シアリスの個人輸入

およそ15年前、アメリカの製薬会社、イーライリリー社によって有効成分タダラフィルを含むED治療薬、シアリスが開発販売されました。

シアリスはED(勃起不全)治療薬で、その効果は最大36時間持続します。シアリスの長い効果維持時間はバイアグラの7倍にまで達します。

開発から数年が経ち、シアリスは男性が素晴らしい性生活を取り戻すことを可能にする、大人気のED治療薬となりました。

日本でシアリスは2007年に厚生労働省の承認を取得し、5mg、10mg、20mgの用量で販売されるようになりました。

日本人男性の間で、このED治療薬の質の良さは高く評価されています。

1)お酒や食事と一緒に服用することができる。

2)副作用が少なく、安全に使用することができる。60~65歳の男性も服用が可能。

3)効果を最大36時間まで維持することができる。

4)毎日服用することができる。

5)前立腺肥大症および肺高血圧症の治療にも使用することができる。

 

シアリスの欠点として、価格が高い点が挙げられます。

しかし、「個人輸入代行サービス」を利用すれば、シアリスを低価格で購入することができます。

個人輸入代行サービスでは、シアリスだけではなく、タダラフィルを有効成分としたジェネリックも格安で購入することができます。ジェネリックには、錠剤だけではなく、チュアブル錠や舌下錠、ODフィルムタイプなど、他の剤形も用意されています。

日本のジェネリック医薬品の市場状況

リサーチ会社RNCOSが発表した「日本のジェネリック医薬品市場の発展予想」によると、日本のジェネリック医薬品市場は世界で最も成長の見込みがあるとされています。

市場の規模の累積年間成長率(CAGR)は7.5%で、333億円に達しています。

ジェネリック医薬品市場が成長している理由として以下の点が挙げられます。

  • ジェネリック医薬品は格安である。
  • 多数の医薬品の特許が満期を迎えている。
  • 市場が未成熟である。

日本国内の多数の大手製薬会社は、ジェネリック医薬品を販売しています。このうち、大手企業6社が市場の約50%を占めています。

このような事実に反して、日本人男性のほとんどは、ED(勃起不全)治療薬などを含む多くの医薬品のジェネリック医薬品を使用していません。そのため、まだまだ市場規模が小さく、今後拡大する可能性が高いのです。

日本では、厳しい安全基準が設けられているため、国内の製薬会社は高品質な医薬品を開発する必要があります。これが理由で、外国の製品を日本市場に参入させることが難しいという事実もあります。

医薬品を販売するまでには、長期にわたる複数レベルでの臨床研究が必要になります。しかし、製造業者は自由に研究を始めることができず、新薬の研究を始めるには、厚生労働省の許可を取得する必要があります。

また、BMI(Business Monitor International)によると、日本の薬剤費の高さは世界2位だとされています。

医薬品の市場は成長を続け、この数年に約1.3%は増加することが見込まれています。これは、勃起不全の治療に必要なお薬がいずれ薬局でも販売されるようになることを示唆しています。しかし、個人輸入代行サービスを利用すれば、ED治療薬が薬局で販売されるようになるのを待たずに、本物のお薬を低価格で購入することができます。

シアリスジェネリック医薬品とは何ですか?

イーライリリー社によって開発されたオリジナルのお薬であるシアリスは、2002年末にFDAの承認を取得し、世界中で販売されるようになりました。

そして、タダラフィルを有効成分としたシアリスは、特許を取得しました。

特許が満期を迎えた後は、タダラフィルを含有したED治療薬が他の製薬会社によっても製造されるようになりました。

このED治療薬はオリジナルのシアリスと同じ有効成分を含んでいるため合法となりますが、お薬の形や添加物などが異なることがあります。これらのお薬はジェネリック医薬品と呼ばれています。

商品名の権利はオリジナルのお薬を開発した会社が所有し続けるため、ジェネリック医薬品は他の商品名にする必要があります。しかし、類似した商品名は認められています。

もし、製造会社がイーライリリー社(Eli Lilly)、または日本新薬ではないシアリスを見かけたら、それは偽物です。そのようなお薬を販売することは違法であり、偽物を服用した場合、甚大な健康被害にあうことがあります。

