商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

タダポックス(Tadapox)


¥3,780


タダポックス(Tadapox)は有効成分として、ED(勃起不全)に効果のあるタダラフィル(Tadalafil)、早漏に効果のあるダポキセチン(Dapoxetine)を含んでいます。そのため、1錠で2つの効果を得ることができる画期的なお薬です。

有効成分タダラフィルは、新薬シアリスに含まれている有効成分です。効果は個人にもよりますが、24時間から最大36時間まで維持することができます。有効成分ダポキセチンは効果が4〜5時間ほど持続します。

(ただぽっくす, Tadapokkusu, ただらふぃる, だぽきせちん)

通常購入オプション


通常購入オプション

容量 数量 価格 1錠あたり 数量
Tadalafil 20mg + Dapoxetine 60mg 30 ¥5,580 186 円
-
+
spinner
Tadalafil 20mg + Dapoxetine 60mg 20 ¥4,880 244 円
-
+
spinner
Tadalafil 20mg + Dapoxetine 60mg10 ¥3,780 378 円
-
+
spinner
Subscription header - PC
Subscription header - mobile

プラン

種類

料金

合計数(錠)

1錠あたり

ポイント数

まとめ買い3ヶ月プラン

10,990円

30錠x3ヶ月=90錠

122円

549

SOLD OUT

まとめ買い4ヶ月プラン

13,990円

30錠x4ヶ月=120錠

117円

699

SOLD OUT

まとめ買い6ヶ月プラン

17,990円

30錠x6ヶ月=180錠

100円

899

SOLD OUT

まとめ買い12ヶ月プラン

34,950円

30錠x12ヶ月=360錠

97円

1,747

SOLD OUT

勃起不全と早漏の治療薬、タダポックスとは?

有効成分 タダラフィル + ダポキセチン

タダポックス(Tadapox)はED(勃起不全)に効果があるタダラフィル20mg(Tadalafil)と、早漏に効果のあるダポキセチン60mg(Dapoxetine)を有効成分としている併用治療薬です。2つの有効成分が含まれているので、1錠でEDと早漏を改善することを可能にする医薬品です。

有効成分タダラフィルは、新薬シアリスに含まれている有効成分です。効果は個人にもよりますが、24時間から最大36時間まで維持することができます。有効成分ダポキセチンは効果が4〜5時間ほど持続します。

タダポックスは、シアリス(Cialis)と同じくタダラフィルを含有しているため、シアリスのジェネリック医薬品(generic drug)という位置づけになります。ジェネリック医薬品であるため、シアリスよりも安く購入することができるのが特徴です。場合によってはシアリスの半分以下の価格で購入することも可能です。

また、タダポックスと同じく、勃起不全と早漏の両方を治す方法として使用されているものにはスーパーPフォース(Super P force)があります。スーパーPフォースは、タダラフィルの代わりに、バイアグラ(Viagra)と同じ有効成分であるシルデナフィル(Sildenafil)を含有しています。バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬で、簡単にEDを治療できる方法として人気を集めています。

タダポックスを製造販売している製薬会社はセンチュリオン・ラボラトリーズ社です。

センチュリオン・ラボラトリーズ社は2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置き、アロパシー(逆症療法)薬、ED治療薬、消毒剤軟膏、抗菌薬および抗生物質、抗結核薬、心臓血管薬などの治療薬を製造販売しています。これに加え、漢方薬、精神医学薬、ベータラクタム抗生物質薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品、ビタミン、ミネラルおよびタンパク質製品、など幅広い薬品を製造販売しています。

ケニア、ナイジェリア、マリ、リベリア、ガーナ、モーリシャス、その他のアフリカ諸国などのアフリカの国々と、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、アフガニスタン、スリランカなどのアジアの国々、その他のラテンアメリカの国々に輸出販売しています。

タダポックスの効果

1)タダラフィルの効能

男性の体内では性的刺激を受けた際に、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という成分が分泌されます。このcGMPにはペニスの血管を拡張させ、勃起を促す働きがあります。

一方で、このcGMPを分解して勃起を抑える作用のある成分がPDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれるものです。

タダポックスの有効成分であるタダラフィルは、性的刺激を受けた際にペニスの血管が拡張しやすいように弛緩させると共に、PDE5の働きを阻害することで勃起状態を維持することをサポートします。

 

2)ダポキセチンの効能

ダポキセチンとは選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)に分類され、抗うつ薬として使用されているお薬です。

男性の射精は脳内のノルアドレナリンの数値が上昇することで起こります。そして、このノルアドレナリンの作用を抑制する伝達物質であるセロトニンの分泌量が少ないと、射精を抑えることができず早漏となってしまうことが指摘されています。

ダポキセチンにはセロトニンの吸収を抑える働きがあり、それによりノルアドレナリンの働きを阻害することができます。そして、タダポックスを実際に利用した人の口コミでは、射精までの時間を3〜4倍にまでのばすことできた、という声もあります。タダポックスは早漏の簡単な治し方として多くの男性に支持されています。

タダポックスの作用時間

タダラフィルの効果は、個人によって差がありますが、最大36時間ほど続きます。一方で、ダポキセチンの効果の持続時間は4~5時間ほどとなります。

そのため、勃起不全と早漏の両方の防止薬としての効果がみられるのは最大5時間となります。

タダポックスの飲み方

タダポックスは性行為の1時間前に服用してください。

タダポックスを1度服用したら次に服用するまでは24時間以上空ける必要があります。

また、タダポックスの有効成分であるタダラフィルは、脂分の多い食事の後に服用すると効果が薄れてしまいます。そのため、服用前に食事をする前は、食事の内容を800キロカロリー以内に抑え、あっさりしたものを食べるようにしましょう。

