0 項目
0120-966-075

ペニス増大

 

1. ペニス増大について

 

男性だったら、大きなペニスで女性を満足させてあげたいと思うものです。好きな女性に自信を持って接するために、ペニスのサイズがどうしても気になってしまうことがあります。

 

日本人男性のペニスの平均サイズは通常時が約8cm、勃起時が約13cmです。これを目安に自分がどうありたいのか考え、適切な解決方法を探していくと良いでしょう。

 

ペニス増大、サイズアップのメリットとしてまず挙げられるのが、自信を持つことができるようになることです。

セックスの感度の向上、満足感は精神的に大きな影響力があります。

自信をもってセックスができることが更なる自信に繋がっていきます。

同時にパートナーを喜ばせることができるようになりますので、パートナーをより幸せにすることができます。

 

ペニスは海綿体と血管組織、そして筋肉により成り立っており、ペニス自体を思いどおりに大きくしようとするには、精力剤などを服用して根気よくペニスが成長して行くことを見守るか、何かしらの外科手術が必要となってしまいます。

ペニスはスポンジ上の陰茎海綿体と尿道海綿体から出来ており、視覚的、または肉体的な刺激を受けたりした際に勃起します。

普段は海綿体に流れる血液の量はそれ程多くないのですが、性的刺激により興奮した状態になると、陰茎動脈に多くの量の血液が流れこみます。

その結果、海綿体にも血液が多く流れ込む事になり、太さと固さが平常時よりも増えます。

この時、ペニスは通常時に比べると長く、太くなりますが、その変化の割合(膨張率)には個人差があります。世界平均と比べても日本人のペニスは小さい訳では無く、特に膨張率は高いと言われています。

 

実はペニス自体を大きくするには成長ホルモンが必要となります。

 

 

3. ペニス増大に深く関わる成長ホルモン

 

ペニスの成長を阻害してしまう大きな理由として、男性ホルモンの減少があげられます。「加齢が進んでいくにつれてペニスのサイズが短くなる」と一般的に言われているのは、この男性ホルモンの減少が関わっているのです。成長期に男性ホルモンが十分に分泌されることによって、ペニスも成長するというのはよく聞く話ですが、大人になってからペニスを増大させるためには、この男性ホルモンを補っていく方法が最適だといえるでしょう。

 

遺伝が原因の場合もあると言われていますが、これは遺伝子自体が直接影響しているわけではなく、生活習慣が大きく関わっているようです。

また、包茎が原因の場合は、外科手術によって状況を改善することも可能です。包茎を改善することは、ペニスの成長のみならず早漏にもなりにくいとされています。

 

 

3. ペニスは世代に関係なくサイズアップできるのか?

 

臨床試験の結果で、L-アルギニン」、「シトルリン」、「亜鉛」などの成分がペニス増大に効果的な成分だということが明らかになっています。シトルリンには男性ホルモンである、テストステロンを高める効果もあります。これらの成分を摂取しながら筋トレなどで体力を補い、生活習慣を改善していくことで、世代に関係なくペニスのサイズをあげるというのは不可能ではありません。

そのほかにも、注入手術によってサイズを大きくするということも可能ですが、これは一時的に大きくする方法です。ですので、常にサイズを大きく変えて行きたい場合は、度々クリニックを訪問しなければいけないというデメリットがあります。

 

 

 

 

 

4. ペニス増大はトレーニングで可能なのか?

 

トレーニングはした方がしない方よりもいい、といった方がよいでしょうか?

簡単なトレーニングであれば、毎日続けて効果が現れたらさらに続けてみてはいかがでしょうか?

ただし、ペニス増大における何かの治療薬等をすでに服用されている方は、治療薬の効果がさらに高まる可能性もあります。

 

 

1) トレーニング1

 

・完全に勃起した状態で、右手の親指と人差し指を使用して円を作ります。その後この円の部分が、亀頭部分に引っかかるようにし、ペニスを持ちます。右手で亀頭を持ったまま、左手でペニスの根元をギュッと握り、圧迫していきます。その後左手はそのままにして、右手で根元から亀頭部分をゆっくり上下に動かしていきます。

20回ほどで休憩しましょう。

 

 

2) トレーニング2

 

・ペニスを半勃起させたら、ペニスの根元を親指と人差し指で圧迫します。その後、中指、薬指、小指と順番にペニスを圧迫させていきます。10秒から20秒、亀頭に血液を集中させます。20回ほどで休憩しましょう。

 

 

3) トレーニング3

 

陰茎トレーニング用器を使用する。簡単ですが、痛みを伴ったり使用方法を間違えると大変です。

 

 

5. サプリメントや精力剤を服用する

 

トレーニングをしながら、サプリメントや精力剤などを服用して栄養を補うと効果的にペニス増大をすることができるでしょう。

食べ物でしたら、牡蠣やレバーなどを摂取し、亜鉛を補っていきましょう。

日本人男性のペニスは、通常時でおよそ8cm、勃起時で13cm前後とされます。

これは世界平均と比べると中間に位置し、アメリカ人と同じ位の大きさです。

世界で最もペニスが大きい国はフランスで、通常時はおよそ12cm、勃起時は16cmあります。

逆に世界で一番小さい国は韓国で、通常時およそ6.9cm、勃起時で9.6cmです。

女性の膣の奥行きはおよそ20cmと言われているので、さらに膣の奥を刺激して満足度を高めるためにはペニスサイズを増大させると効果的です。

 

ペニスを増大できるサプリは数多く販売されていますが、平均でおよそ2センチ~5センチ程度増大させることができるとされています。

サプリの中に血流を良くする成分が含まれているために、ペニスに血液が流れやすくなり結果的にペニスサイズが大きくなるのです。

注意点としては、個人差やサプリによっては体質的に合うものと、合わないものとがありますので、健康的に長く使えるサプリを探してみましょう。

 

必要な時に大きくなってくれれば、それで良いといった方には、ED治療薬に頼るといった方法もあります。

バイアグラ・レビトラ等は、硬く、太く、大きくなったように感じられると言われています。こういった勃起不全治療薬には、陰茎部への血流をよくする作用があるため、少なくとも少しは大きくなると言われています。

成功維持のみに大きくしたいのであれば、試してみるのも良いのかもしれません。

しかし、あくまでも治療薬ですので、しっかりと把握してから服用すると良いでしょう。

本当にED治療薬で大きくなるのかは、個人差は出てくると思われます。

 

 

5. まとめ

 

ペニス増大には、ホルモンが関わってきているということはお分りいただけたでしょうか? ペニス増大を心がけることによって、健康な食生活、またはサプリメントの摂取にも繋がりますので、一度試してみてはいかがでしょうか?