く勃起が起きた場合は、ED治療薬の効果からではなく自然に勃起が現れている可能性が高いです。この場合、ED治療薬を使用する必要がない可能性があります。サプリメントや、他の方法を試すことも考えられます。

バイアグラを服用する前に、錠剤の消費期限を確かめて服用するようにしてください。

バイアグラの服用頻度・1日分の服用量は?

ほとんどの成人男性に推奨されるバイアグラの1回分の投与量は50mgです。効果と患者の体への作用のあらわれ方に応じて、お薬の使用量を100 mg(海外のみ)に増やすか、25 mgに減らすことができます。1回分の用量を変更する場合は、必ず医師に相談してください。シルデナフィルの最大服用量は、日本では1日あたり50mgであり、海外では100mgです。医師の指示がない場合はこの用量を超えてはいけません。医師は、それぞれ個人の体質と健康状態、症状に応じて、最適な用量のバイアグラを処方します。

バイアグラの陰茎への作用は平均4~5時間持続します。服用するシルデナフィルの1日分の用量は、25 mg, 50 mg, 100mg(海外のみ)であり、用量が多いと作用持続時間も少しずつ長くなります。ただし、患者それそれの症状と体質によって、効果を達成するために必要な有効成分の用量は異なります。勃起不全の重症度や既存の病気など、身体の特性によっても変化します。したがって、バイアグラの最初の服用の前に、医師に相談し、25mgの最小投与量から始めるのが一般的でしょう。

例外なくすべての患者に適用される、一般的な法則があります。バイアグラは1日1回分以上使用することはできません。バイアグラを服用する時間に注意して、指定された服用間隔である24時間を短縮しないようにしてください。 使用頻度が多すぎたり、バイアグラを連続で使用したりすることで副作用が発生する可能性があります。

バイアグラを毎日服用することは可能ですが、1日1錠、50mgの用量までを厳守し、禁忌事項や有効期限を守って使用することが大切です。

食事とバイアグラの服用方法

食事とバイアグラの服用方法

バイアグラを服用して食事をする場合は、いつお薬を服用すれば良いのでしょうか。最適な時間は、セックスの1時間前、できれば食事の前です。バイアグラは空腹時に使用した方が、作用が良好にあらわれ、即効性があります。しかし、食事を抜く必要はありません。食べ物と一緒に服用する方法も認められています。

バイアグラを食前に飲んだ方が良い理由

性交を成功させるためにバイアグラを服用する際には、飲み方で、食事のタイミングをうまく調節する必要があります。食事のタイミングによって、胃の中で吸収される速度が異なり、循環器系に吸収される有効成分の量も変化します。陰茎へのお薬の作用はこれに依存します。

バイアグラを服用する前に30%以上の大量の脂肪を含んだカロリーの多すぎる食事を行った場合、脂肪が胃で油膜を形成し、シルデナフィルの吸収を妨げます。したがって、食事をする場合は、バイアグラ錠剤の服用方法として、食事の30〜40分前に服用するという簡単な方法を覚えておいてください。

食後にバイアグラを服用する方法

様々な臨床試験の結果から、バイアグラを服用するタイミングで、効果のあらわれる時間が変化することが示されています[8]。 バイアグラの服用は空腹時だけでなく、制限はあるものの、食後にも服用可能です。この場合に最も重要なのは、食事の時間ではなく、服用量と食事のタイミングの組み合わせです。この方法をもう少し詳しく説明しましょう。

シルデナフィルの性質により、バイアグラの有効成分が十分な量血流に入った場合にのみ、性交に十分な勃起力サポートの作用を提供することができます。したがって、胃における有効成分の吸収が悪いほど、男性の身体へのお薬の効果が弱くなります。

カロリーの多い食事をしてしまった場合は、食べ物が消化するために少なくても30〜40分、できれば2〜3時間後にバイアグラを服用してください。食後に少しでも時間を置いて服用する方法を選択することで、バイアグラ錠の治療効果を弱めないことができます。脂肪分の多い食べ物を食べすぎると、数時間はお薬の作用を遅らせてしまい、薬の効き目を弱めてしまうか、あるいは無効にしてしまう可能性があることを覚えておいてください。

