商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ:

タダリスSX


From: ¥1,590


タダリスSXはシアリスと同じくタダラフィルを有効成分としたED治療薬(勃起不全治療薬)です。作用時間が長いことを特徴としており、10mgで24時間、20mgで最大36時間の効果を得ることができます。
さらに、食事の影響を受けにくいという特徴があり、800カロリー以内の食事であれば、食後の服用であっても十分な効果を感じることができます。
タダリスを製造しているのはムンバイに拠点を置く、アジャンタ・ファーマ社という大手製薬会社です

1錠あたりの最低価格: 164円(20mg / 28錠)


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
20mg 28 ¥4,580 164 円
-
+
spinner
20mg 20 ¥3,980 199 円
-
+
spinner
20mg 12 ¥2,980 248 円
-
+
spinner
20mg4 ¥1,590 397 円
-
+
spinner

タダリスSXとはシアリスと同じタダラフィルを有効成分とするED治療薬(勃起不全治療薬)です。
シアリスとは、現在日本で発売されている3種類あるED治療薬の中で最も新しく開発されたED治療薬です。2013年8月にはED治療薬の世界シェアが42%に到達し、バイアグラを超えて世界市場で一番のシェアを達成するようになりました。

有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくいため、ゆっくりと身体に吸収されていきます。そのため、副作用が出にくく、作用時間が長いことを特徴としています。
10mgで24時間、20mg最大36時間の効果を得ることができます。バイアグラやレビトラと比較すると7~8倍の持続時間があるため、週末に服用するED治療薬として推奨されています。
さらに、食事の影響を受けにくいという特徴があり、800カロリー以内の食事の場合、食後に服用したとしても十分な効果を得られるとされています。油分の多い食事、高カロリーの食事をした後に服用をした場合は、効果が半減する可能性があります。最大の効果を得たい場合は、空腹時の服用を推奨しています。
また、タダリスを服用した後に食事をする場合は、有効成分が身体に吸収された後に約2時間後が理想的です。

タダラフィルはED治療薬としてだけではなく、良性前立腺肥大症(BPH)の症状を治療するためにも使用されます。良性前立腺肥大症は、排尿開始時の困難、排尿時の弱い流れ、頻尿、緊急な排尿の必要性などの症状があり、タダラフィルはこれらの症状を和らげるために役立ちます。タダラフィルは、前立腺および膀胱の平滑筋を弛緩させることができるために効果的な作用をもたらすと考えられています。
さらに、タダラフィルはアドシルカという医薬品名で、肺動脈性高血圧症の治療にも使用されています。

タダリスを製造しているのはムンバイに拠点を置く、アジャンタ・ファーマ社という大手製薬会社です。米国などの先進国だけではなく、新興国30か国以上にも薬を提供しており、ジェネリック医薬品の製造に力を入れている点が特徴です。
タダリスは、シアリスと同じ有効成分を同量含み、同様の効果と安全性を持つジェネリック医薬品です。

タダリスの効果と働き

男性が性的刺激を受けた際、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という成分がペニスの血管を拡張させ、勃起を促します。一方で、このcGMPを分解して勃起を抑える成分がPDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれるものです。タダリスの有効成分であるタダラフィルはこのPDE5の働きを阻害することで勃起の状態を維持する効果をもたらします。
また、有効成分タダラフィルはペニス内の血管を弛緩させるので、血流が増加し、強く硬い勃起を得るためのサポートを行います。
タダリスの効果を感じるためには性的刺激を与えることが必要であり、タダリス自体に媚薬効果はありません。

服用方法

タダリスは性行為の3時間ほど前に服用することが推奨されています。遅くとも性行為の約1時間前には服用するようにしてください。
タダリスは服用してから30分〜60分程で体内に有効成分が吸収され、1時間〜4時後に効果を実感することができます。効果が表れるまでの時間は個人差が大きいとされています。

また、タダリスを1錠服用したら次の服用までは24時間置く必要があります。1日1錠を上限とし、服用は1ヶ月最大で30錠までにとどめてください。また、1日の服用量が20mgを超えないように注意してください。
ただし、毎日タダリスの10mgと20mgを服用することは推奨されていません。毎週少なくとも2回は性行為を行う見込みのある場合は、タダリスを1日1回5mg、または2.5mg服用することが推奨されています。詳しくは医師にご相談ください。

タダリスを初めて服用する場合は、まずは10mgを服用することが推奨されています。副作用がない、かつ効果が得られなかった場合は20mgを服用することが可能です。
ただし、服用量を増量する場合は一度医療機関へ相談することが推奨されています。

副作用

タダリスは副作用が少ないとされていますが、場合によっては以下のような副作用があらわれることがあります。

・偏頭痛
・めまい
・消化不良
・鼻血
・鼻水
・鼻づまり
・腰背痛
・筋肉痛
・胃の不調
・背中の痛み
・筋肉痛
・ほてり
・めまい
・まぶたの痙攣
・目痛
・結膜の充血

症状が重度である場合は、すぐに医療機関での診察を受けることを推奨します。また、勃起した状態が4時間以上続く場合、重篤な合併症の兆候となる可能性があるので、直ちに医療機関に相談をしてください。

使用上の注意

1) 禁忌症または持病のある方

非常に稀ではありますが、タダラフィルは視神経への血液供給を減らし、突然の視覚異常を引き起こす可能性があります。主に心臓病、高血圧、糖尿病、高コレステロール、または既存の眼の症状を抱えている方は服用する前に医師に相談してください。

心臓病を患っている方、以下の症状がある方は、タダリスを使用する前に医師の診察を受けてください。

・心拍障害
・狭心症
・心臓病
・高血圧または低血圧
・過去6ヶ月以内のうっ血性心不全または脳卒中
・過去3ヶ月以内の心筋梗塞
・鎌状赤血球貧血
・多発性骨髄腫
・血友病
・白血病または他の血液疾患
・肝臓疾患
・腎臓疾患
・胃潰瘍
・色素性網膜炎
・陰茎の変形症(ペイロニー病)
・医師から性行為をしないように指示されている健康状態にいる場合

2) アレルギーがある場合

タダリスには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。アレルギーがある場合は、タダリスを服用する前に医師または薬剤師に相談してください。

3)併用禁忌薬と併用注意薬

タダリスの併用禁忌薬には以下のようなものがあります。以下に薬物相互作用の可能性がある薬がすべで含まれているわけではないので、すでに服用している処方薬、非処方薬、ハーブ製品がある場合は、タダリスを服用する前に医師や薬剤師に相談することを推奨しています。

①併用禁忌薬

以下の薬は、降圧作用を増強したり、症候性低血圧を起こしたりする恐れがあります。それに伴い、めまい、失神、まれに心臓発作や脳卒中に至ることがあります。

・狭心症の薬(ニトログリセリン、イソソルビドなどの硝酸薬)、
・アミル硝酸塩
・アミル亜硝酸塩
・肺高血圧症治療薬(リオシグアト)
・アルファ遮断薬(ドキサゾシン、テラゾシンなど)

②併用注意薬

以下の薬でも降圧作用が増強や血圧低下が報告されています。

・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビルなど)
・マクロライド抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシンなど)
・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、サキナビルなど)
・C型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤(ブセプレビル、テラプレビルなど)
・トクロームP450 3A4誘導薬(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール)
・カルペリチド
・シルデナフィルまたはその他のED治療薬、肺高血圧症治療薬(タダラフィル、バルデナフィルなど)

アルコールとの併用

タダリスとアルコールの併用には注意が必要です。タダリスによって血管が拡張している状態ではお酒の回りが早くなります。この状態でアルコールを摂取しすぎると神経の伝達に影響を及ぼし、勃起しにくくなることがあります。

グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がタダリスの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでタダリスを服用中でも食べることは可能です。

保管場所

タダリスは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所に保管をしてください。
また、タダリスは勃起不全のための治療薬で、18歳以上の成人のみが使用することができます。お子様が誤って服用しないように、保管場所には十分注意してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“タダリスSX” の口コミを投稿します