商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

アイピル (i-Pill)


¥1,590

アイピルは、Piramal Healthcare社が開発した事後避妊薬(アフターピル)です。姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。

1錠あたりの最低価格: 498円(1.5mg / 10錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 1.5mg 10 459 円 ¥4,590
1.5mg 7 593 円 ¥4,150
1.5mg 5 598 円 ¥2,990
1.5mg 4 743 円 ¥2,970
1.5mg 3 863 円 ¥2,590
1.5mg 2 1090 円 ¥2,180
1.5mg 1 1590 円 ¥1,590
説明
レビュー (0)

アイピル (i-Pill)

避妊を伴わない性行為は性感染症への感染や望まない妊娠を引き起こします。

また避妊の認識を持っていたとしても、避妊薬の服用をうっかり忘れていた、コンドームが破れていた等の予期せぬ緊急事態が発生することがあります。一般社団法人 日本家族計画協会(JFPA)によると、避妊の手段として最も一般的なのは緊急避妊薬であるピル(アフターピル)の服用です[1]

アイピル(I-Pill)は黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を主成分とする緊急避妊薬です。日本では、緊急避妊法の第一選択のお薬としておすすめされています[2]

性生活が活発な方で妊娠を望まない女性は、お守りとして、避妊用ピルをストックしておくと安心です。通販で購入するとご自宅まで配達してもらえるので便利です。アイピル(I-Pill)の購入に関する情報が外部に知れることはありません。また医療機関での診療も必要ありません。

アイピル(I-Pill)の日本での購入について

1999年、経口避妊薬の低用量ピルが日本で初めて認可を受けて販売され、2011年にはアフターピル「ノルレボ(NorLevo)」が初めて認可されました。[3]

避妊しなかった、あるいは避妊に失敗した等が原因で起こる望まない妊娠は、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)を使用すれば解決することができます。医療機関に直接行けば即日でアフターピルを手に入れることができますが、処方量は少なく一錠のみであることが、よくあります。

レボノルゲストレルを含むアイピル(I-Pill)を個人輸入代行通販サービスを使用して購入すれば、必要な数量を一回で購入することができます。お薬はプラバシー保護のポリシーの元、商品名が箱に記載されずに発送され、ご自宅までお届けいたします。

緊急避妊薬の作用機序

アイピル(I-Pill)は日本国内で認可(D00950)されているレボノルゲストレルという黄体ホルモン剤が含有されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です[4]

モーニングアフターピルは卵子の発育や排卵の抑制、子宮内への精子の侵入の阻止、受精自体を阻害することで避妊効果を発揮します。またお薬が作用することで、受精卵の着床も防ぐことができます。

モーニングアフターピルは妊娠が進んでしまった場合は作用しません。そのため、性行為の後、できるだけ早く72時間以内に服用する必要があります。その他に、同様の仕組みで作用するオーピル (O-pill)ポストフォン (Postpone) などのジェネリック医薬品があります。

アフターピル薬の避妊効果

日本人女性1000人を対象にした研究では、緊急避妊薬、モーニングアフターピル使用による効果が証明されています[5]。 レボノルゲストレル含有のアフターピルを利用した場合の妊娠率は2.4%以下でした。

アイピルの効果は避妊措置を取らない性行為後から服用するまでの時間にその効果は依存します。性行為の後からモーニングアフターピルの服用が早ければ早いほど避妊効果も高まります[6]

行為後から服用開始時間 24時間以内 24時間から
48時間以内
48時間から
72時間以内
アイピルの効果 95% 85% 58%

アイピル(I-Pill)、避妊薬・ピルにかかるコスト

アフターピルの価格は医療機関によって異なります。口コミによると購入価格は11000円程度だそうです。個人輸入代行サイトで避妊用ピルの通販を利用すれば、経済的な方法で、かつ安全に、最短で個人のご自宅宛に発送されます。

個人輸入代行サービス利用時のアフターピル(I-Pill)の値段は、以下の表をご覧ください。
重要ポイント:アフターピル(I-Pill)を当店の個人輸入代行サービスの通販を利用して購入すると、無料で妊娠検査薬をプレゼントいたします。

アイピル(I-Pill)錠剤 数量
レボノルゲストレル1.5mg含有
1錠毎の値段(円)
1 1.990
3 863.33
5 676
10 498

緊急避妊薬の服用方法

レボノルゲストレル1.5mg含有のモーニングアフターピルは性行為後72時間以内に服用してください。月経期間毎に一回以上服用しないでください。

アフターピル避妊薬はお酒と一緒に服用しないでください。健康の安全のため使用に関する指示をよく読み、医師のアドバイスに従ってください。

アフターピル(緊急避妊薬)の禁忌と副作用

アイピル(I-Pill)の服用には以下の副作用が報告されています。

  • 消退出血 (46.2%);
  • 不正出血 (13.8%);
  • 頭痛 (12.3%);
  • 吐き気 (9.2%)

以下に当てはまる方はアイピル(I-Pill)を服用できません。

  • 薬物アレルギーのある方
  • 重篤な肝機能障害のある方
  • 妊娠中の方

上記に該当しない場合は、万が一に備えて個人輸入代行サービスにてアフターピル(避妊薬)を購入しておくと安心です。

避妊薬アイピル(I-Pill)錠の通販購入について

事態が発覚した、もしくは直面した日には、例えば週末で病院が閉まっている等で、アイピル(I-Pill)などのアフターピル が即日入手ができない場合があります。そういった時のために、事前にアイピル(I-Pill)を通販で購入しておくことをおすすめいたします。

アイピル(I-Pill)を事前に通販購入しておけば、不完全な避妊による挿入行為があった場合に、毎回医療機関にかかる手間を省くことができます。通販では事前に避妊効果の高いアイピル錠を必要量購入し、手元に準備しておくことができます。

アフターピルを通販で購入する際のデメリットは、到着に時間がかかることと、偽造薬である可能性があることです。信頼できる個人輸入代行サービスを選べば、偽造薬が混入するリスクを避けることができます。

アフターピルの個人輸入代行サービスについて

ご自身でアイピル(I-Pill)を購入することは可能ですが、安全のため個人輸入代行サービスをご利用されることをおすすめいたします。

アフターピルの個人輸入代行サービスを利用すれば、その他の購入方法よりも低価格で入手でき、たったのa数分で注文が完了させることができます。

医薬品の個人輸入は個人が使用する目的での購入のみ合法とされており、注文者様本人がご使用される場合に限り、アフターピルを通販で購入することができ、ご自宅までお薬を配送してもらうことができます。一回の注文で購入可能な数量は指定の服用量の1ヶ月分までです。

上述の条件に違反した場合、追加で関税や税関手数料等を支払わらなければなりません。アイピル(I-Pill)の購入に関する詳細や規則については、日本の税関手続きのウェブサイトをご確認ください。[7]

レビュー

レビューはまだありません。

”アイピル (i-Pill)” の口コミを投稿します