また、食事の後は2時間以上経過してから服用するようにしてください。

ダポキセチンは初めて服用した場合は効果が出にくく、長期に渡って継続して服用する必要があります。

ダポキセチンは65歳以上の男性に対しての有効性、安全性が研究されていません。そのため、65歳以上であれば服用を控えた方がいいでしょう。

タダポックスの購入方法 ~通販・個人輸入~

タダポックスは日本では流通していません。そのため、通販、個人輸入で購入をするのが一般的です。通販の場合は、Amazonや楽天では取り扱いがないため、オンライン薬局などのお薬専用の通販サイトを使用する必要があります。通販では多くのED治療薬が扱われているため、よく比較してから購入するのがおすすめです。

また、通販などを使用する場合は、タダポックスの偽物が混入しているリスクも考慮する必要があります。通販サイトなどを使用してタダポックスを購入する際は、サイトの評判などを確認し、信頼できるサイトを選ぶようにするといいでしょう。

タダポックスの副作用

タダポックスを服用した場合、吐き気、鼻づまり、腹痛、頭痛、動悸、ほてり、めまいなどの副作用を発症することがあります。しかし、これらの症状はお薬の効果と共に薄れていき、長時間続くことはほとんどありません。

ダポキセチンは体内のセロトニンの量を増やしますが、セロトニンには腸を活性化させる作用があります。そのため、過剰に動くことで下痢になってしまうことがあります。

 

心臓発作、突然の難聴、眼圧の上昇、聴力異常など重度の副作用があらわれることも稀にあります。その場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

また、体調を崩している際は通常よりも副作用が発症しやすくなります。身体の調子によってはタダポックスの服用を控えるようにしましょう。

タダポックスとアルコールとの併用

適度な量のアルコールの摂取はリラックス効果を得ることができるため、タダポックスとの相乗効果を得ることができます。しかし、過度にアルコールを摂取した場合、タダポックスの効果が半減する可能性があります。

また、アルコールを摂取すると副作用が出てしまう可能性があるため、なるべくタダポックスとアルコールとの併用は避けるようにしましょう。

タダポックスの使用上の注意

1) 禁忌症、持病のある方

下記の症状がある場合は、タダポックスを服用する前に医師に相談する必要があります。

・心臓の疾患(過去6ヶ月の心臓発作または生命を脅かす不規則な心拍、胸痛/狭心症、心不全など)

・腎臓病

・肝臓病

・高血圧または低血圧

・陰茎の疾患(ペイロニー病など)

・長期勃起の病歴

・鎌状赤血球貧血

・白血病

・多発性骨髄腫

・眼の疾患(色素性網膜炎、突然の視力低下、NAIONなど)

 

心臓病、高血圧、糖尿病、高コレステロール、または既存の眼の症状がある人は、タダラフィルの副作用として、視神経への血液供給が減ることによる視覚異常を起こす可能性があります。そのため、タダポックスを服用する前に医師に相談するようにしましょう。

 

2)併用禁忌薬と併用注意薬

タダポックスの併用禁忌薬の代表的なものには、リオシグアト(アデムパス)、ニトログリセリン、イソソルビドなどの狭心症の薬、アミル硝酸塩、アミル亜硝酸塩があげられます。

アルファ遮断薬(ドキサゾシン、タムスロシンなど)、硝酸薬と併用する場合、急激な血圧の低下により、めまい、失神、心臓発作、脳卒中を起こす恐れがあるので十分な注意が必要です。

 

その他、タダポックスとの併用を避けるべきお薬には以下のものがあります。

・イトラコナゾール、ケトコナゾールなどのアゾール抗真菌剤

・クラリスロマイシン、エリスロマイシンなどのマクロライド抗生物質

・リトナビル、サキナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤

・ブセプレビル、テラプレビルなどのC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤

・ミフェプリストン

・タダラフィルまたはその他のED治療薬、肺高血圧症治療薬(シルデナフィル、バルデナフィルなど)

 

3)アレルギーがある場合

タダポックスには、アレルギー反応やそれに関連した問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。そのため、アレルギーがある場合はタダポックスを服用する前に薬剤師に相談するようにしましょう。

 

4)グレープフルーツとの併用

グレープフルーツの中に含まれているフラノクマリン酸という成分には、タダラフィルを体内で排出させるのを抑える働きがあります。そのため、通常よりもタダラフィルが吸収されやすくなり、体内に蓄積される可能性があります。これにより、タダラフィルの摂取量が過量となり、副作用が出やすくなるとされています。

 

5)カフェインの摂取

タダポックスとカフェインを摂取すると、タダポックスの効果を弱めてしまう可能性があります。そのため、タダポックスを服用する場合は、濃いお茶やコーヒーの摂取は控えた方がいいとされています。

 

6)タダポックス服用後の入浴

タダポックス服用後に熱いお湯につかった場合、副作用の発症率が高まる可能性があります。これは、タダポックス服用後の血流が促進された状態で入浴することで、より体内にタダポックスが吸収されやすくなるためです。そのため、タダポックスを服用した後に入浴する場合は、お湯を温めの温度に設定する、もしくはシャワーを浴びるだけなどにしましょう。

タダポックスの保管場所

タダポックスは高温多湿の場所を避け、直射日光のあたらない涼しい場所で保管するようにしましょう。また、子供やペットの手の届かない場所に保管するようにしましょう。

レビュー

レビューはまだありません。

“タダポックス(Tadapox)” の口コミを投稿します