在庫状況 : 在庫あり
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

オーピル (O pill)


¥1,590

オーピルは緊急避妊薬(アフターピル)であり、ノルレボ錠のジェネリックです。

この商品は、姙娠検査薬、アイキャン(i-can)とセットでお届けしています。

販売セットに付いて

  • オーイピル1錠とアイキャン1ユイット
  • オーイピル3錠とアイキャン3ユイット
  • オーイピル5錠とアイキャン5ユイット
  • 10錠にはアイキャンは付属していません。

1錠あたりの最低価格: 450円(1.5mg / 10錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 1.5mg 10 450 円 ¥4,500
1.5mg 7 553 円 ¥3,870
1.5mg 5 598 円 ¥2,990
1.5mg 4 743 円 ¥2,970
1.5mg 3 863 円 ¥2,590
1.5mg 2 1090 円 ¥2,180
1.5mg 1 1590 円 ¥1,590
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

オーピル(O-pill)について

何人子供を産み、育てるかといった家族計画を考えた場合、望まない妊娠を確実に、かつ安全に避けることは必要不可欠です。数多くの避妊薬が、様々なケースに対応できるよう改良を重ねられてきましたが、実際には、コンドームが破れていた、錠剤を飲み忘れた、性交に失敗した等で、避妊が失敗する場合があります。そうした緊急時には、緊急避妊薬がその役割を果たします。避妊薬の中でもオーピルは、アフターピルとしてユニバーサル社より販売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。避妊用ピルには、避妊効果だけでなく、女性の健康を守るレボノルゲストレルが含まれているため、WHO(世界保健機関)からもその使用を推奨されています[1]

避妊薬の日本での購入について

日本では緊急避妊薬の販売が許可されていますが、薬局で購入する場合、処方箋の提示が求められます[2]。処方箋をもらうには、病院に行き診断を受ける必要がありますが、事前予約が必要となる場合があります[3]。診断が終わると、医師はピルを購入できる処方箋を書いてくれますので、これを薬局等に提出し、お薬を購入します。この手順が一般的ですが、避妊対応が即必要な緊急時を始め、早急に薬が必要な時には時間がかかりすぎ、対応が間に合いません。そのため、個人輸入代行サービスを利用して、万が一のために事前にお薬を購入しておく方が多くいます。

オーピル(O-pill)の個人輸入に関して

お薬の個人輸入とは、日本では未販売の商品で、海外では承認されている医薬品を通販で購入することができる方法です。個人輸入で購入できるピルは、避妊に効果の高いレボノルゲストレルといった有効成分を利用して製剤されており、避妊薬として専売されていた先発医薬品であるノルレボ錠と全く同じ成分を使用しているジェネリック医薬品です。そのため、受精卵の着床防止、排卵を遅らせるといったノルレボ錠と同じ作用をもっています。

ピルの輸入が必要だからといって、実際にその国に行く必要はありません。個人輸入代行の通販を利用してアフターピルを購入する方が時間、金銭面を考慮した場合、非常に効率的です。個人輸入のメリットは以下の通りです。

  • 医療機関を受診する際にかかる時間コストを減らすことができる
  • 特許を取得した先発医薬品に比べ、ジェネリック医薬品のアフターピルの錠剤はより低価格で購入可能である
  • 個人輸入代行サービスにより購入したピルは、薬局で販売されているピルと同様の効果を持っているため安心である

オーピルは、その他医薬品と同様に、合法的に個人輸入することができます。こうした個人輸入代行の通販で緊急避妊薬を入手しておけば、不安は払拭できるはずです。

オーピル(O-pill) の通販での購入の方法

緊急避妊薬オーピルの購入手順:

  • 避妊薬の内容や数量を選択する
  • 商品を買い物カゴに入れる。
  • 配送先の情報(個人自宅宛の住所)を入力する。
  • 購入する錠剤のお支払いを完了する
  • 追跡番号を使って配達状況を確認し、通知を待つ
  • 郵便局から配達される避妊薬を受け取る

注意事項:

実際に個人輸入代行サービスを利用したお薬の購入は、お薬を服用される個人の方の自宅住所を指定される場合にのみ、利用可能です。税関手続き時に問題が生じるため、必ず個人のご自宅の住所を指定ください。

緊急避妊薬(アフターピル)の薬価

避妊用ピルは購入量により、価格が異なります。購入量が多ければ多いほど、1錠当たりの価格は下がりますので、多めに購入した方がよりお得です。

ピルの内容量 一箱あたりの値段 ピル一錠あたりの価格
10 ¥4,500 450 円
7 ¥3,870 553 円
5 ¥2,990 598 円
4 ¥2,970 743 円
3 ¥2,590 863 円
2 ¥2,180 1090 円
1 ¥1,590 1590 円

オーピル(O-pill)の効果

避妊薬オーピルの有効成分であるレボノルゲストレルはポストフォンアイピルを始めとする、多くの緊急避妊薬の錠剤に含まれています。黄体ホルモンであるジェスタージェンに類似した作用や抗エストロゲン作用も報告されています。排卵を抑制する他、排卵が始まってしまっていた場合は、受精卵の子宮内膜への着床を阻害します。こうしたアフターピルの作用が、望まない妊娠を防ぎ、妊娠中絶を引き起こすことがないよう機能します[4]

お薬の効果は服用するタイミングに依拠します。避妊を確実に行わなかった性行為の後、錠剤を24時間以内に服用すると95%の確率で妊娠を防ぐことができます。しかし48時間以内であればその確率は85%にまで下がります。調査結果[5]によれば、肥満女性は望まない妊娠による健康へのリスクが高いことが報告されています。

また注意しておきたいのは、アフターピル等の避妊薬によって望まない妊娠は防げたとしても、避妊具やピルといった事前予防を伴わない性行為では性感染症を防ぐことはできません。緊急避妊薬が効果を発揮するのは、妊娠を防ぐことのみです。

オーピルの効果を最大限得るための正しい飲み方

避妊薬を正確に作用させ、効果を得るには、何をすることが望まれるのでしょうか。服用の際は、以下の指示に従ってください。

  • 性行為を行った後、オーピルをできるだけ早く即日服用してください
  • 性行為から最長72時間以内にピルの錠剤を服用してください
  • 決められた用量を超える錠数を服用しないでください

避妊薬オーピルを実際に使用されたお客様からは好意的な口コミが寄せられています。しかし、その他のお薬と同様、副作用や禁忌があります。リスクを最小限に止めるために、医師の診療を受けることをお勧めします。

副作用と禁忌

避妊薬の使用時に起こる一般的な副作用は以下の通りです。

  • 下腹部の痛み
  • 出血
  • アレルギー反応
  • 疲労感、倦怠感

こうした症状が2、3日以降も続いた場合は、医療機関等に相談してください。

16歳以上の女性はオーピルを服用しないでください。このピルは、肝機能障害のある方、レボノルゲストレルに耐性のない方も禁忌の対象となります。授乳期間中に避妊薬を利用する場合は、服用後から24時間は授乳を止めてください。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”オーピル (O pill)” の口コミを投稿します