☏ 0120-966-075午前10時 ~ 午後6時
ほしい物リスト (0)

ギリアド・サイエンシズ社(Gilead Sciences)

ギリアド・サイエンシズ社は、医師のマイケル・リオルダン(Michael L. Riordan)によってカリフォルニア州フォスターシティに本社を構え1987年に設立された、医薬品の研究・開発と販売を行うアメリカの製薬会社です。主にHIV、B型肝炎、C型肝炎、インフルエンザなどの治療に使用される抗ウイルス薬に注力しており、主力製品にはC型肝炎治療薬のハーボニー(Harvoni)やソバルディ(Sovaldi)などがあります。

リルオダンがデング熱に感染したことをきっかけに抗ウイルス薬の分野を主に開発することになったとされています。1992年にインフルエンザ治療薬として承認されたタミフルは、元々はギリアド・サイエンシズ社が開発したものですが、ロシュ社にライセンス締結され販売されるようになった医薬品です。

1996年にはエイズ患者におけるサイトメガロウイルス(CMV)網膜炎の治療薬としてシドフォビル注射剤を、2001年には初めてのHIV治療薬であるビリアード錠(テノホビル)を、2002年にはB型慢性肝炎治療薬のヘプセラ錠(アデホビル)とHIV治療薬のエムトリバ(エムトリシタビン)を、2012年にはHIV治療薬のツルバダ配合錠などの重要な抗ウイルス剤の販売を次々と開始しました。

ギリアド・サイエンシズ社は、1992年1月にナスダックに上場しています。

 

製薬会社名 ギリアド・サイエンシズ社(Gilead Sciences)
本社 所在地 カリフォルニア州 フォスターシティ
設立年 1987年
取締役 Daniel O'Day
公式サイト http://www.gilead.com/
年間売上高 224.5億ドル(2019年)
従業員数 約11,800 人(2019年)
ギリアド・サイエンシズ社の商品一覧