☏ 0120-966-075午前10時 ~ 午後6時
ほしい物リスト (0)

Amoxicillin

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

アモキシシリン

アモキシシリンは、細菌が原因の幅広い症状を治療するためのペニシリン系の抗生物質です。グラム陽性・グラム陰性菌(ブドウ球菌、連鎖球菌、淋菌、サルモネラ菌など)の治療に効果を示します[1]。アモキシシリン系の薬剤は呼吸器感染症だけでなく、消化器系や生殖器の疾患にも効果があります。

日本でアモキシシリンを処方箋なしで購入する方法

有効成分アモキシシリンは1960年代にイギリスの製薬会社グラクソ・スミスクラインが開発しました。カプセル剤が市販されるようになったのは1972年になってからでした[2]。日本ではパセトシン、またはサワシリンという商品名で先発医薬品が販売されています。現在ではお薬の特許が満了したため、多くの製薬会社がアモキシシリンのジェネリックの製造を開始しました。日本でもジェネリックが承認されており、処方箋があれば薬局で購入できます[3]。センモックスとヴェモックスは日本で承認されていませんが、海外では承認され市販されているお薬です。個人使用の目的で個人輸入代行サービスの通販を利用してアモキシシリンを購入することができます。この場合、処方箋は必要ありません。

当社のウェブサイトでは、センモックス( インドのセンチュリオン ラボラトリーズ社)とヴェモックス(インドのジー ラボラトリーズ社)を購入することができます。

注意事項:
センモックスとヴェモックスは同じ有効成分を含有していますが、製造メーカーと用量、薬価が異なります。ヴェモックスは250mg と500mgが提供されており、センモックスには500mgのみが提供されています。

アモキシシリンの個人輸入とその仕組みとは?

個人輸入代行サービスとは、日本では承認されていない海外の医薬品を個人輸入する際の手続きを代行するサービスのことです。日本の法律では個人が必要な医薬品を海外から個人的に輸入する権利があるとされているため、このシステムは合法となっています [4]。しかし、個人的に海外の業者からお薬を輸入することは困難なので、アモキシシリンなどの医薬品の個人輸入を専門に行っている業者に代行してもらう方が、より簡単で安全であり、より低価格で購入できます。

アモキシシリンの個人輸入

アモキシシリンを通販で購入するメリット

ジェネリック医薬品は新薬であらかじめ有効成分の効果と安全性が確かめられた情報を元に製造されるので、大規模な研究開発のプロセスが必要ありません。その結果、製造コストが大幅に安くなります。アモキシシリンを主成分にした海外のジェネリック医薬品の薬価は、1カプセルあたり平均で75円とお安くなっています。

アモキシシリンを通販で購入するその他のメリット:

  • 医師の処方箋なしでも通販で購入できます。
  • 注文には10分も要さず、時間の節約になります。
  • アモキシシリンを通販で購入する場合、プライバシー厳守でお薬が配送されるので、箱に商品名の記載もなく、誰にも知られずに治療することが可能です。

お薬を通販で購入するための注文プロセス

アモキシシリンのジェネリックを個人輸入の通販サイトで注文するプロセスはいたってシンプルです。

  • アモキシシリンの用量、値段、剤形などを確認して必要なお薬を選択します。
  • アモキシシリンの通販注文フォームに必要事項を入力します。税関でのトラブルを避けるために、自宅の住所を記入してください。
  • カード、銀行振り込み、またはコンビニ支払いなどのオプションを選択し、支払いを完了させます。

あとは、配送業者がお薬を配送してくれるのを待つだけです。

お薬についての5つの事実

1. アモキシシリンカプセルはWHOの必須医薬品リストに含まれています [5]
2. この抗生物質は小児科で一般的に処方されているお薬の一つです [1]
3. 経口摂取した場合、この有効成分はアンピシリンよりも吸収が良好です[6]
4. この成分を主成分としたお薬は、WHOにより肺炎の治療に推奨されています[7]
5. アモキシシリン(amoxycillin)の使用は日本の厚生省により推奨されています[8]

 薬剤の作用機序

アモキシシリンは、ペニシリウム・クリソゲナム(Penicillium chrysogenum)から得られるアミノペニシリン酸を基に製造されたお薬です。この有効成分は、トランスペプチダーゼを阻害するとともに、細菌の分裂に必要な成分の産生を抑制します。この作用により病原となる細菌が死滅します。薬剤は腸管から急速に吸収され、血液中の最大濃度は1〜2時間で到達します。お薬の成分は肝臓と腎臓によって代謝されます。

注意事項:
アモキシシリンは経口避妊薬の効果を低下させます[1]。このお薬を服用する場合は、性交渉中に望まない妊娠と性感染症を防ぐために避妊具を使用することを強くお勧めします。

効果と服用方法

アモキシシリン(カプセル 250mg/500 mg)は膀胱炎、中耳炎、梅毒、咳、鼻づまり、咽頭痛などの様々な感染症の治療に使用されます。服用量と飲み方は、疾患の種類と重症度に応じてそれぞれ医師にご確認ください。

一般的に推奨されている服用方法:

  • 1日の服用量は2回に分けて服用します。
  • カプセルは噛まずに水と一緒に飲み込ます。
  • 症状が消失してからも48時間はお薬の服用を継続してください。

妊娠中の服用は、お薬の作用のメリットが胎児に影響が及ぶ副作用のリスクを上回る場合を除き、避けてください。有効成分が母乳中に少量混入するため、治療期間中は授乳を中止することが推奨されています[9]

アモキシシリンの禁忌と副作用

下痢や嘔吐を伴う重篤な消化管感染症の患者には禁忌とされています。また、喘息、伝染性単核球症、お薬の成分へアレルギー反応がある患者も使用できません。

アモキシシリンの副作用

  • 蕁麻疹
  • 紅斑
  • 結膜炎

長期間服用する際の副作用にはめまい、運動失調症、うつ病などが報告されています。

副作用の危険性を最小にするために、薬剤を服用する前に必ず医師に相談して下さい。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています