☏ 0120-966-075午前10時 ~ 午後6時
ほしい物リスト (0)

Sildenafil

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

シルデナフィル

バイアグラの有効成分シルデナフィルとは?

シルデナフィルは90年代半ばにファイザー製薬の研究者たちにより開発された有効成分です。元々は狭心症を治療するために開発された成分ですが、臨床試験の過程で勃起力改善の副作用を報告した患者がいたことからED治療薬として開発されるようになりました。

シルデナフィルはPDE5阻害薬という医薬品のクラスに属し、1998年にバイアグラとして世界で初めてのED治療薬の発売が開始されました。このことは男性の性生活への健康に大きな革命を起こしました。

化学構造[1]

シルデナフィルの構造

日本では、この薬は1999年3月に25mgと50mgの用量で承認され、販売が開始されました。

2016年にはファイザーが開発したシルデナフィルを含むバイアグラODフィルムタイプのED治療薬を購入することができるようになりました。

シルデナフィルの効果は?

日本ではシルデナフィルを配合した薬はED治療薬としての使用が承認されています。

ED(勃起不全)とは、満足することができる性交を行うために十分な勃起を得られない、または維持できない状態のことを指します[2]

EDの種類は以下の通りです。

  • 器質性ED
  • 心因性ED
  • 薬剤性ED
  • 複合型ED

シルデナフィルを含有したお薬は、糖尿病や前立腺肥大症の疾患を患う人を含め、あらゆるタイプのEDを治療するために役立ちます。

シルデナフィルのEDへの作用機序とは?

男性が性的に興奮すると体内では一酸化窒素が放出され、血中の環状グアノシン一リン酸(cGMP)の生成を増加させます。cGMPは骨盤内の平滑筋を弛緩させる血管拡張作用をもたらす化学物質です。cGMP濃度が高ければ高いほど、より多くの血液がペニスの海綿体組織を満たすため、ペニスは大きく硬く勃起します。

一方で、性交が終了すると、勃起を萎えさせるためにcGMPを阻害するホスホジエステラーゼ5型(PDE5)という酵素が分泌し、勃起が萎えて元の状態に戻ります。

EDの場合、PDE5の濃度が性交の最中にも高いため、満足した勃起が得られません。

バイアグラの有効成分シルデナフィルがPDE5の過剰な生成を阻害し、血液が陰茎に流入しやすいように作用します。PDE5の阻害によりcGMPが増加するのでより硬く太い勃起を得ることができるようになります。

それでは、次のセクションからは服用量に応じた効果開始時間と勃起薬の作用時間についてご説明します。

25 mg 50 mg
効果持続時間 4 時間 5〜6時間
効果が現れる時間 服用後60 分 服用後40〜60 分

PDE5阻害剤であるシルデナフィルと、食事とアルコールの併用は避けた方が良いでしょう。従って、空腹時に服用することがベストです。飲酒は副作用を避けるためにも控えることをおすすめします。

高い効能を実証する研究報告

各国の高齢のED患者を対象に、IIEF(International Index of Erectile Function:国際勃起機能指数)の質問票からいくつかの質問に回答してもらいました。効果を推定するために、2つの質問に限定して答えてもらいました:「どのくらいの頻度で性交に成功しましたか」と「性交後、どのくらいの時間勃起を維持できましたか」という2つの質問です。試験期間は4週間で、1を「全くなし」または「ほとんどなし」で、5を「毎回」または「ほぼ毎回」とし、1~5点で採点した。

  • 欧米での試験結果
基準 地域 治療前 治療後
プラセボ シルデナフィル配合ED治療薬
25mg 50mg
挿入の頻度 ヨーロッパ 2.20 2.17 3.18 3.65
アメリカ 1.98
勃起の維持 ヨーロッパ 1.83 1.96 2.99 3.40
アメリカ 1.58 2.20 3.15 3.51
     

  • 日本での試験結果

日本人を対象にした同様の研究の結果は、欧米の男性を対象とした研究結果よりも優れていました[3]

基準 地域 治療前 治療後
プラセボ シルデナフィル配合ED治療薬
25mg 50mg
挿入の頻度 日本 1.65 2.17 3.52 3.82
勃起の維持 日本 1.30 1.72 2.97 3.53

高齢の日本人男性における有効性

幅広い病因のEDを有する高齢の男性44名にシルデナフィル 25mgまたは50mgを投与しました。年齢は60~78歳の間です。平均観察期間は12.3ヵ月であり、初期段階の効果を国際勃起機能指数(第5版,IIEF5)[4]を用いて評価しました。

