商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

セファデックス(セファレキシン250mg・500mg)(Cephadex)


¥3,600

セファデックスは有効成分セファレキシンを含むセフェム系の抗生物質であり、「ケフレックス」のジェネリック医薬品です。
淋病や大腸菌などの細菌による感染症に特に効果が高い抗生物質です。
膀胱炎、中耳炎、リンパ節炎、気管支炎など幅広い炎症性疾患に利用される医薬品です。

1錠あたりの最低価格: 200円(500mg / 30錠)

メーカー: シプラ (Cipla)
2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 500mg 30 200 円 ¥6,000
250mg 30 120 円 ¥3,600
説明
レビュー (0)

フルコナゾール

セファデックスは、広域スペクトルのセフェム系抗生物質でケフレックス(Keflex)のジェネリック医薬品ですセファデックスを製造販売しているのは、インドのムンバイに本社を置くシプラ社で、80カ国以上に約1500の製品を提供しているインドで有数の大手製薬会社です。お薬の有効成分はセファレキシンです。この薬剤は、主にグラム陽性菌や大腸菌など一部のグラム陰性菌などの細菌による感染症や炎症性疾患治療に有効です。 適応症のリストに、上気道および下気道の病気、泌尿生殖器系、軟部組織の疾患、中耳炎、骨髄炎、子宮内膜炎、淋菌への感染により起こる感染症の淋病などが含まれます[1]

日本でセファデックスを購入する方法

日本で有効成分セファレキシンを含有する錠剤は、富士フイルム富山化学株式会社、塩野義製薬株式会社など大手医薬品メーカーや製薬企業によって製造、販売されています[2]。現在、日本ではセファレキシン錠は医薬品であるため、処方箋なしでは薬局やドラッグストアで自由に購入することができません。 購入するためには、まず病院に行き医師に相談しなければなりません。そして診察料を支払い、処方箋をもらう必要があります。 日本の医療システムには、メリットとデメリットがあります。デメリットには通院するための時間がかかること、治療費・処方箋代などの追加コストがかかることなどが挙げられます。

他の方法として個人輸入代行サービスの通販を利用する方法があります。 海外からお薬を購入する際には処方箋が必要ないため、医師による相談費用がかからず、診察料、処方箋代などを支払う必要がありません。同じ有効成分セファレキシンを含有し、新薬と同等の効果をもつジェネリック医薬品を購入すると、より低価格で治療を行うことができます。日本でジェネリック医薬品の使用は法律で認められており、個人が使用する目的に限り、海外からお薬を個人輸入することも公式に合法とされています[3]

セファデックスの個人輸入のメリット

日本にいながら、個人輸入代行サービスを利用して海外からお薬を購入する需要は年々増加傾向にあります。その理由として、下記のようないくつかの要因が挙げられます:

  • 時間の節約:病院に行って診察を受ける必要がありません。
  • 病気を治療するための費用節約:ジェネリック医薬品の方が新薬より安価です。
  • 淋菌感染症などの病気もプライバシーを守りながら治療が可能です。

重要事項:個人輸入を通して医薬品を購入するのは、個人が使用する目的に限ります。国際郵便でのご注文の際は、会社名、法人住所を記載されると商業扱いになり返送される可能性がありますのでご注意下さい。

セファデックスを個人輸入代行サービスの通販で購入するには?

個人輸入代行サービスの通販でお薬を購入された方からたくさんのポジティブなカスタマーレビューを頂いています。

購入方法は下記の通りです:

  • 薬剤の用量(mg)と数量を選び、注文します。(250 mgの有効成分を含む錠剤が最も需要があります)
  • ご本人の個人の住所をネット上の購入フォームに入力します。
  • 支払方法を選択し、商品の代金を決済します。

受注後、お薬の注文が海外の現地サプライヤーに転送され、注文した抗生物質などのお薬が指定の個人のご住所に郵送されます。 商品が発送されましたら、Eメールで追跡番号をお知らせいたしますので、荷物の配達状況がいつでも確認いただけます。

セファデックスの値段

セファデックスは、500 mgと250 mgの2種類の用量で提供されています。 抗生物質の値段は有効成分セファレキシンの含有量により異なります。

用量mg 1箱の錠剤数 セファデックスの値段
250 30 ¥3.600
500 30 ¥6.000

セファデックスの効果

お薬の効果は、微生物に影響を与える有効成分の作用機序によって異なります。 抗生物質セファデックスの有効成分セファレキシンは細胞壁の合成を阻害し、細菌を殺します[4]。 経口投与して6時間後、薬物の90%が代謝され尿中に排泄されます。抗生物質を選ぶにあたって、効果をもたらす細菌と臓器がそれぞれ異なるため正しく病状を医師に相談したうえで適したお薬を使用することが大切です。

お薬の飲み方は?

お薬を経口投与する方法が日本で一般的な飲み方です。抗生物質の92.4%は経口で服用する方法で使用されます[5]。 セファデックスも内服薬になります。 お薬はコップ1杯の水かぬるま湯で服用してください。牛乳や柑橘系のジュースで飲むと、お薬の効果が得られない場合がありますので飲みあわせにはご注意ください。

  • 1日の投与量は、病気の原因となる病原体によって異なり、1,000 mg ~4,000 mgと患者によって大きく変わってきます。
  • 抗生物質は、治療のために必要なお薬の服用量を治療期間中にきっちりと飲み切る必要があります。
  • お薬の使用時にアルコールを飲むと、抗生物質の有効性を低下させるため控えるようにしてください。

感染症の原因となる病原微生物によって病気の症状も異なり、効果のあるお薬も違います。自己判断でお薬を服用されるとかえって体に害を及ぼすこともあります。 また、不適切な抗生物質の投与は薬剤耐性の発生につながります[6]。 日本では市販されてないセファレキシンを購入するにあたり、症状がご不明の場合は副作用のリスクを避けるためにも服用前に必ず医師に相談してくさい。

お薬の効果による副作用

この有効成分の効果にともない、副作用は高齢者を含めほとんどあらわれません。これは、平均寿命が世界で最も高い日本にとって重要な事柄です。 934人が参加した臨床研究によると、有害反応は65歳以上の患者のわずか7%で発生し、ほとんどの症状は軽度と報告されています[7]

セファデックスの最も一般的な副作用は次の通りです。

  • 食欲不振、吐き気
  • 頭痛、めまい
  • 皮膚の発疹、かゆみ

すべての副作用の症状は一時的なもので、薬物の服用を中止すると、患者の状態は安定します。

セファデックス 250 mgを飲んではいけない人は?: 禁忌症と併用禁忌薬

ペニシリンおよびセファロスポリンに対する過敏症反応がある方は、抗生物質セファデックスの使用を避けるようにしてください。セファデックスには併用禁忌薬がありますので、他のお薬を服用中の方は全てのお薬を薬剤師や医師に伝えご相談ください。また腎臓疾患、消化器系の病気の方も医師にご相談ください。このお薬は妊娠中や授乳期に飲まれるとリスクを伴いますので、必ず服用前に医師に相談されるようお願いします。

レビュー

レビューはまだありません。

”セファデックス(セファレキシン250mg・500mg)(Cephadex)” の口コミを投稿します