☏ 0120-966-075午前10時 ~ 午後6時
ほしい物リスト (0)

Finasteride

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

フィナステリド

男性型脱毛症(AGA)は近年、成人男性が抱く共通の悩みです。統計情報によると日本人男性の40%以上が脱毛に悩んでいるとされています。フィナステリドはAGA治療薬として厚生労働省から正式に認可を得ている有効成分です。フィナステリド錠がどのように作用し治療に効果を発揮するのかについてご紹介するとともに、低価格でのお薬の購入方法と信頼できる医薬品の個人輸入代行業者の選択方法についてお伝え致します。

フィナステリドの日本での購入について

フィナステリドは1984年に前立腺肥大の治療薬として特許を取得し、1992年に男性型脱毛症の治療薬としての医療での使用がアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されました。

2003年にフィナステリドを主成分とした医薬品の開発機関である米国企業メルク社(Merck&Co.)が万有製薬株式会社を買収し、子会社化すると発表しました。その後、MSD株式会社(旧万有製薬)は2005年12月、有効成分フィナステリドを含むプロペシアの日本市場での販売が始まりました。

適切な服用を行わない場合、お薬の副作用が発生する可能性があります。厚生労働省は、AGA等の発毛に関するお薬に関して、医師の処方箋を受けた上での購入を推奨しています[1]

しかしながら、フィナステリドによる治療は長期間に及ぶため、医療機関を受診する回数も多くなります。こうした受診は保険の適用外であり、家計や仕事に負担になることが予想されます。

このような悩みは個人輸入代行サービスの利用をすると簡単に解決することができます。個人輸入代行サービスであれば、安価な費用で医薬品の購入が通販で可能で、個人のご自宅に直接届けてもらうことができます。

医療統計

フィステナリドを主成分とする医薬品は、世界中で広く処方されています。2017年には、米国だけでみても、913万2614件が処方されています[2]

フィナステリドの通販での購入について

海外からの医薬品は、インターネットを通した通販で購入し、直接ご自宅まで届けてもらえます。海外医薬品の個人輸入は、決められた数量を守り、個人が使用する目的で購入する場合には合法とされています。この際に医師からの処方箋は不要ですが、すべて自己責任となります。

この方法は外国語でのやりとりや税関の手続きなどが伴いますので、面倒です。しかし、個人輸入を代行する業者を利用すると、日本語で簡単に通販を行うことができます。

当店は通販での購入を大々的に宣伝したり、継続してこのサービスを利用するよう、お客様におすすめすることはありません。

当店は、お客様の目的に沿った購入方法は何か、あるいは避けるべき方法は何かといった情報を提供しています。

フィステナリド錠の購入に個人輸入代行の通販が適しているかどうか、その他手段と比較検討してみてください。

個人輸入代行サービスの通販を利用するメリット

  • オンライン薬局ではいつでもお薬を自宅から注文することが可能です

日本は四季があり、天気が変わりやすい国です。雨や雪が1日に何度も降ったり、風が吹き荒れる日もあります。仕事が忙しくて病院に行けないこともあります。こういった中では、気軽に病院や薬局に行くこともままならず、医薬品の入手が困難となることがあります。フィナステリドの個人輸入代行サービスの通販であれば、わずか2、3回のクリックで購入でき、家を出る必要もありません。直接個人のご自宅までお届けすることが可能です。

  • プライバシー保護のポリシーの元で配送時の配慮

医療機関での診療には通常、時間を要します。受付での待ち時間等で、近所の方、同僚といった知り合いに会う可能性があり、そういった場合に受診理由を説明しなければならず、恥ずかしく感じることもしばしばあります。

個人輸入代行サービスの通販を利用することで、ご自身のの健康問題について外部に知られることなくフィステナリド錠を購入することができます。

  • いつでも安い費用

フィステナリド錠を通販で注文する場合、ブランド医薬品だけではなくジェネリック医薬品も最安値となります。仲介薬局の利益を医薬品の代金に含まないためです。購入時に処方箋は必要ありません。またウェブサイトでは初めて購入を検討されている方に向けた購入のための手順もわかりやすく説明されています。お薬の注文の内容は海外の医薬品サプライヤーに転送され、海外からお薬が直接お客様に届けられます。個人輸入代行サービスの業者がお薬を直接販売しているのではなく、海外の薬局からお客様がお薬を購入するプロセスをサポートしているので、日本にお薬の在庫はございません。

