商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

センフォース


¥1,980

センフォースバイアグラのジェネリック医薬品として高品質でお手ごろ価格な商品としてとても人気の高い医薬品です。

センフォースにはバイアグラと同じこちらの錠剤タイプの他、キャンディーのように噛んで服用することができるセンフォース ソフト100舌下錠タイプセンフォース プロフェッショナルとして3種類が展開しています。

センフォースのタブレット(錠剤)タイプは用量が25mg、50mg、100mg、150mgと4種類が展開しているので、ピルカッターを利用せずに自分の体質に合った用量を選びたいという方にはおすすめのED治療薬です。

1錠あたりの最低価格: 156円(150mg / 30錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 150mg 30 159 円 ¥4,780
150mg 10 198 円 ¥1,980
100mg 30 156 円 ¥4,680
100mg 10 198 円 ¥1,980
50mg 30 156 円 ¥4,680
50mg 10 198 円 ¥1,980
25mg 30 156 円 ¥4,680
25mg 10 198 円 ¥1,980
説明
レビュー (0)

主要有効成分:シルデナフィルクエン酸塩の働き

1. センフォースとは?

製薬会社:センチュリオン・ラボラトリーズ社(Centurion Laboratories)
有効成分:シルデナフィル
効果持続時間:24時間〜36時間
用量:25mg、50mg、100mg、150mg
錠剤形態:タブレット(錠剤)

センフォースはバイアグラのジェネリック医薬品として高品質でお手ごろ価格な商品としてとても人気の高い医薬品です。

センフォースの魅力は豊富な服用タイプと用量の種類、お手ごろな価格にあります。

センフォースにはバイアグラと同じこちらの錠剤タイプの他、キャンディーのように噛んで服用することができるセンフォース ソフト100、舌下錠タイプのセンフォース プロフェッショナルとして3種類が展開しています。

センフォースのこちらのタブレット(錠剤)タイプは用量が25mg、50mg、100mg、150mgと4種類が展開しています。高用量のバイアグラ・ジェネリックをお求めの方や、ピルカッターを利用せずに自分の体質に合った用量を選びたいという方にはお好みの用量を選ぶことができるのでおすすめのED治療薬です。
バイアグラは有効成分シルデナフィルを含む世界で初めて開発発売されたED治療薬です。ED治療薬とはED(イーディー)と略して呼ばれ、英語ではErectile Dysfunctionという男性の勃起不全の症状を治療するために開発された医薬品です。ED治療薬はPDE-5阻害薬とも呼ばれ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持させることを可能にします。また、ペニスの筋肉をリラックスさせることで血流を促進させ強く硬い勃起をすることをサポートします。
センフォースにはバイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが含まれているバイアグラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは新薬が開発販売され特許期間が切れた後に、新薬と同じ効用・有効成分を持ち安全性が公的機関から確認された後発医薬品のことを表します。ジェネリック医薬品の名前の由来は英語のGeneric(一般的な)という意味の言葉から名付けられました。ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分を含有する必要があるという規定があり、有効性や安全性、効能と効果、用法や使用上の注意も同じ医薬品です。公的機関の厳しい検査と試験にクリアしていないとジェネリック医薬品は認可されないために、私たちは安心してジェネリック医薬品を服用することができます。
ジェネリック医薬品の特徴としては新薬に比べて安価なことと、飲みやすく味や形体などが工夫されている点が挙げられます。新薬の開発には9〜17年という歳月とおよそ百億円以上の多額な費用が費やされているので、価格も高く設定されています。ジェネリック医薬品の価格が安価に抑えられている理由は新薬の販売開始後20〜25年経過して特許が切れた後に比較的短い3〜4年程の開発期間でおよそ1億円程の費用で開発されるために可能になっています。バイアグラの特許が2014年5月に切れたために、たくさんの製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を開発販売し始めました。

 