また、バイアグラと一緒に水に飲むと、空腹感をわずかに和らげてくれます。実際、満腹状態では、もともとベストなセックスパフォーマンスを行うことができません。水やジュースを飲むと、空腹感に和らげるために役立ちますし、バイアグラ服用前でも服用後でもいつでも飲むことができます。その際、グレープフルーツジュースはシルデナフィル の作用に悪影響を与えますので、避けるようにしてください。

各種ドリンクとバイアグラの飲み合わせ・用法

デートの時に、飲用水ではないコーヒーや紅茶、ジュース、アルコールなどの他の飲み物を飲むことになるケースも多いでしょう。バイアグラはそれらとどのように相互作用するのでしょうか。一緒に飲む飲み物によって、有効性を下げることもあるのでしょうか?

お茶やコーヒー、エネルギードリンクとバイアグラの飲み合わせ

バイアグラとお茶やコーヒーの組み合わせは、飲み物に強壮作用のあるカフェインが多く含まれているため、心血管疾患を患っている人には安全ではない可能性があります。心血管疾患の患者は、バイアグラを服用する前に、医師に必ず相談するようにしてください。場合によっては使用が不可能な場合もあります。また、バイアグラをエネルギードリンクと一緒に服用する際にも注意が必要です。エネルギードリンクの中にはカフェインを多量に含んでいる商品もあります。

ジュースとバイアグラの併用について

果物や野菜のジュースは、バイアグラの作用に影響を与えることはないので、飲みたい量を一緒に飲むことができます。例外はグレープフルーツジュース(果物のグレープフルーツを含む)で、少量でも有効成分の血中濃度を上昇させることでお薬の投与量に影響を与えます。また、グレープフルーツジュースはシルデナフィルの体内からの代謝を部分的に阻害するため、時間が経つと過剰摂取になる可能性があります。バイアグラを服用の際にはグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけません[9]

バイアグラ錠とアルコールの飲み合わせ

バイアグラとアルコールの使用は少量に抑える場合、可能です。ワインやビール、シャンパンなどの軽度のアルコール飲料を1〜2杯程度に抑えて飲むのは安全です。適量を服用すれば、リラックスさせ緊張をほぐすために役立ちます[10]。しかし、大量のアルコール分、特に日本酒、ウイスキー、ブランデーなどなどの強いアルコールの使用は、バイアグラの有効性を低下させたり、副作用を引き起こしたりするので、避けてください。酔いすぎると、副作用が強くあらわれ、性交を不可能にする可能性があります[11]。その上、セックスの前に大量のアルコールを飲むことは、パートナーを喜ばせる行為ではないでしょう。

牛乳と一緒に服用するとバイアグラ 錠の有効性がなくなるのはなぜ?

バイアグラを牛乳と一緒に使用することで、バイアグラの作用が予想よりも少し遅れて始まることがあります。牛乳には多量の脂肪が含まれていることが多く、胃の壁による有効成分の吸収を妨げることになるので望ましくありません。

バイアグラを使用する際の禁忌症と併用禁忌薬

他の医薬品と同様に、バイアグラにもいくつかの使用禁忌があり、服用する前に知っておく必要があることがあります。

まずはじめの禁忌症は、シルデナフィルやバイアグラに含まれている成分にアレルギー反応がある場合です。成分に過敏症がある場合は、適切な用量であっても、不快な作用を防ぐことはできません。

バイアグラ錠と他の薬との併用において、特に避ける必要があるお薬は硝酸塩を含む医薬品です。硝酸薬とED治療薬を使用すると、血圧が急激に低下し、命に危険をもたらす値にまで低下してしまう副作用が発生することがあります。患者はめまいや全身の脱力感を感じ、脳卒中や心臓発作を起こすこともあります。硝酸塩は、心臓の痛みをともなう狭心症の治療に使用されている処方薬の一つです。硝酸薬のリストには次のようなお薬が含まれています。

・ニトログリセリン

・スプレー剤、内服用の錠剤、貼付剤、シリンジ、注射薬など

・硝酸イソソルビド(一硝酸イソソルビド、二硝酸イソソルビド)

