在庫状況 : 在庫あり
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

ソバルディ (Sovaldi)


¥258,800

ソバルディ(一般名:ソホスブビル)はC型肝炎ウイルスHCV)が体内で増殖するのを防ぐ核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬に属する抗ウイルス薬です。
ソバルディはC 型慢性肝炎 ジェノタイプ 2 型の治療において、以前の治療法よりも副作用 が少なく、直接作用型抗ウイルス薬として12週間の治療で95%以上の高い治療率を得られる新世代の経口治療薬です。

1錠あたりの最低価格: 9,243円(400mg / 28錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 400mg 28錠 9243 円 ¥258,800
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

ソバルディとは

ソバルディは、インターフェロンフリーの肝疾患(C型肝炎)の治療薬として、抗ウイルス作用の高いお薬です。2015年、ソバルディは日本の厚生労働省から正式に承認されました[1]。 このお薬は日本の薬局では非常に高額で処方されていますが、他の抗ウイルス薬との併用による経済的実現可能性が研究で証明されています[2]。当代理店では海外からソバルディを個人輸入する際のサポートを行っており、お薬の価格を大幅に安くして提供しています。

日本でのお薬の購入方法

ソバルディ錠400mgは日本で公式に販売承認が下りているので、購入可能です。 ただし、お薬の価格は決して安くありません。多くの場合、海外の薬局では、このお薬をより安く購入することができますが、海外への渡航費も発生してしまいます。このお薬を入手するための最適な方法は、個人輸入代行業者を介してオンラインで購入することです。当社では海外医薬品の個人輸入代行サービスを提供しております。

お薬の効果と作用機序

お薬の有効成分であるソホスブビルは、RNAポリメラーゼ阻害剤であり、C型肝炎ウイルスのさらなる増殖を防ぎます。このお薬は、C型肝炎ウイルスのすべてのセログループ(ジェノタイプ)を治療できるわけではないので、必ず医師による診断を受けてから服用してください。また、ソバルディの効果は、他の抗ウイルス薬(一般的にはリバビリン)と併用することにより発揮されます。単独で使用されることはほとんどありません。

C型肝炎の成人患者1305人を対象とした臨床試験の結果によると、ソバルディは平均わずか12週間の服用で治療作用を発揮します。同時に、その作用機序により、他の肝炎治療薬に特徴的な副作用をほとんど起こさずにウイルスを排除することができます[3]

ソバルディの薬価

ソバルディの治療は先発医薬品なので、かなりの費用がかかります。同じ有効成分ソホスブビルを配合している、ヘプシナットヘプシビルヴェルパナット等のジェネリック医薬品を購入する方が安くなります。

  • ご注文のお薬は提携の配送業者によって配送されます。当代理店は長年、輸入代行業者として仲介をしながら、海外のパートナーとの大規模ネットワークを構築してきました。錠剤の価格に関する情報を常に更新し、特別割引価格で提供しております。
  • ソバルディをはじめとする医薬品は、海外で認可を受けた通販業者から直接取り寄せているため、薬局の店舗維持費がかかりません。

ソバルディの個人輸入のメリット

個人利用目的であれば、海外から医薬品を個人輸入することは合法です。ソバルディをベストお薬の通販で購入すると、ご自宅に正規品のお薬が届けられることが約束されています。注文後に発行される追跡番号で、お薬の配送状況を追跡することが可能です。ソバルディの通販は完全に匿名でプライベートに利用できます。

お薬の使用方法

ソバルディのお薬は、経口摂取の400mgの錠剤の剤型で作られています。お薬は医師の診断による治療法の指示で処方されることを覚えておいてください。いかなる場合でも、自らの判断で治療を開始しないでください。一日の用量は、ソホスブビル400mgであり、ウイルスのセログループ(ジェノタイプ)に応じて治療期間は12〜24週間となります[4]。 お薬の作用は、食事の影響を受けないため、空腹時でも食後でも服用可能です。

ソバルディの禁忌と副作用

ソバルディを使用する前に、患者がB型肝炎ウイルスに感染していないことを確認してください。このお薬は、有効成分または添加物に対してアレルギーのある人には禁忌です。通常、治療は他のお薬と組み合わせて行われるので、禁忌は同時に服用するお薬にも該当します。

リバビリンとの併用療法において、治療中の主な副作用は疲労、頭痛、吐き気、食欲不振、不眠です。お薬の作用により、発熱、悪寒、腰部や脇腹の痛み、または倦怠感が生じた場合は、直ちに医師に相談してください[5]

インターフェロンを併用しないレジメン インターフェロンを併用するレジメン
プラセボ 12週 ソバルディ+リバビリン 12週 ソバルディ+リバビリン 24週 ペグインターフェロン アルファ+リバビリン24週 ソバルディ+ペグインターフェロン アルファ+リバビリン 12週間
人数 = 71 人数 = 650 人数 = 250 人数 = 243 人数 = 327
疲労 24% 38% 30% 55% 59%
頭痛 20% 24% 30% 44% 36%
吐き気 18% 22% 13% 29% 34%
不眠症 4% 15% 16% 29% 25%
掻痒症 8% 11% 27% 17% 17%
貧血 0% 10% 6% 12% 21%
無力症 3% 6% 21% 3% 5%
発疹 8% 8% 9% 18% 18%
食欲不振 10% 6% 6% 18% 18%
悪寒 1% 2% 2% 18% 17%
インフルエンザのような症状 3% 3% 6% 18% 16%
発熱 0% 4% 4% 14% 18%
下痢 6% 9% 12% 17% 12%
好中球減少症 0% <1% <1% 12% 17%
筋肉痛 0% 6% 9% 16% 14%
過敏性 1% 10% 10% 16% 13%
どの治療法においてもC型肝炎患者の15%以上に副作用が発生しました。
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”ソバルディ (Sovaldi)” の口コミを投稿します