通販購入のデメリット

  • お薬の即日配送はできません

海外で販売されているお薬の通販をご希望の場合、配送方法に応じてお届けには1週間〜週間ほどの日数がかかります。(非常事態の時にはさらに遅れることがあります)税関手続きでの遅れを防ぐため、医薬品の個人輸入に関する全ての規則に従うようお願いいたします[3]

  • 個人の判断に基づく服用のリスク

医師からの処方箋なく、医薬品を購入したり、服用すると、健康に害を与えるリスクが生じます。安全のために、一度は医療機関での診察を経て、処方箋を受けてから購入されることをおすすめ致します。診断結果が確認でき、懸念事項が払拭された場合に、男性型脱毛症(AGA)治療に効果のあるジェネリック医薬品を通販で購入することをおすすめいたします。

  • 外国語による説明書

個人輸入のネット通販サイトでは、海外で認可されている医薬品が購入できるように紹介されています。これらのお薬は日本での販売を意図しているわけではないために、服用方法といった指示が英語などの外国語で書かれています。これは販売国が限られているジェネリック医薬品の販売に特によく見られます。

「メリット」と「デメリット」の比較を表にまとめました。最終的な判断を下す前に、厚生労働省からの注意喚起もご確認ください。その上で、フィステナリドを提供する、信頼できる個人輸入代行業社をお選びください[4]

メリット デメリット
外出することなく注文が可能 個人判断による服用
低価格 到着までに時間がかかる
プライバシーが守られる 外国語の説明書

フィナステリド錠の作用機序

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性型脱毛症(AGA)を促進する男性ホルモンです。DHTは5αリダクターゼとよばれる還元酵素によりテストステロンが変換されることによって生成されます。

DHTは毛乳頭細胞内に結合して毛髪の成長期を短縮してしまい、毛母細胞の弱体化と軟毛化を引き起こします。これにより頭部の毛髪の発育が阻害されます。

フィナステリドは5αリダクターゼII型に作用し、男性ホルモンであるテストステロンをDHTに変換する働きを抑制します。1日1mgの有効成分を摂取することで、DHTの血中濃度を65-70%にまで減少させることができます。

フィナステリド構造

 

フィナステリドによる治療の目標は男性型脱毛症(AGA)の進行を止めることです。治療が成功した場合、毛母細胞が再生されるために、新しい髪の成長が始まります。このプロセスを活性化させるために、ミノキシジルと合わせた併用治療の方法が推奨されています。

フィナステリドの実証済み効果とは

公益社団法人 日本皮膚科学会(JDA)によると、男性型脱毛症と診断された日本人男性を対象にした大規模調査で、1日に1mgのフィナステリド服用した801例の内、99.4%と高い割合で、軽度以上の改善が認められています[5]

効果はどのくらいで実感できる?

お薬の使用を開始してから、3ヶ月以内に最初の変化が起こり始めます。その後、連日投与を6ヶ月から12ヶ月行なうことで、で大きな改善がみられるとされています。治療を開始してから最初の2年間で毛髪の量が最も増加できると実感できるでしょう。

日本では、毛髪の成長への効果を強めるため、ミノキシジルも使用した併用治療が行なわれています。

フィナステリド錠の具体的な効果とは

  • 抜け毛の速度を遅らせるだけでなく、抜け落ちる量を減少させる効果
  • 新しく健康な髪の再生を促し、髪の生えていない頭部の範囲を徐々に減少させる効果
  • 毛母細胞の働きを強化し、毛髪の幹細胞を増やす効果
  • 男性の見た目と心理状態の向上をサポート

また上述の研究では、男性型脱毛症(AGA)の早期治療が良い結果をもたらすと示しています。脱毛症が始まったと感じたら、できるだけ早期にフィナステリドの服用を開始されることをおすすめいたします。通販での医薬品の購入であれば、時間や費用を節約することができます。

プロペシア:フィナステリドを含有する日本初のAGA治療薬

プロペシアは有効成分フィナステリドを含有する男性型脱毛症のためのAGA治療薬です。世界中で医療用の処方箋によって提供される医療用医薬品です。

プロペシアはフィナステリドを主成分とした脱毛症治療の全ての医薬品の中で、第一選択薬とされるお薬です。その他のAGA医薬品と同様に、保険が効かないため薬価は高価です。費用の節約するために、プロペシアを個人輸入代行サービスの通販での購入が可能です。

フィナステリドとミノキシジル :AGA治療のための併用療法

男性型脱毛症(AGA)の併用治療の方法は、日本ではフィナステリド錠と薬用育毛剤のミノキシジル と併用して広く使用されています。

フィナステリド(1mg)が毛髪の減少を防ぎ、ミノキシジルが新しい髪の生成を促します。これらの発毛用医薬品の併用療法による効果は、2011年から2017年の間に行われたアジア人男性1万8918人を対象に行われた大規模調査により証明されています。

