在庫状況 : 在庫あり
アレグラ 180mg 箱 アレグラ 箱とタブレット
アレグラ 180mg 箱
アレグラ 箱とタブレット
商品コード: 該当なし カテゴリー:

アレグラ (Allegra)

¥1,790

アレグラは、サノフィ社が開発したアレルギー鼻炎(花粉症)の医薬品です。
花粉症だけでなく、蕁麻疹や皮膚炎の治療にも効果的です。

1錠あたりの最低価格: 153円(120mg / 30錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 180 mg 30 136 円 ¥4,090
180 mg 20 140 円 ¥2,790
180 mg 10 199 円 ¥1,990
120 mg 30 130 円 ¥3,890
120 mg 20 130 円 ¥2,590
120 mg 10 179 円 ¥1,790
説明
レビュー (1)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

アレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)

アレグラは、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎やじんましんなどのアレルギー症状への治療に使用される治療薬です。作用時間が長く、副作用が少ないため、高い集中力と反射神経が要求される作業を行う方も使用できます。フランスの大手製薬会社であるサノフィ(Sanofi)が製造販売している第2世代の抗ヒスタミン剤です。日本では2000年に厚生労働省の承認を得て販売されるようになりました[1], [2]

お薬を服用する際の有効性と安全性

有効成分フェキソフェナジンは、以下のようなアレルギー症状に効果をもたらします。

  • くしゃみ・鼻づまり・かゆみ・涙・目の発赤を伴うアレルギー性鼻炎
  • 花粉症(季節性アレルギー)、花・木・鉢植えなどの花粉へのアレルギー
  • 食品・ハウスダストのアレルギー性じんましん、ラテックス・化粧品・香水などからの接触皮膚炎

このお薬は、アレルギー性疾患の初期症状がある場合は、7歳から12歳までの子供にも使用が許可されています。その場合は、小児用の1日2回30mgの用量で摂取されます。

1日1回服用することでアレルギー症状を90%の効果で改善させることができます。臨床試験では、副作用の発現率は1%未満であり、禁忌の数が少なく、安全性は良好であることが示されています[3]

投与方法、用量、治療期間、適応症などの詳細は医師に相談してください。処方箋に沿ってお薬を服用する必要があります。

アレグラを低価格で購入する方法

アレグラを低価格で購入するためには、個人輸入代行サービスのネット通販で注文する方法があります。花粉症治療薬のアレグラの値段は、税金や薬局の手数料を除いて、メーカーが提供している価格と同じになります。

アレグラを安く買うために、病院や薬局に行く必要もありません。

個人輸入代行サービスのネット通販 を利用するとアレグラが安い価格で入手できるので、治療費を節約できます。日本の薬局の店舗でアレグラの先発薬を購入すると、価格が高くなります。ご注文いただいたお薬は、追跡番号付きの宅配サービスで個人のご自宅の住所まで配送されます。

アレグラの薬価

お薬の価格は1箱あたりに入っている錠剤の数、仲介業者の数とそのマージンによって決まります。通常の薬局は実店舗を維持するための経費やスタッフの給与などがかかるので、さらに価格が上がってしまいます。アレグラの最終的な価格は、日本国内で医薬品の個人輸入代行を行っている業者のネット通販で購入することで、お得に購入できます。

重要なポイント:
インターネットを利用した医薬品の購入には、偽造薬が送られてくるリスクが伴います。それを避けるためにも、医薬品の個人輸入は、実績のある信頼できる業者のみを利用するようにしましょう。医薬品マーケットでのお薬の価格が最安の価格であるということは、そのお薬が偽物であるリスクがある可能性があります。

アレルギー治療薬の価格と品質の比較

フェキソフェナジンを主成分とするアレグラ などの医薬品は、他のアレルギー治療薬と比較して何が異なるのでしょうか?以下の基準を用いて、様々なお薬を比較してみましょう。