だからといって、一概にジェネリックが危険であるということではありません。ジェネリックは本物と同じく有効成分タダラフィルを含有しているため、シアリスと同様の効果を得ることができます。

本物のシアリス ジェネリックは、日本では販売されていませんが、合法で販売されている国もあります。

そういったシアリスジェネリックは、個人輸入代行サービスを利用して購入することができます。

シアリスのジェネリック医薬品の詳細につきましては、「シアリスジェネリック」の記事をご参照ください。

個人輸入代行業者の主な特徴

ED治療薬シアリスは、日本では医師に処方してもらうことができます。医師に処方箋を書いてもらった後は、調剤薬局にてお薬を購入します。この際、処方箋には、服用するべき用量が記載されている必要があります。

しかし、場合によっては、病院へ行くのが面倒、行きたくない、ということもあるでしょう。その場合は、個人輸入代行業者を通じてシアリスやジェネリック医薬品を購入して、自宅まで発送してもらうことができます。

それでは、具体的に輸入代行サービスのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

メリット

1)他人にばれない

性的な悩みは他人に知られたくない、という人がほとんどでしょう。

そこで、個人輸入代行サービスを利用すれば、シアリスを購入したことが他人にばれることはありません。シアリスはしっかりと梱包され、中身が何かわからない状態で自宅に届くので、ご家族にお薬について知られる心配も不要です。

 

2)ジェネリックは格安で購入できる

ジェネリックは本物のお薬であり、ブランド薬に比べて格安で販売されています。これにより、特に長期にわたる治療が必要な場合は、大幅に薬代を節約することができます。

 

3)時間を節約することができる

シアリスは医師の処方箋があれば、調剤薬局で購入することができます。しかし、その場合、薬剤師が患者のデータを入力したり、薬の使用方法をリーフレットに印刷したりなどの作業が発生するため、実際にお薬をもらうまでは待ち時間が発生します。一方でシアリスを個人輸入代行サービスを利用して注文すれば、本物のお薬が自宅まで発送されるので、薬局のように待たされることはありません。

 

4)恥をかく必要がない

日本における薬剤師は、女性の割合が多い唯一の医療専門職です。日本薬剤師協会の報告書によると、医師の女性の割合が17%、歯科医の女性の割合が19%であるのに対し、薬剤師は65%が女性だとされています。薬局を訪れると、女性の薬剤師であることが多く、女性がシアリスについて説明をしてくれます。

男性にとってこれほど恥ずかしいことはないでしょう。

しかし、個人輸入代行サービスを利用すれば、薬局に行く必要がないので、女性の前で恥をかく心配がいりません。

デメリット

1)偽薬を購入する可能性がある

正規品のシアリスは、5 mg、10 mg、20 mgの用量でのみ販売されています。もしも用量が40mgまたは100 mgのものを見かけたら、それらは偽物ですので、そのようなものは購入しないようにしてください。

ジェネリックには用量に関する決まりがないので、5 mg、10 mg、20 mg以外の用量のお薬も販売されています。

 

2)日本語での説明書がない

個人輸入代行業者のお薬は、法律で販売が許可されている国でのみ購入することができます。そのため、説明書はその国の言語で記載されており、その言語を知らない場合はお薬の詳細について理解することができません。

 

3)医薬品の購入場所が不明瞭

信頼できる業者は、長年にわたって確立されたサプライチェーンを有しており、お薬は製造業者または信頼できる合法の薬局から購入されます。一方で、不正業者は、違法の医薬品を安く購入して販売しているため、購入場所を明示していないことが多くあります。

 

ただし、このような個人輸入代行サービスのリスクは簡単に回避することができます。

まず、実際に利用する前に、インターネットで、業者やお薬のレビューを読みましょう。そして、特に日本人のジェネリックに関するレビューを確認することが大切です。

例えば、日本人男性の体型は、アメリカ人の体型とは大きく異なるため、お薬の効果の出方に差があります。そのため、日本人の観点からのレビューを確認する必要があります。

個人輸入代行サービスの通販でシアリスを入手する方法の詳細については、「シアリス購入方法」の記事をご参照ください。