併用治療を受けた全ての男性に、症状の大幅な改善が見られました。

まとめ: 治療開始から6ヶ月後の結果に満足していると答えた人は96%、12ヶ月後は80%でした[6]

フィナステリド作用

6ヶ月以降の治療の進行の様子は以下の写真をご覧ください:

治療前後の髪の状態

A- 治療前の頭部

B- 治療開始6ヶ月後

治療前後の髪の状態

C -治療前の頭部

D -治療開始6ヶ月後

フィナステリドの薬価

AGA治療薬プロペシアの薬価は非常に高額で販売されています。個人輸入代行サービスの通販での購入または、ジェネリック医薬品の購入でのみ、フィナステリド錠をより安値で購入することができます。

当店でお取り扱いしておりますフィナステリドを含む医薬品の価格を次の表で比較しました。

医薬品名 フィンレスト1 フィンカー 5 mg プロペシア1 mg
 1錠の値段 50円から 161円から 280円から

プロペシアの効果を安価に得られるジェネリック医薬品

毛髪の再生には、ゆっくりと時間をかけ、長期間治療を続けることが治療成功の鍵となります。ブランド医薬品の新薬プロペシアを使用しての治療には、コストがかかり過ぎ、満足に治療を終えられないおそれも考えられます。このような場合には、人生の質を向上するためにフィステナリドのジェネリック医薬品を、個人輸入代行サービスを通じて安価に手に入れることができます。

  • フィンカー (Fincar)は5mgのフィナステリドを含有するインド製の医薬品であり、前立腺肥大症治療薬の「プロスカー」のジェネリック医薬品です。フィンカーは個人輸入代行サービスによって入手することができ、前立線肥大症と男性型脱毛症(AGA)に効果があります。
  • フィンレスト1 (Finrest-1)はプロペシアのジェネリック であり、フィナステリド1mgを含む錠剤タイプのお薬です。ジェネリック医薬品のフィンレスト1を個人輸入代行サービスの通販を利用して購入することによって、AGA治療を安い費用で受けることができます。

フィナステリドを使用した治療について

服用量

フィナステリド1mgは以下の症状に効果があります。

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 遺伝による若年性脱毛症

フィナステリド5mgは以下の症状に効果があります。

  • 良性前立腺肥大症
  • 尿路障害

服用方法

  • 1日1回以上は服用しない。空腹時に服用する。AGA治療には1mgが1日の最大服用量ですので、ピルカッターなどで錠剤をカットして服用ください。その際に、妊娠・授乳中の女性や小児が触れないようにご注意ください。
  • グレープフルーツジュースで錠剤を洗わないでください。
  • 治療期間中はお酒類の摂取を最小限にまで減らすしてください。

治療期間

結果が出るまでの最適な治療期間は1年であり、最短期間は3ヶ月です。

治療中は毎日継続して服用し、空白期間を作らないでください。空白期間が生じた場合、治療を最初から始めなければなりません。全治療期間分の医薬品を一度に購入した場合、医薬品の費用はより安くなります。

フィナステリドを安価に購入する方法と偽造薬対策

男性の多くがフィナステリドを安く買う方法を探しているでしょう。安全のために、信頼できる個人輸入代行業社からのみ購入するようにご注意ください。個人輸入代行サービスを選ぶポイントは以下の通りになります。:

  • 副作用等のリスクも含めて、医薬品について全ての情報を開示している。
  • 生産元から直接医薬品を仕入れている現地の薬局と提携している。
  • お客様からのリクエストに即座に返答を行っている。
  • 適切な薬価で医薬品を提供している。あまりに安価な費用で販売している商品は偽造薬である可能性が高い。但しプロモーション期間や特別販売の場合は前述に該当しない。

あなたの健康のために: 処方に関する注意点

個人輸入代行会社を通してフィステナリドを購入する場合、一度は医師の診断を受けてお薬を服用することをお勧めします。

以下に該当する場合は健康上のリスクが生じる場合がありますので錠剤を服用しないでください。

  • 細菌性前立腺炎
  • 腎臓及び肝臓の機能障害
  • 内分泌疾患
  • 腫瘍
  • 未成年

服用時に以下の副作用が見られることがあります: [7]

副作用 フィナステリド錠剤 発現頻度(%)
インポテンツ 8.1
性欲減退 6.4
精子数の減少 3.7
アルルギー性発疹 0.5
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています