商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

レビトラ


¥7,980

ドイツのバイエル社が開発した勃起不全(ED)の治療薬です。

即効性が高く、副作用が少ない特徴があり人気があります。

勃起力は強いが副作用も強いバイアグラ、持続時間は長いけれど勃起力が弱いシアリスと比較しても勃起力、持続時間ともに中間程度でバランスが良いため、初めての方に最も好まれます。

吸収率が速いため、食事の影響が受けにくいというメリットもあります。

1錠あたりの最低価格: 1,314円(20mg / 28錠)

2

生産国 : トルコ

出荷国 : トルコ

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 20mg 28 1314 円 ¥36,790
20mg 24 1400 円 ¥33,600
20mg 20 1600 円 ¥32,000
20mg 16 1665 円 ¥26,640
20mg 12 1665 円 ¥19,980
20mg 8 1710 円 ¥13,680
20mg 4 1995 円 ¥7,980
説明
レビュー (0)

主要有効成分:バルデナフィル塩酸塩水和物の働き

 

1. レビトラとは?

レビトラはバルデナフィル(Vardenafil)という有効成分を含むED治療薬であり医薬品です。

ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、日本語では勃起不全を意味する言葉です。日本で正式に認可が下りているED治療薬の新薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になります。レビトラはバイアグラの次に販売されるようになったED治療薬です。

レビトラとバイアグラ、シアリスは共にPDE-5阻害薬と呼ばれ、勃起の状態を維持することができなくする体内で生成される酵素あるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分により阻害することで、勃起の状態を維持することができるようにサポートするED治療薬です。ED治療薬は体内にある一酸化窒素の働きを促進させることで性器の筋肉をリラックスさせます。筋肉が緩むと勃起した時に流れ込むことができる血流の流れと量が増加します。このような作用からよりスムーズで強い勃起をすることができるようにサポートし、性行為をするために十分な長い勃起時間を維持することができるようにします。

レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品株式会社が製造販売し、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受け国際的に発売されるようになり、日本では2004年6月に厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。バイエル薬品株式会社は欧米では頭痛薬の代名詞のようになっているアスピリンを製造している大手製薬会社です。

 

2. レビトラの魅力

レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとても似ていることから、その効果と効用もよく似ています。レビトラはバイアグラより新しく開発されたED治療薬であることからバイアグラの短所を改良して発売されたED治療薬ということで知られています。

レビトラの一番の魅力は効果の速効性にあります。服用して最短では15分ほどで効果が表れることから、緊急のシチュエーションや思いがけずパートナーと性行為をするようなことになった時にも直前に服用することでED治療薬としての効果を感じることができます。

服用するタイミングとして最も適した時間は性行為の45分〜1時間前とされています。レビトラの速効性はレビトラの有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすい性質があるために起こる効果です。

レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいED治療薬だとされています。バイアグラは食事の後に服用すると効果が半減してしまうとされていて、食後に服用する際は少なくても1時間、できれば2時間以上空けて服用しないと満足な効果を感じることができない性質を持っています。

レビトラは食後最低30分ほど空けると服用することが可能だとされています。食事の内容はあっさりしたものを中心に700カロリーまでなら影響は少ないとされています。レビトラは食事の影響を受けにくく、速効性のあるED治療薬として発売当初に話題となりました。しかし、レビトラも最も効果を感じることができる服用のタイミングは空腹時になります。

食前に服用する際には少なくても30分前に服用すると有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので大きな問題には繋がりません。1時間ほど前に服用するとより良いでしょう。

レビトラはバイアグラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。一般的にED(勃起不全)の症状自体にお酒は悪影響を与えるので飲酒は控えた方が良いと言われています。レビトラとお酒の連関を研究した結果では、レビトラはお酒を一緒に服用しても健康に大きな影響を及ぼすことはなく安全だという調査結果が出ています。しかし、お酒を服用するとレビトラの有効成分が体内でより多く吸収されやすくなってしまうので副作用が強く出てしまう恐れがあります。お酒は気分をリラックスさせる効果があることから少量ですとED(勃起不全)に良い影響を与えると言われていますので、レビトラやバイアグラを服用する際にはお酒はごく少量に抑えるようにしましょう。

レビトラやバイアグラなどのED治療薬はタバコの影響を受けるとされています。タバコを吸うとED(勃起不全)に悪影響を与える他、レビトラの効果を弱めてしまう可能性がありますのでタバコを吸う方は医師に相談するようにしましょう。

バイアグラの効果持続時間は4時間ほどとされていますが、レビトラの効果持続時間は10mgは4時間ほど、20mgは8時間ほどとより長くなっています。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルに比べてレビトラの有効成分であるバルデナフィルは効果の強い成分ですのでバイアグラよりも少量で強い効果を身体にもたらすことができます。レビトラはバイアグラやシアリスと比較して勃起の強さと硬さは一番だといわれています。

レビトラを服用すると刺激に対して感覚が鈍感になるとされています。そのために早漏症の傾向がある方はレビトラを試してみることが勧められています。

 

3. 服用方法

レビトラは性行為の20分から1時間前に服用する必要があります。

レビトラの有効成分が最も効果を表すタイミングは服用してから約45分から1時間ほどだとされています。

レビトラの持続時間は10mgで3時間ほど、20mgで4時間ほどです。

レビトラは食事の影響を受けにくいといわれていますが、レビトラの効果を十分に感じるためには以下の注意点を守って服用する必要があります。

レビトラは空腹で飲むと最も効果的であり薬の効力が長く持続します。

レビトラはバイアグラと比べると食事の影響を受けにくいのであっさりとした食事でしたら食後30分以降から服用することができますが、食後2時間から3時間ほど時間を空けてレビトラを服用することがより良い選択になります。

食前にレビトラを服用する場合には食事をする少なくとも30分以上前に服用すると良いでしょう。一度レビトラが体内に吸収されると食事をしても大きな問題にはなりません。

レビトラはバイアグラに比べると食事の影響を受けにくいとされていますが、食事の中に含まれている油分は有効成分が体内に吸収されることの邪魔をします。レビトラを服用してから天ぷらや焼肉などの油分がたくさん含まれている食事やカロリーの高い食事をすることは避けましょう。また、食事をしてからすぐにレビトラを服用すると食事の中に含まれている成分との関係で、薬の効果がいつ表われるか予想が難しくなっています。性行為のタイミングに合わせて薬のピークの効果時間に合わせたいという方は空腹に服用すると良いでしょう。

レビトラはバイアグラやシアリスと同様、1錠服用してから次の1錠を服用するまでの間隔は24時間とされています。1日に数回性行為を行いたいからといって1日の間に1錠以上を服用することは避けましょう。このような場合には1錠で24時間から36時間までの効果をもたらすシアリスを服用することをおすすめします。

レビトラはコップ一杯以上の水かぬるま湯と一緒に服用すると一番良いとされていますが、お茶やジュースなどと飲んでも問題はないとされています。

しかし、濃い茶やコーヒーなどと服用することは効果を下げることにつながるので避けましょう。

 

4. レビトラの用量

レビトラを服用する際の注意点として、規定の用法と用量を守って服用することが大切になります。

レビトラは日本で正式に認可され処方を受けることができるお薬は5mg、10mg、20mgとなっております。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルよりも強い効果を身体にもたらします。

レビトラの20mgはバイアグラの100mgに匹敵する効果を持っています。

バイアグラは日本では25mg、50mgが正式に認可されている用量です。レビトラの有効成分であるバルデナフィルの強い効力からレビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も勃起効果が強いED治療薬だとされています。

レビトラは欧米ですと10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。日本ではレビトラは5mg、10mg、20mgのみが処方されているのを比較しても、日本の男性の平均的な体格や体質が欧米の男性の許容量とは異なることが見てとることができます。欧米でも一番初めに服用する時に勧められている用量は10mgとなっています。

日本のクリニックでは5mgを扱っていないところが多いようで、大抵10mg、20mgを処方します。

より強い効果を求めて自己判断をして医師から処方された以上の用量を個人輸入を通して購入して服用することは危険ですので避けてください。

 

5. レビトラの副作用

医薬品の中で副作用のない薬はないといわれています。同様にレビトラにも副作用があります。

レビトラはバイアグラの欠点と不便な点を改良するために開発された医薬品ですので副作用はバイアグラと比べると少なく軽いとされています。バイアグラを服用して副作用を感じる方は9割といわれています。一方レビトラを服用して副作用を感じる方は3割ほどとなっており、バイアグラで副作用を感じたという方もレビトラでは感じにくいことがありますので、レビトラを試してみることをおすすめします。

最も頻繁に表れる副作用としては頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。レビトラの副作用とバイアグラの副作用の症状は有効成分の化学構造式が類似しているために、その副作用も類似しています。バイアグラとレビトラを服用して両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。

このような副作用の症状は服用して数時間してからなくなることがほとんどです。薬の効用時間が切れると副作用も治ります。

レビトラを服用してから4時間以上経ってからも副作用が治らない場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

6. レビトラを服用する際の注意点

レビトラは決められた用法と用量、注意点を守って服用すれば安全に勃起不全を克服し、健全な性行為を楽しむことができるED治療薬です。

レビトラを服用するときは以下の注意点を良く読んで従い服用することをおすすめします。

 

1)持病のある方

レビトラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

  • 狭心症
  • 心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)
  • 血管系疾患(冠動脈異常)
  • 動脈異常
  • 不整脈
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 網膜色素変性症
  • 重い肝機能障害
  • 重い腎臓障害
  • HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方
  • QT延長症の方
  • 過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

この他にも心臓が弱く、医師に性行為自体を止められたり、控えるように指示を受けている方は服用を避ける必要があります。

上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に相談されることをおすすめします。

バイアグラも共通して上記の症状を患っている方は服用を避ける必要があります。

 

2)レビトラの併用禁忌薬

・硝酸薬

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞後遺症、心臓喘息の治療に使われるアイスラールやアイトロール、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド錠、ニコランジル、ニトログリセリン等

硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。

・抗真菌薬

水虫用の内服薬、カビなどにより感染症用の治療内服薬など

イコナゾンカプセル、イトラリールイトリゾール、イデノラート、ケトコナゾール(内服用)等

・HIV治療用の抗ウイルス薬

インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、テラビック、ノービア、フォートベイス、ブリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ等

・抗不整脈薬

アジマリン、アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン、ジソピラ、シベノール、ノルペース、ファンミル、リスピン、リスモダン、リゾラミド、硫酸キニジン等

・高血圧症治療薬

アダムパス錠等

この他にも併用禁忌薬がありますのせレビトラの併用禁忌薬を良く確認し、これらの医薬品を服用されている方は服用を避けるようにしましょう。

 

3)レビトラの併用注意薬

・高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等

・CYP3A4阻害剤(マクロライド系抗生物質)

アセチルスピラマイシン、エリスロシン、クラリス、ジスロマック、ジョサマイシン、ビカルタミド、ロイコマイシン等

・CYP3A4誘導剤(結核治療薬、抗てんかん薬)

アプテシン、アレビアチン、テグレトール、ヒダントール、フェノバール、リファジン等

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

レビュー

レビューはまだありません。

”レビトラ” の口コミを投稿します