・経口摂取用の錠剤、スプレー剤、貼付剤、シリンジ、注射薬など

・脱法ドラッグ

特定の量の硝酸塩は、多くの場合、脱法ドラッグにも含まれています。健康へ脅威をもたらすこれらの錠剤がどれだけの硝酸塩を含み、どのような効果をもたらすかは知られていません。したがって、違法ドラッグをバイアグラと併用する場合は、必ず医師または薬剤師に確認してください。

その他、バイアグラ服用の禁忌は以下の通りです。

・重篤な肝臓や心臓の疾患

・過去6ヶ月以内の脳卒中や心臓発作

・高血圧(170/100以上)または低血圧(90/50未満)の方

・稀な遺伝性の眼疾患(網膜色素変性症など)

・視神経の前部虚血性神経障害の発症による一時的な視力の喪失、または部分的な視力低下の既往歴

・勃起不全の治療のために他の薬剤を服用している場合(内服用の錠剤、外用薬を含む)

また、勃起不全の症状は患っていないものの、単に性的能力の不安感がある場合も、バイアグラ錠を服用しないようにしてください。

バイアグラを飲んでも良い年齢とは?

最低年齢

質の高い安定した勃起力をサポートしてくれるバイアグラは、18歳未満の十代の男性が服用すべきありません。大多数のケースでは、若者は勃起力に問題がないものの、早漏の傾向があることから、性交の時間を延ばすために、あるいはセックスから新しい感覚を得たいという欲求を満たすためにバイアグラ錠を服用することがあります。このような目的のためにバイアグラを服用すると、危険な副作用が発生するおそれがありますので、避けるようにしてください。特に医師に指示されている服用量を守らない場合には、望ましくない結果を引き起こす可能性があります。

勃起不全を罹患していない18歳未満の方がバイアグラを1錠服用した場合、4時間以上痛みを伴う勃起が持続する勃起持続症が発生するおそれがあります。この症状は一度引き起こされると、ペニスに損傷を与える他、健康上の問題を引き起こす可能性があります。また、思春期の男性はバイアグラをアルコールと一緒に服用することが多く、飲酒の量が管理されていないと、さらなる危険性をもたらします。

最高年齢

患者の最高年齢に関しては、一般的な健康状態が良好で上記の禁忌症を患っていない場合のみバイアグラを服用することができます。

一般的に、禁忌がない場合、75〜80歳の方に対しては、バイアグラの日常的な使用は禁止されていません。このグループの患者の服用量は25mgまたは50mgから始まり、必要に応じて100mgまで(海外のみ)徐々に増やしていきます。この年齢層の10,000人以上の患者を対象に行われた研究では、治療の効果が59%みられたと示されています[12]

バイアグラの使用期限

バイアグラ錠に限らず、メーカーが表示している使用期限を過ぎたお薬は、健康に害を与えたりして、体に望ましい作用が得られなくなってしまいます。オリジナルの新薬バイアグラの使用期限は5年です。しかし、バイアグラODフィルムの剤型は、消費期限がより短く、3年になります。

バイアグラのジェネリック医薬品は、使用期限や服用量、用法が異なる場合があります。したがって、新しいお薬に切り替える前に、カマグラ や他のジェネリック医薬品の飲み方や特徴を必ずお読みください。

お薬の保存期限は、通常、子供の手の届かない乾燥した場所で20~25度を超えない温度で保管するのが基本となります。お薬の有効性はその保管条件に大きく左右され、守られていない場合は大幅に短縮されることがあります。錠剤が保存されている包装が損なわれると、60日後には残りのお薬が使用できなくなります[13]

まとめ

バイアグラ錠は、勃起不全に悩む男性がパートナーとの性交による素晴らしい感覚を体験できるようにサポートするED治療薬です。しかし、バイアグラは他のお薬と同様に、患者が用法・用量をよく守って服用する必要があります。

バイアグラを服用する前に、バイアグラの各パッケージに添付されている説明書をよく読むようにしましょう。各錠剤に含まれている有効成分の用量、お薬を服用する方法、お薬と一緒に飲んでも良い飲み物、副作用などを知ることができます。

特に持病を抱えている場合には、バイアグラ錠を服用する前に医師と必ず相談するようにしてください。医師は服用量を調整するなどして、再びセックスを楽しむことができるようにサポートしてくれるでしょう。これらの簡単な方法を忘れずに、 バイアグラを飲んだ場合、  1錠服用するだけで素晴らしい効果を感じることができます。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています