商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

タスティリア (Tastylia)


¥2,190

タスティリアは、シアリスのジェネリック医薬品です。

シアリスのジェネリック医薬品としては珍しいODフィルムタイプのジェネリック医薬品です。

シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれ、現在発売されている3種類のED治療薬の中で最も新しく開発され、最も副作用が少なく、最も長い効果持続時間を誇る成分です。

持続時間が36時間と長くタイミングを気にする必要がないという理由から、海外では「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

1錠あたりの最低価格: 166円(20mg / 30錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 20mg 30 156 円 ¥4,680
20mg 20 199 円 ¥3,980
20mg 10 249 円 ¥2,490
10mg 30 140 円 ¥4,190
10mg 20 185 円 ¥3,690
10mg 10 219 円 ¥2,190
説明
レビュー (0)

1. タスティリアとは?

用量:1シート20mg(1箱 10枚入り)
製薬会社:ヒーリング・ファーマ(Healing Pharma)
錠剤形態:ODフィルムタイプ(水なしで飲める舌上で溶かすフィルムタイプ)
有効成分:タダラフィル
効果持続時間:36時間

タスティリアは、舌の上で溶かして服用するタイプのシアリス・ジェネリック医薬品です。OD錠とは口腔内崩壊錠という意味であり、水なしで服用することができるタイプの医薬品です。タスティリアの有効成分はシアリスと同じタダラフィルであり、用量は20mg含まれています。
バイアグラにはODフィルムタイプが販売されており、水なしでも服用することができ、どのような状況でも服用することが可能になった携帯性の高さから注目を集めました。出かける時にポケットやお財布の中にそっと忍ばせておくことができ、いつでも必要な時に服用することができます。
タスティリアはシアリスのジェネリック医薬品としては珍しいODフィルムタイプなので、知る人ぞ知る便利で効果的なED治療薬として人気を呼んでいます。

 

2. タスティリアの服用方法

ODフィルムを舌の上に置いて、それを数秒間舌の上において溶かして服用します。
それはより速い効果を得たい時には舌下にODシートを保持し、口の中の粘膜から速やかに吸収させることで、速効性を高めることができます。
有効成分は直ちに口腔粘膜経路で血流に入ります。およそ10分ほどで効果を感じ始めることができ、15分後には完全な効果を感じることができます。
錠剤の場合は1時間ほど前に服用することが望ましいとされているので、シアリスの長時間の持続時間と速効性の両方を求める方に推奨することができるED治療薬です。
水を使う必要はありません。口の中が乾いている場合は、水を少し飲んでから口の中を湿らせると良いでしょう。

 

3. タスティリアの魅力

– ODフィルムタイプのため、服用してからおよそ10分ほどで効果を感じ始めることができる速効性があるED治療薬です。

– 20mgを服用するとおよそ36時間ほどの効果が持続することが臨床的に証明されています。 10mgを服用するとおよそ24ほどの効果持続時間を感じることができます。

– デュアルアクション:EDの効果的な治療を提供しながら、新鮮な香りを与え息を爽やかにするスッキリとした効果ももたらします。

– 速効性が必要な人、薬を飲みにくい人、携帯性の高さが必要ない人、水がない時にも服用する必要がある人、丸薬を服用することを嫌う男性に理想的なED治療薬です。

– 1シートは、財布やポケットの中に簡単に収まります。

– 10フィルムが入った1箱で販売されており、お財布にも優しい価格になっています。

– 実際にタスティリアを服用した方は高い評価を残しています。

 

4. 投薬量

タスティリアは必要に応じて服用することができます。

シアリスを日本の医療機関から処方を受ける際には用量が5mg、10mg、20mgとなっています。

20mgはほとんどの日本人男性には多めの用量となっています。日本人の平均的な体型の男性には、10mgを服用することが推奨されています。

長い効果時間が必要でなかったり、副作用が気になる方、もともと医師からシアリスの10mgの処方を受けている方は、ODフィルムを簡単に手で半分にちぎって服用することができます。ODフィルムタイプは袋から取り出したらすぐに服用する必要があるために、一度取り出したら保存することはできませんので、その点はご留意ください。

24時間以内に最大20mgのタスティリアを服用することができます。

前回の投与時から24時間が経過した場合に限り、もう1回の投与が可能です。タスティリアは食事の影響を受けにくいとされているED治療薬です。800カロリーまでの食事でしたら食後でも服用することができますが、最も効果的な服用のタイミングは空腹時になります。食事を伴う場合は、食前の30分ほど前に服用すると有効成分が体内で吸収された後なので食事をしても問題はありません。

 

5. タスティリアの副作用

タスティリアの服用注意点として副作用にどのような症状があるのか知っておくことは大事なことになります。
一番新しいED治療薬であるタスティリア(シアリス・ジェネリック)はバイアグラとレビトラに比べると最も副作用が少なく軽いとされています。
タスティリアの副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、動悸、目の充血、めまい、胸焼け、胃のむかつき、消化不良、下痢、関節痛、色覚異常などが挙げられます。
タスティリアの副作用として最もよく確認される副作用は頭痛、鼻づまり、消化不良です。

 

6. タスティリアを服用する際の注意点

タスティリアは数々の試験と検査をクリアしてその効用と安全性が認められたED治療薬ではありますが、服用する際には数々の注意点があります。
以下の注意点を守って服用すると、安全にタスティリアの素晴らしい効用と効果を体験することができます。

1)持病のある方

タスティリアの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

・狭心症
・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
・血管系疾患(冠動脈異常)
・動脈異常
・高血圧
・低血圧
・網膜色素変性症
・重い肝機能障害
・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

硝酸剤を服用の方はタスティリアを服用すると血圧をさらに降下させて危険ですので服用を避けてください。
過去に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患ったことがある方は回復してからの経過年月、そして現在の体調によりタスティリアを服用することができるかどうか判断する必要があるために医師に相談する必要があります。
バイアグラとレビトラも上記の症状をお持ちの方は服用することが不可能或いは難しいので医師に相談する必要があります。

2)タスティリアの併用禁忌薬

タスティリアの服用注意点として、併用禁忌薬はニトログリセリンや一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬、ニプラノール点眼液などになっております。
硝酸剤の中にはスプレー、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬などたくさんの種類がありますので注意して確認してみる必要があります。
この他にもたくさんの併用禁忌薬があります。これらの医薬品を服用されている方は医師に確認するようにしましょう。
バイアグラとレビトラも上記の医薬品は共通して併用禁忌薬となっております。

3)タスティリアの併用注意薬

タスティリアの服用注意点として、以下の医薬品を服用している場合にタスティリアを服用することができますが注意が必要ですので医師に相談されるとよいでしょう。

・高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等のα遮断薬

・降圧剤

アムロジピン、エナラプリル、カンデサルタン、ノルバスク、メトプロロール等

・CYP3A誘導剤

フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシン等

・CYP3A4阻害剤

イトラコナゾール、クラリスロマイシン、ケトコナゾール、テラプレビル等

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

これらの併用注意薬はバイアグラとレビトラも共通しています。

4)グレープフルーツとそのジュースは避ける

タスティリアと食べ合わせの注意点の中で重要なことはグレープフルーツを一緒に食べないということです。

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がシアリスの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでタスティリアを服用中でも食べることは可能です。

バイアグラとレビトラを服用する時もグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べることは避ける必要があります。

レビュー

レビューはまだありません。

”タスティリア (Tastylia)” の口コミを投稿します