  • 有効性と作用時間
  • 禁忌と副作用
  • 薬の価格

主なアレルギー治療薬の上記の指標を比較してみると、アレグラが最も薬価が安く、一方で高い効果と作用時間をもたらすことがわかります。アレグラの値段はお薬の効果に十分に見合っていることがわかります。当店では、アレグラの正規品を業界最安値で提供しています。

アレルギー治療薬の価格と有効性の比較

アレグラの個人輸入

個人輸入で海外からお薬を購入する際には、日本の厚生労働省が定めた規定を遵守して注文する必要があります。安全のためにも、医師に相談して処方された通りに使用するようにしてください[4]

アレグラの個人輸入は、医師の診察にかかるお金と時間を節約でき、花粉症治療薬の正規品を安い価格で購入することができるので便利です。

個人輸入代行サービス

当店は、メーカーからライセンスを取得した現地のサプライヤーとのみ提携して薬剤を購入しています。個人輸入代行サービスのネット通販は医師の診察や処方箋の費用を支払う必要なく、治療に必要なお薬を最安の価格で購入することができる便利な方法です。

お薬を通販で購入するための詳細

お薬の個人輸入代行サービスのネット通販サイトでアレグラの数量を選択して注文し、お薬の代金を支払えば、注文のプロセスは完了です。お客様の注文情報は、現地の医薬品サプライヤーに送られ、指定されたご住所にお薬が発送されます。商品が発送されますと、追跡番号がメールにて知らされるので、荷物がどこにあるかを確認することができます。

当店が提携している海外のサプライヤーが直接アレグラを発送してくれるので、費用対効果が高く、価格には仲介薬局の手数料なしでアレグラの費用のみが含まれています。

お薬を通販で注文する際に注意するべき点は、お客様個人の住所を記入することです。法人・会社の住所を記入すると、商用とみなされ、税関でストップされてしまう場合があります。

処方箋なしでアレグラを購入する際の注意点

経口薬のアレグラは、フェキソフェナジンが60mg、120mg、180mgの用量の3種類で販売されています。投与量の異なるお薬では価格が異なって提供されています。錠剤は楕円形で両側に膨らみのある、淡いピンク色の錠剤です。片面には有効成分の投与量、もう片面には筆記体で「E」の文字が刻印されています[3]。 日本国内の調剤薬局で処方されている30mgの錠剤は丸型の錠剤です。

日本では、通常成人は60mgを1日2回服用するように指示されています。

フェキソフェナジンを主成分にした薬剤は、強壮剤、前駆物質、向精神薬のグループには属していません[2]。そのため、アレグラは市販薬として入手することができます。市販薬を購入する場合も、それぞれの症状に応じた適切な用量を確かめるために、一度は必ず医師の診察を受けお薬の処方箋をもらうようにしてください。

アレグラのジェネリック医薬品

アレグラは、製薬会社サノフィが特許を取得したお薬ですが、現在では特許が満了しているためジェネリック医薬品も販売されています。インド、イギリス、アメリカで製造されているギファスト(Gifast)、アレルフェクス(Allerfeks)、テルファディン(Telfadin)、テルファスト(Telfast)、フェクサディン(Feksadin)は全てアレグラのジェネリック医薬品です。

アレグラを購入する際には、錠剤の刻印や有効成分の用量に注意して服用するようにしてください。

ジェネリックの方が価格は安く設定されています。用法用量をよく読んで医師に相談してから服用するようにしましょう。お薬の住み過ぎは健康に悪影響を及ぼすおそれがあります。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

アレグラ (Allegra) に関する 1 件のレビュー

  1. jayanara

    コロナ禍で病院に行けないのでこちらで購入しました。迅速な対応で思ったよりも早く届きました。国内処方の60mgに合わせるためにピルカッターで切る必要はありますが、効果は処方されるアレグラと同じです。おかげさまで無事にこのシーズンを乗り切っています。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。