2. センフォースの効果

男性の身体は性的刺激が生じると、陰茎の勃起組織の神経系によって一酸化窒素が放出されます。一酸化窒素は、メッセンジャーとしての役割を担い、サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)を産生する酵素を刺激します。サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)は、動脈および勃起組織が血液で満たされるように、陰茎の動脈を拡張させます。海綿体と呼ばれる陰茎にある海綿体組織の2つの円柱形の部屋の筋肉はリラックスして血液を流入させ、勃起を引き起こします。センフォースに含まれている有効成分シルデナフィルを服用すると、血管の壁が弛緩し、勃起の原因となる陰茎の組織に血液が流入されやすくなるのです。
シルデナフィルはサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)を分解させる体内で生成される酵素であるホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害するので、勃起を持続させることができるようにサポートします。

 

3. センフォースの製薬会社

センフォースを製造販売している製薬会社はセンチュリオン・ラボラトリーズ社です。
センチュリオン・ラボラトリーズ社は2006年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置き、アロパシー(逆症療法)薬、ED治療薬、消毒剤軟膏、抗菌薬および抗生物質、抗結核薬、心臓血管薬などの治療薬を製造販売しています。これに加え、漢方薬、精神医学薬、ベータラクタム抗生物質薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品、ビタミン、ミネラルおよびタンパク質製品、など幅広い薬品を製造販売しています。
ケニア、ナイジェリア、マリ、リベリア、ガーナ、モーリシャス、その他のアフリカ諸国などのアフリカの国々と、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、アフガニスタン、スリランカなどのアジアの国々、その他のラテンアメリカの国々に輸出販売しています。

 

4. 服用方法

1) 服用のタイミング

センフォースはバイアグラと同様、食事の影響を受けやすいED治療薬です。
空腹の時に服用することがすすめられています。
性行為の1時間前に服用すると最も効果的な作用を感じることができます。
勃起の持続時間は4時間から6時間ほどです。
食前に服用する際には最低でも30分前に服用するようにしましょう。センフォースが一度胃腸をとおして体内に吸収されるとその後に食事をされても大きな影響を与えることはありません。
食後の場合は最低でも3時間ほど後に服用すると良いでしょう。
センフォースを服用する際に食事をする必要があればできるだけ油分の少ないあっさりとした食事を腹七分目くらいに食べる程度に抑えるようにしましょう。

2) 服用量

センフォースの錠剤タイプは25mg、50mg、100mg、150mgと4種類が展開しています。
日本の医療機関で処方が認められているバイアグラの用量は25mg、50mgになります。バイアグラのジェネリック医薬品を初めて服用する際には少用量である25mgからまずは服用することが推奨されています。少用量から服用してみて、体の反応を見てから徐々に用量を増やしていくと良いでしょう。少用量で十分効果を感じることができたら、用量を増やさないでください。
100mg、150mgを購入する際には必ず半分か4分の1にピルカッターなどを利用してカットしてから服用するようにしてください。
適量よりも多い用量を服用すると、副作用が強く出るおそれがあるので量を増やして服用することは避けてください。
自分の体に合った適量を知るために、医師に相談することをおすすめします。
センフォースを服用する際にはコップ一杯以上の多めの水と共に服用すると良いでしょう。

 

5. センフォースの副作用

センフォースの副作用はバイアグラのジェネリック医薬品というだけあってバイアグラとほぼ同じです。

センフォースの副作用としては顔のほてり、鼻づまり、頭痛、目の充血、腹痛、めまい、吐き気、急な血圧の変化などの症状が出る場合があります。

副作用としての顔のほてりは飲酒をした時に体が熱くなり顔が赤くなった状態と似たようになります。風邪をひいた時のように鼻づまりになってしまったり、頭痛を感じる人が多いようです。通常用法と用量と注意点を守って服用すれば副作用が重くなるようなことはなく、軽度の副作用を感じる程度の方がほとんどです。

副作用を感じた場合には性行為をすることは断念し、薬剤の効力が切れるまで安静にしている必要があります。頭部や顔を冷やすなどすると副作用の症状を改善することができます。

通常の場合3〜6時間後には効力が切れるので、薬の効果が切れると共に次第に副作用も解消されることがほとんどです。薬の効力が切れる時間以降にも副作用を感じるようでありましたら医師に診療を受けることをおすすめします。

