在庫状況 : 在庫あり
ピオモア30 箱 ピオモア30 タブレット ピオモア30 箱 ピオモア15 箱 ピオモア15 タブレット ピオモア15 箱
ピオモア30 箱
ピオモア30 タブレット
ピオモア30 箱
ピオモア15 箱
ピオモア15 タブレット
ピオモア15 箱
商品コード: 該当なし カテゴリー:

ピオモア (Piomore-30)

¥1,350

高血糖を改善する作用のある糖尿病治療薬です。主に体内でのインスリン分泌量が低下するⅡ型糖尿病(遺伝、高カロリー、運動不足が原因)に対して利用されます。

1錠あたりの最低価格: 45円(15mg / 30錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 30mg 30 150 円 ¥4,500
15mg 30 45 円 ¥1,350
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

ピオモア

II型糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが低下することで血糖値が正常よりも高くなり発症する疾患です。2016年には国民の12.1%が糖尿病の患者および予備軍という結果が日本の厚生省により報告されています[1]。そのため、血糖値をコントロールするために様々な糖尿病治療薬が使用されています。ピオモアもそのお薬の一つです。

日本の糖尿病に関するWHOのデータ

日本の糖尿病に関するWHOのデータ

 ピオモアの製品情報

ピオモアの有効成分はピオグリタゾン(Pioglitazone)です。この薬剤は1985年に特許を取得し、日本では1999年12月から武田薬品(現:武田テバ)がアクトス錠として販売を開始し、II型糖尿病の治療薬として積極的に使用されてきました[2]。現在では、特許が満了したため多くの製薬会社がこの医薬品のジェネリックを製造しています。例えば、日本ケミファ、協和薬品工業、沢井製薬などがピオグリタゾン錠を販売しています[3]。インドのモレペン・ラボラトリーズ社はアクトス錠のジェネリック医薬品としてピオモア錠を製造販売しています [4]

ピオモアは15mg、または30mgの有効成分ピオグリタゾンを含む丸い錠剤の剤型で販売されています。ピオモアはインスリンの分泌を刺激するのではなく、体内でのインスリンへの感受性を高めることで有効率を向上し、血糖値を下げる効果をもたらします。

ピオモアを日本で購入するには?

モレペン・ラボラトリーズ社は1993年にインドのニューデリーで設立された製薬会社であり、現在では日本や北米、ヨーロッパなどの40か国に医薬品を供給する大手製薬会社となっています[5]

同社が製造している医薬品のすべてが日本で承認されているわけではなく、ピオモアを日本の薬局で購入することはできません。しかし、インドから直接個人輸入することで購入可能です。ピオモア錠を個人輸入代行サイトの通販で注文すれば、時間とお金を無駄にせずにお薬を購入することができます。

ピオモアの個人輸入について知っておくべきことは?

ピオモア(Piomore)を個人輸入する際には、しっかりと事前に知識を見につけておくことが大切です。

  • ピオモアを通販で注文できるのは個人に限られます。法人の住所を記入して注文した場合は、税関で荷物が止められてしまうおそれがございます。通販で注文する場合は、受取人を個人で指定するように注意しましょう。
  • ピオモアを含む海外医薬品は、すべて個人使用の目的にのみ個人輸入が許可されています。転売などで利益を得るために使用することはできません。
  • 処方箋がなくてもピオモアなどの海外医薬品は個人輸入することができます。しかし、全て自己責任となりますので、医師の指示のもとで服用するようにしてください。

ピオモアなどの医薬品の個人輸入についての詳しい情報は、税関のホームページをご覧ください[6]

ピオモアの値段と通販手続きについて

インドの糖尿病治療薬・ピオモアの価格は、有効成分の用量によって異なります。ピオグリタゾンが15mg含まれている錠剤は45円であり、有効成分が30mg含まれているピオモアの1錠の値段は150円です。

通販で注文する際の3つの手順

  • Piomoreの用量を選ぶ
  • 通販サイトの注文フォームに必要事項を記入し、受取人を個人に指定する
  • 通販サイトの指示に従いピオモアの代金を支払う

ピオモアの荷物が発送された後、お客様にはメールで追跡番号が通知されます。後は、ご自宅で荷物を受け取るだけです。

ピオモアの服用方法

ピオモアは肝臓や筋肉などの組織がインスリンの働きに抵抗してしまうインスリン抵抗性を改善する作用を有する経口医薬品です。心血管疾患や栄養障害性潰瘍、血圧上昇を引き起こすII型糖尿病に処方されます[7]。ピオモアを服用することで、血糖値をコントロールして合併症を予防する効果をもたらします。

ピオモア錠の用法・用量設定

  • 本剤は併用治療の一環として、また単剤療法として使用されます。
  • ピオモアの用量は、ピオグリタゾンとして15~45mgの用量で服用します。
  • 本剤は1日1回1錠を朝食前または朝食後に経口服用します。

本剤には副作用や禁忌があります。糖尿病の症状があると確信していても、ピオモアを服用する前に医師の診察を受けるようにしてください。

ピオモアの禁忌・副作用

この医薬品は心不全の患者には禁忌です[7]。また、I型糖尿病の治療にも使用できません。妊娠中の患者へのピオモアの影響については、まだ十分な研究がなされておらず、胎児へのリスクや副作用の可能性を評価することができないため避けてください。

ピオモアの副作用とその症状

副作用の種類 副作用の症状
浮腫 黄斑浮腫
肝機能障害 嘔吐、食欲不振
低血糖症 めまい、脱力感
心不全の悪化 動悸、胸の痛み

ピオモアが原因で副作用が発生した場合は、直ちに使用を中止して医師の診察を受けてください。

参照:

  1. https://dm-net.co.jp/calendar/chousa/population.php
  2. https://en.wikipedia.org/wiki/Pioglitazone
  3. https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuSearch/
  4. https://www.morepen.com
  5. https://www.morepen.com/morepen-presence.htm
  6. https://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/imtsukan/1806_jr.htm
  7. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30706731/
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”ピオモア (Piomore-30)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。