目次

バイアグラは、シルデナフィルという有効成分を含む、世界で初めて開発されたED治療薬です。世界最大級の製薬会社であるファイザー社が製造販売しています。有効成分シルデナフィルが勃起不全の症状に効果的であるという発見は偶然の出来事でした。シルデナフィルはもともと高血圧と狭心症の治療のためにアメリカのファイザー社によって開発された治療薬です。 心臓の臨床試験により、研究者は薬剤が狭心症を治療するよりも勃起を誘発することにおいてより効果的であることを発見しました。その後バイアグラの安全性と有効性を確かめる多くの臨床試験が行われ、1998年にFDA(米国食品医薬品局)は、ED(勃起不全)の最初の経口治療薬であるバイアグラを承認し、発売されるようになりました。現在バイアグラは、46か国で製造されており、ファイザー社は世界100カ国以上で事業を展開しています。

日本でバイアグラを購入する際の規定

日本で市販されているバイアグラは、ファイザー日本法人のファイザー株式会社が製造販売しています。現在、厚生労働省の認可を受けているバイアグラ錠は、25 mgおよび50 mgです。海外ではバイアグラ錠100 mgが合法的に店頭で販売されていますが、日本国内で買うことはできません。バイアグラを個人輸入することによって、お好みの用量のお薬をお求めいただけます。当店では、実績と信頼のある海外の薬店とのみ取引を行い、バイアグラの正規品100%の販売を保証しています。

個人輸入代行サービスのサイトを利用するメリットはプライバシー保護が徹底されている点にあります。EDにお悩みの方がバイアグラを誰にも知られずに買いたいとお考えであれば、簡単に利用できる方法です。バイアグラをご購入された場合、箱や伝票には医薬品の名前は一切記載せずに、配送いたしますので安心してご利用いただけます。

バイアグラはどこで買えるの?

バイアグラを処方箋なしで購入するためには、いくつかの方法があります。

  1. 海外のネットショップで購入する。
  2. 海外に行って直接購入する。
  3. 個人輸入代行サービスを利用して購入する。

海外に行かずにバイアグラを買うためには、オンライン上で実績のある、安全な商品を販売しているネットショップにアクセスして購入すると良いでしょう。

処方箋と保険の適用について

日本でお望みの用量のバイアグラを買う場合は、医師による処方箋が必要です。

個人輸入代行サービスのサイトでは、処方箋なしでviagraを購入することが可能です。日本では、個人が服用する分のバイアグラなどの医薬品を個人輸入することは法律で認められています。病院に行く際の診察費用や時間も節約でき、プライバシーも守りながら低価格でご購入いただけます。

日本の医薬品の保険適用は厚生労働省によって承認された場合のみが対象となります。 日本では現在ED(勃起不全)を治療するためのお薬は、自由診療となっているため検査及び治療薬に関しての保険適用を受けることはできません。そのため、EDを治療するバイアグラのお薬代は全て自己負担になります。保険のきかないED治療薬の値段は高く設定されて販売されているのです。

病院で処方された正規品のお薬を購入された場合、適正に使用したにもかかわらず健康上の問題を引き起こした場合は、医薬品副作用被害救済制度があり副作用や健康被害について救済を受けられる可能性があります[1]。 しかし、個人輸入を通じて購入されたバイアグラなどの医薬品は、合併症や副作用が生じても、保険や医薬品の救済制度は適用されません。このような事態を避けるためにも、偽造バイアグラを買うことは避ける必要があります。最初に個人輸入代行サービスのご利用を開始する前に、信用できるサイトかどうかを見極め、お買い求めになることが非常に大切です。

バイアグラの値段:最も安い費用で購入する方法とは?

バイアグラの買い方を思案されている男性は、正規品のバイアグラを最もお求め安い価格で購入することを望まれていると思います。バイアグラの市場価格の相場は、メーカーの販売価格と販売者の取引手数料が含まれた値段設定になっています。そのため、個人輸入代行サービスを通じてバイアグラを購入する方が安くなります。その理由には、以下のような点が含まれます。

  • 病院やクリニックでの診察料を支払う必要がありません。
  • 処方料を支払う必要がありません。
  • オンライン薬局は実店舗がない分、コストを低く抑えることができます。
  • 個人輸入したお薬の価格は日本での購入した同じお薬よりも、はるかに安いお値段で提供されています。

バイアグラを低価格で購入するためには、錠剤数が多いパッケージを買うと同じ商品でも1錠あたりのお値段が安くなります。 以下の表は、パッケージ内の用量と数量別に、バイアグラの1錠あたりの市販価格の比較がまとめられています。 バイアグラの規格は25 mg、50 mg、100 mg の3種類です。24錠のバイアグラの費用は最も高くなりますが、1錠あたりの価格は8錠入りの商品に比べて安くなります。

用量 数量 値段 1錠あたり
50 mg 8 ¥ 10.800 1350 円
50 mg 16 ¥ 20.450 1278 円
50 mg 24 ¥ 29.160 1215 円
100mg 8 ¥ 11.200 1400 円
100mg 16 ¥ 21.600 1350 円
100mg 24 ¥ 31.560 1315 円

バイアグラを最安値で購入するには、錠剤数が多いパッケージを購入すると、同じ商品でも1錠あたりの価格が安くなります。  24錠のバイアグラ100mgが値段では最も高くなりますが、用量あたりの価格を計算すると、1錠あたりに含まれているシルデナフィル の価格は他の用量の錠剤に比べて最も安くなります。日本では25mgと50mgが正規で承認されている用量ですので、バイアグラ 100mgの錠剤をピルカッターなどを利用して、半分、または4分の1に切って服用すると、より節約することができ、格安でバイアグラを服用することができます。

バイアグラジェネリック

ファイザー社が発売したバイアグラの特許が2012年に世界のほぼすべての国で満了したため、後発薬のメーカーは有効成分シルデナフィル(ジェネリック)の製造および販売を開始しました。ジェネリック医薬品は、ファイザー社のバイアグラ錠と同じ成分を使用しているため、新薬と同等の効果が得ることができます。ジェネリック医薬品は、新薬ですでに効果と安全性が確かめられた成分を含んだお薬ですので、臨床試験などをする必要がなく開発費用を抑えることができます。そのため、ジェネリック医薬品は新薬より低価格で提供されています。

ED治療薬が必要で、バイアグラを買う経済的余裕がない男性の方は、同じ有効成分を含有する低価格のバイアグラジェネリックを個人輸入代行サービスの通販を利用して購入することができます。バイアグラジェネリックには、ゼリー、チュアブル、錠剤タイプなど、さまざまな剤型タイプと投薬量(25 mg、50 mg、100 mg)が提供されています。好みのお薬の用量、価格などを見て、カマグラセンフォースフィルデナなどのバイアグラ ジェネリックをご購入いただけます。

用量 数量 値段
カマグラゴールド(KamagraGold) センフォース(Cenforce) フィルデナ(Fildena)
100 mg 30 ¥ 11.400 ¥ 12.000 ¥ 13.200
50 mg 30 ¥ 9.600
25 mg 30 ¥ 11.250

上記の表を比較すると、ジェネリック医薬品は新薬バイアグラと比べると激安なことがわかります。ED治療薬の正規ジェネリックを購入すれば、新薬であるviagraと同等の効果を得ることができながら、低価格なためかなりの節約をすることができます。

バイアグラの正規品

2016年に、日本国内でED治療薬を製造、販売しているファイザー製薬株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社の4社が共同でバイアグラの偽造医薬品の輸入量と販売量の調査を実施しました。その結果、個人輸入代行サイトで市販されているED治療薬の約40%が偽造品であることが判明しました[2]

偽造品は正規品の錠剤とそっくりに作られていますが、異なる成分や、不純物が含まれている可能性があるため健康上の問題が生じる可能性が高いことが懸念されています。ネットで販売されているバイアグラを購入した際には、正規品のバイアグラと見分けるポイントをチェックすると良いでしょう。

製造国に関係なく、すべての錠剤には共通の特徴があります[3]

  • 薄いブルーの錠剤
  • 丸みを帯びたひし形
  • 片面には「Pfizer」の刻印があり、もう片面にはバイアグラ のの名前と成分量の刻印が入っています。:VGR25、VGR 50、VGR 100など

バイアグラ錠を開封した際、正規品と偽造品は錠剤の形状は極めて類似していますが、微妙な色の違い、刻印がなかったり、フォントが異なったりするなど、よく見たら違いが分かる場合があります。刻印の欠如したいたり、色が違っていたりする場合は、偽物である可能性が高いと思われます。不衛生な環境で製造され品質管理が悪かったり、表示とは異なる成分が使用されていたりなどの可能性も考えられますので、偽造医薬品の服用は避ける必要があります[4]

バイアグラの使用期限との保管方法

バイアグラの使用期限は箱やPTPシートに記載されています。万が一、使用期限が切れたお薬が届いた場合は、速やかに販売元に交換をお願いするようにしてください。経時的変化により薬効が減少する恐れがあるため、このようなバイアグラを服用することは安全ではなく健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

バイアグラを安全に服用するには、お薬の保管方法も大切です。 品質保証期限は、バイアグラが未開封の状態で適切な環境で保管されていれば、箱に記載された使用期限になります。 バイアグラの正規品をシートから取り出し、錠剤の容器に移した場合は、直射日光や水に触れない限り、薬剤の品質保証期限は1年程度に短縮されます。

参考文献

  1. https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html
  2. 偽造 ED 治療薬 4 社合同調査結果
  3. https://www.pfizer.co.jp/documents/guide/vgr01guide.pdf
  4. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html