シアリスとアルコール

男性の人生を良好にするには日々の営みと活動両方の面で満足している必要があります。質の高く、かつ定期的なセックスは幸福の重要な条件の一つです!

週末や休暇にはアルコールを飲んでリラックスしてストレスを軽減することで、気分を解放して性的欲求を刺激します。

どんなに念入りに計画を練ったとしても、ロマンチックな夜を作るワインやシャンパンなどのお酒がなければデートは不可能です。

ですから、タダラフィルベースのED薬を飲む男性はシアリスを強いアルコールと一緒に飲んでも大丈夫か確認する必要があります。

シアリスはアルコールと一緒に飲んでも大丈夫?

タダラフィルはアルコール分解製品と相互作用しないため、シアリスを日本酒やその他のカクテルと一緒に飲んでも安心です。このジェネリックであるメガリスも同様です。ただ、Eli Lillyが販売している治療薬にはこの素晴らしい特性がありません。ED薬は自然に性的興奮を感じている場合のみ機能するようになっているため、お酒を飲み過ぎないようにすることが重要なのです。

お酒で酔っている状態では、健康な男性でもシアリスを服用している男性でも勃起が不可能です。ましてやワインやお酒などを無制限に飲んでしまうとアルコール依存症になったり、健康を損なったり、重篤な副作用を起こしてしまう可能性があります。このような場合はタダラフィルでもどうにもすることができません!

シアリスと日本酒やワインと一緒に飲む方法は?

シアリスはセックスをする20~30分前に1日1回服用します。Eli Lillyが販売しているED薬の作用時間は最大36時間で、薬を飲む前後にアルコールを飲むことができます。お酒はいつ飲んでも構いませんが、量には制限があります。シアリスを飲む際のアルコールの許容基準は、ウォッカ100ml、ワインまたはお酒300ml、ビール500mlとなっています。この量は1日に飲んでも良い量とされおり、この量であれば健康を損なうこともなく、治療薬の作用に影響を与えることもありません。適切に飲んだ場合、お酒を断ってもタダラフィル濃度の低下はおこりません。

シアリスを服用の場合(薬は1週間に3~4回服用)肝不全や副作用の発症につながる可能性があるため、頻繁に飲酒をすることはお勧めしません。服用の開始24時間以上前から飲酒を控えることをお勧めします。

アルコールを飲み過ぎてはいけないのはなぜか。

強いお酒の主成分はエタノールであり、全ての有機構造に影響を与える強力な毒性物質として機能します。シアリスは少量の日本酒と一緒に服用することは可能ですが、強いお酒と一緒に服用すると、身体に良くない影響を及ぼしますので、避けるようにしましょう。誰もがこのアルコールのED治療薬への悪影響について知っていますが、たくさんの人々がご自身の健康に気づかうことなくお酒を飲んでしまいます。人間の生殖システムもお酒に苦しめられています。

アルコールは下記のような症状の原因になります:

  • 射精の質の低下
  • 勃起能力の低下
  • 性欲の低下

 

個人輸入代理店で注文可能なED治療薬シアリスは、これらのネガティブな症状の軽減を目的としていますが、大量に強いお酒を飲み続けると、薬の効率がゼロまで低下します。さらに、シアリスの服用期間に継続的かつ過剰に飲酒した場合、次のような副作用を引き起こす可能性があります。

  • 呼吸困難
  • 虚弱
  • めまい
  • 筋肉の圧痛
  • 腰痛
  • アレルギー
  • 片頭痛

歳を取るにつれて男性は性欲の低下と全身の筋肉の衰えを感じてきます。こうなるとガールフレンドとの関係を良好に保てるかどうか疑問になってくるかと思います。

ですから、ED治療薬のシアリスとアルコールの同時摂取は禁止されていませんが、強いお酒の過剰摂取はおやめいただくことを強くお勧めします。

ロマンチックな夜に飲酒をやめたくない場合、シアリスと日本酒を正しく安全に処方できる医師にご相談ください。そうすることにより、副作用を心配することなく安心してシアリスとお酒を一緒に飲むことができます!

シアリスの効果があるけれども、新しいものを試してみたいと思っている場合は、ジェネリック品のシアリスをチェックしてみてください。ジェネリック医薬品はシアリスと類似した作用を持っていながら、効能が改善されており、かつ低価格です。もしかするとこのオプションが最も良い選択かもしれません!オンライン薬局でシアリスを注文し、服用すると、簡単に性的な健康を取り戻すことができます。