 

6. センフォースを服用する際の注意点

センフォースは世界の男性たちの間で服用されているバイアグラのジェネリック医薬品です。決められた用量と用法を守って服用すれば安全に勃起力を高めることができるED治療薬です。
センフォースは医薬品ですので服用する際には守るべき数々の注意点があります。以下の項目にセンフォースを服用する際の注意点をまとめてみましたのでよく読んで服用の際の参考にしてみてください。

 

1)持病のある方

以下の中の項目に持病がある方は服用を避けて、医師に相談してください

  • 狭心症
  • 心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
  • 血管系疾患(冠動脈異常)
  • 動脈異常
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 網膜色素変性症
  • 肝機能障害
  • 過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

上記の病気の症状を過去に経験したことがあるという方も服用前に医師へ相談されることをおすすめします。

2)併用禁忌薬

センフォースの併用禁忌薬はニトログリセリンや硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠などの抗不整脈薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬です。
その他、HIV感染症薬や抗菌薬を服用している方もセンフォースの服用を避ける必要があります。
心臓病や狭心症への薬を常用されている方は特に注意して服用を避けてください。
センフォースの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩は血管を拡張させ血流の流れを促進し勃起力を高める効果があります。シルデナフィルクエン酸塩は血圧を下げる作用をするので持病で高血圧、心臓病、狭心症などの症状を持ち、血圧を下げる薬を服用している方は、センフォースなどのED治療薬を服用すると血圧が更に下がってしまうので危険な状態になることに繋がってしまいます。

3)センフォースの併用注意薬

センフォースの併用注意薬は使用上の注意点を知り用法と用量を守ると併用することが可能な医薬品です。併用の際には注意する必要があるので医師または薬剤師へ相談することをおすすめします。

  • 高血圧症への降圧剤
  • 心不全治療薬
  • 陰茎組織治療薬

4)グレープフルーツなどの柑橘系の食べ物とジュースを避ける

センフォースの食べ合わせの注意点として、グレープフルーツなどの柑橘系の食べ物とジュースと一緒に服用することを避けることが挙げられます。
グレープフルーツとそのジュースに含まれるフラノクマリン酸という成分はセンフォースの有効成分であるシルディナフィルが体内で次第に分解されることを助ける代謝酵素の働きを阻害してしまいます。そのため、シルディナフィルがより体内に吸収されやすくなり、また体内で分解されにくくなるので副作用がより強くでることに繋がります。
血圧が急に下がってしまう副作用に繋がることもあります。
グレープフルーツは他のED治療薬を服用する時にも避けた方が良い食べ物の内の一つです。同じ柑橘系の果物の中でレモンはフラノクマリン酸を含んでいませんのでセンフォースを服用中に食べても大丈夫です。

5)センフォースを服用してお風呂につからない

センフォースを服用すると有効成分であるシルディナフィルの働きで血管が拡張され血流の流れが促進される状態になります。この状態でお風呂につかったてしまうと副作用の症状が高まる恐れがあります。センフォースを服用してから熱いお風呂にはつからないようにしましょう。

6)お酒は少量かできるだけ控えるようにする

センフォースを服用する際はお酒をできるだけ控えた方が良いでしょう。
他のED治療薬と同様、性行為の前に緊張してしまうなどという方は少量を飲んでリラックスすると良い効果に繋がるようです。
しかし、たくさんのお酒を飲んでしまうと効果が薄れてしまうばかりか、強い副作用が出てしまう恐れがありますので避けましょう。
たくさんのお酒を飲んだ後に服用しても副作用が強く出る可能性がありますのでお酒を飲んだ後の服用は避けましょう。

7)濃いお茶やコーヒーは効果を弱めてしまうので控える

センフォースはカフェインを含む濃いお茶やコーヒーと一緒に飲むとED治療薬の効果を弱めてしまいますので控えた方が良いでしょう。

8)保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。
子供やペットなどの手の届かない場所に保管してください。

レビュー

レビューはまだありません。

”センフォース” の口コミを投稿します