商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , 商品タグ:

ビダリスタ チュワブル


¥2,980 ~


勃起(ED)治療薬として人気の高いシアリスのジェネリック医薬品、ソフトタブタイプです。

キャンディーのように噛んだり、舌下で吸収させるタイプなので、水で服用するタイプより手軽で即効性が高いことが特徴です。早い人は15分で効果を実感できます。

副作用が少なく、食事によって効き目が左右されず安定していて、36時間という長時間効き目がある点で人気があります。

1錠あたりの最低価格: 153円(20mg / 30錠)

生産国 : インド

出荷国 : インド

出荷国 : シンガポール


ソーシャルシェア:
容量 数量 価格 1錠あたり 数量
20mg 30 ¥4,580 153 円
-
+
spinner
20mg10 ¥2,980 298 円
-
+
spinner

1. ビダリスタ チュワブルとは?

 

製薬会社:センチュリオン・ラボラトリーズ社(Centurion Laboratories)
有効成分:タダラフィル
効果持続時間:24時間〜36時間
用量:20mg
錠剤形態:ソフトタブタイプ(チュワブル)

 

キャンディーのように噛んで服用することができる他、舌下錠として舌の下に置いて溶かして服用すると、口の中の粘膜から速やかに吸収させることができるので速攻性を高めることができます。水なしで服用したい時、速攻性を求める時には便利なタイプのED治療薬です。

ビダリスタシアリスのジェネリック医薬品として高品質でお手ごろ価格な商品としてとても人気の高い医薬品です。ビダリスタはシアリスと同様の効用・効果と安全性が認められたジェネリック医薬品です。

ビダリスタにはこちらのソフトタブタイプ(チュワブル)の他、錠剤タイプのビダリスタ、舌下錠タイプのビダリスタ プロフェッショナルとして3種類が展開しています。

シアリスは最も新しく開発されたED治療薬ということだけあって、それ以前に発売されたED治療薬であるバイアグラとレトビアの欠点や副作用を改善して作られたED治療薬です。ビダリスタにはシアリスと同じ有効成分であるタダラフィルが含まれています。

シアリスの一番の魅力は薬の持続時間が24時間から36時間までと長いことと、食事の影響を受けにくく副作用が比較的少ないという点です。

バイアグラとレビトラは性行為の1時間前に服用する必要があり、その持続時間もおよそ4〜6時間と短時間であるために男性の多くは飲むタイミングに気をつかったり、適切な時間内に性行為をしなければならないプレッシャーを感じるなどのストレスを感じる方が多かった状況にありました。 

シアリスはそれまでのED治療薬とは異なる画期的な効果と特性から欧米では「ウィーケンドピル(Weekend Pill)と呼ばれたくさんの男性たちに愛用されています。2007年に日本で正式に処方が開始されてからは全国のクリニックや病院で人気を上げているED治療薬です。現在ではシアリスのED治療薬のシェアが2013年に42%を占め世界で最も売れているED治療薬となる程にまで人気が高まっています。

 

 

2. ビダリスタ チュワブルの効果

 

ビダリスタ チュワブルPDE-55-ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酵素が体内で増えてしまうことを阻害する働きをする医薬品です。男性が性的刺激や興奮を受けるとNO(一酸化窒素)が体内に放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が血管を拡張させ性器に血液が流れ込み勃起する状態になります。男性の性器の中には海綿体(海綿体)と呼ばれるスポンジ状の勃起性組織があり、海綿体の筋肉がゆるみ性器の中の血管が拡張されより多くの血流が海綿体に流れ込み勃起する仕組みになっています。

性的興奮がおさまると体内にはPDE-55-ホスホジエステラーゼ)という酵素が放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)を壊すことで勃起の状態が萎えることになります。

勃起不全のケースでは性的興奮を感じているのに、あるいは勃起を持続させたいのに何らかの理由でPDE-55-ホスホジエステラーゼ)という酵素が体内で生成されてしまい勃起が萎えてしまう症状を表します。

ED治療薬はこのPDE-55-ホスホジエステラーゼ)という酵素ED治療薬に含まれている有効成分により阻害することで勃起を持続させる効果をもたらします。また、体内の血流の流れを促進させ性器に血液が流れ込みやすくすることで勃起しやすくする作用をもたらす医薬品です。

 

 

3. ビダリスタ チュワブルの製薬会社

 

ビダリスタ チュワブルを製造販売している製薬会社はセンチュリオン・ラボラトリーズ社です。

センチュリオン・ラボラトリーズ社は2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置き、アロパシー(逆症療法)薬、ED治療薬、消毒剤軟膏、抗菌薬および抗生物質、抗結核薬、心臓血管薬などの治療薬を製造販売しています。これに加え、漢方薬、精神医学薬、ベータラクタム抗生物質薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品、ビタミン、ミネラルおよびタンパク質製品、など幅広い薬品を製造販売しています。

ケニア、ナイジェリア、マリ、リベリア、ガーナ、モーリシャス、その他のアフリカ諸国などのアフリカの国々と、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、アフガニスタン、スリランカなどのアジアの国々、その他のラテンアメリカの国々に輸出販売しています。


 

1. ビダリスタ チュワブルの服用方法

 

キャンディーのように噛んで服用することができる他、舌下錠として舌の下に置いて溶かして服用すると、口の中の粘膜から速やかに吸収させることができるので速攻性を高めることができます。水なしで服用することができます。

ビダリスタ チュワブルの効果が発揮されるためには、男性が性的興奮を感じることが必要とします。性欲を増加させたり、興奮を刺激するような作用はもたらしません。

ビダリスタ チュワブルの服用は、性行為の少なくとも30分前、できれば1時間以上前に服用する必要があります。ビダリスタ チュワブルを服用してから効果が表れるまでの時間には個人差があるとされ、1〜4時間の間となっています。服用してから最も強い効果が表れる時間は服用してからおよそ3時間ほどとされています。

 

服用の量は、個人の反応に応じて調整することができます。最大で服用することができる量は20mgです。

 

服用間隔は24時間となっており、1日に1回よりも多く服用することは避ける必要があります。

 

ビダリスタはバイアグラとレビトラに比べ、食事の影響が少ないとされているED治療薬です。バイアグラとレビトラは食後に服用するとその効果が半減するなど食事の影響を受けやすいED治療薬です。食後に服用して効果を感じることができなかったという方も多くいらっしゃるようです。ビダリスタは食後に服用しても効果が低減する程度になるとされています。

 

ビダリスタを服用して食事をする場合の注意点は800カロリー以下の食事をするということです。800カロリー以下の油分が少ない食事ですと食事の影響が受けにくいので、あっさりとしたカロリー控えめの食事をするようにしましょう。

バイアグラと同様、一番効果的なビダリスタの服用タイミングはやはり空腹時です。

ビダリスタが一度体内に吸収されてしまうと食事をしても問題ありません。とはいえビダリスタを服用してすぐに食事をしてしまうと有効成分が体内に吸収される毎に有効成分が薄まってしまうので、食前にビダリスタを服用する際は食事の前の2時間前がベストであり、少なくとも30分以上経ってから食事をするようにしましょう。

 

 

2. 投薬量

 

– ビダリスタは必要に応じて服用することができます。

– シアリスを日本の医療機関から処方を受ける際には用量が5mg、10mg、20mgとなっています。

ビダリスタの20mgはほとんどの日本人男性には多めの用量となっています。

日本人の平均的な体型の男性には、10mgを服用することが推奨されています。

長い効果時間が必要でなかったり、副作用が気になる方、もともと医師からシアリスの10mgの処方を受けている方は、ビダリスタ20mgの錠剤をピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用してください。

 

 

3. ビダリスタの副作用

 

ビダリスタの服用注意点として副作用にどのような症状があるのか知っておくことは大事なことになります。

一番新しいED治療薬であるビダリスタ(シアリス・ジェネリック)はバイアグラとレビトラに比べると最も副作用が少なく軽いとされています。

ビダリスタの副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、動悸、目の充血、めまい、胸焼け、胃のむかつき、消化不良、下痢、関節痛、色覚異常などが挙げられます。

ビダリスタの副作用として最もよく確認される副作用は頭痛、鼻づまり、消化不良です。

 

 

4. ビダリスタを服用する際の注意点

 

ビダリスタは数々の試験と検査をクリアしてその効用と安全性が認められたED治療薬ではありますが、服用する際には数々の注意点があります。

以下の注意点を守って服用すると、安全にビダリスタの素晴らしい効用と効果を体験することができます。

 

1)持病のある方

 

ビダリスタの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

 

・狭心症
・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
・血管系疾患(冠動脈異常)
・動脈異常
・高血圧
・低血圧
・網膜色素変性症
・重い肝機能障害
・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

 

硝酸剤を服用の方はビダリスタを服用すると血圧をさらに降下させて危険ですので服用を避けてください。

 

過去に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患ったことがある方は回復してからの経過年月、そして現在の体調によりビダリスタを服用することができるかどうか判断する必要があるために医師に相談する必要があります。

バイアグラとレビトラも上記の症状をお持ちの方は服用することが不可能或いは難しいので医師に相談する必要があります。

 

 

2)ビダリスタの併用禁忌薬

 

ビダリスタの服用注意点として、併用禁忌薬はニトログリセリンや一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬、ニプラノール点眼液などになっております。

 

硝酸剤の中にはスプレー、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬などたくさんの種類がありますので注意して確認してみる必要があります。

この他にもたくさんの併用禁忌薬があります。これらの医薬品を服用されている方は医師に確認するようにしましょう。

 

バイアグラとレビトラも上記の医薬品は共通して併用禁忌薬となっております。

 

 

3)ビダリスタの併用注意薬

 

ビダリスタの服用注意点として、以下の医薬品を服用している場合にビダリスタを服用することができますが注意が必要ですので医師に相談されるとよいでしょう。

・高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬
アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等のα遮断薬

 

・降圧剤 
アムロジピン、エナラプリル、カンデサルタン、ノルバスク、メトプロロール等

 

CYP3A誘導剤
フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシン等

 

CYP3A4阻害剤
イトラコナゾール、クラリスロマイシン、ケトコナゾール、テラプレビル等

 

・急性心不全治療剤
カルペリチド等

 

これらの併用注意薬はバイアグラとレビトラも共通しています。

 

 

 

4)グレープフルーツとそのジュースは避ける

 

ビダリスタと食べ合わせの注意点の中で重要なことはグレープフルーツを一緒に食べないということです。

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がシアリスの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでビダリスタを服用中でも食べることは可能です。

バイアグラとレビトラを服用する時もグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べることは避ける必要があります。


保管方法

  • 高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。
  • 子供やペットなどの手の届かない場所に保管してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“ビダリスタ チュワブル” の口コミを投稿します