国際勃起機能スコア 70歳以下 70歳以上
治療前 9.5 8.2
治療後 17.0 21.0

スコアが17~21は軽度の機能障害を意味し、22以上は完全な回復を意味します。

このように、PDE5阻害薬のシルデナフィルは70歳以上の男性のEDにも有効であることが実証されています。

シルデナフィル配合のバイアグラを購入する方法

日本では、シルデナフィルを含有する先発医薬品やジェネリック医薬品は医師の処方箋でのみで購入することができます[5]

シルデナフィルとバイアグラを購入する

シルデナフィルとバイアグラを購入する

処方箋をもらって合法的にお薬を購入するには、まずED外来のあるクリニックを受診する必要があります。クリニックでお薬をもらう際のメリットとして、医師が診察した後、それぞれの患者に合った適切な用量を処方することができる点があります。現在服用しているお薬と相互作用がないかを確かめ、可能性のある禁忌をチェックしてくれます。
主なデメリットには、薬価が高いことが挙げられます。

一方で、より安くお薬を購入する方法として、海外からシルデナフィルの薬を個人輸入する方法があります。下の表は、東京のクリニックで提供しているバイアグラ50mg1錠あたりの価格と、シルデナフィルを通販で注文した場合の価格を比較したものです。

入手方法 費用内訳 値段
クリニック 診察料 + 検査料 + 処方箋料 +薬1錠 18,200 円
通販 薬1錠 + 配送料(無料になる場合もあります) 2,178円

このように、クリニックでバイアグラ1錠を購入する場合と、通販でSildenafilを注文する場合の費用の差は、8倍くらいの差になります。さらに、個人輸入で購入すれば、自宅の住所まで配送してもらうことができ時間を節約することができます。しかし、個人輸入を利用してシルデナフィルを注文には注意するべき点もあります。

シルデナフィルを通販で注文する場合

日本ではシルデナフィルの用量は25mgと50mgが認可されているので、100mgの用量や、最新のバイアグラジェネリックは海外からの個人輸入の通販でのみで購入することができます。

個人輸入のメリット 個人輸入のデメリット
安い値段で購入できる 個人輸入の悪徳業者にひっかかると、偽造薬を購入してしまうおそれがある
シルデナフィルの薬をネットがあればどこからでも購入できる 詐欺に遭う可能性がある
多種多様な先発医薬品とそのジェネリックが提供されている 薬に添付されている説明書が外国語である
お薬が指定された住所まで配送され、簡単に個人輸入できる 日本で承認されていない薬なので全てが自己責任となる
プライバシー保護のポリシーがしっかりしているので、誰にも知られずにお薬を購入できる
通販で注文する場合、支払い方法がいくつか選択できる

シルデナフィルを注文する際は、信頼できる個人輸入代行業者を調べて選ぶようにしてください。税関の規制や指示を遵守して営業している個人輸入代行が良いでしょう。海外医薬品の個人輸入は、同じ効果を得ながらシルデナフィルの薬の値段を安くするために選択できる良い方法です[6]

シルデナフィルの個人輸入

人気のシルデナフィルのジェネリック医薬品

この記事で紹介されているジェネリック医薬品はすべてインドで販売されている正規医薬品です。これらはシルデナフィルの特許満了後、厳格な品質管理の下で製造されたお薬であり、ブランド医薬品のバイアグラと同じ成分のシルデナフィルが含まれています。日本では販売されておらず、海外から輸入する方法でしか入手することができません。

スーパーPフォースとスーパーカマグラ

勃起薬とダポキセチン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬、SSRI)との併用治療薬です。このジェネリック医薬品は、勃起を促し、早漏を防止して性交を延長させることができます。

フィルデナスーパーアクティブ

この薬にはシルデナフィル100mgが含まれています。ゼラチンカプセルの剤形で作られているので、胃の中で素早く溶解し、投与後15分後に作用を実感することができます。重要なポイントとして、フィルデナはシルデナフィル配合の数ある薬の中でも最も安い値段で提供されていることです。

バイアグラとシルデナフィル配合のジェネリックの価格比較

シルデナフィルを個人輸入で購入できるネット通販での値段を比較してみました。購入金額のみの金額で、配送料は価格に含まれていません。

商品名 バイアグラ スーパー Pフォース スーパーカマグラ フィルデナスーパーアクティブ カマグラゴールド
1錠あたりの値段 1,638円 684円 537円 212円 481円

副作用

副作用は一過性のもので、効果がおさまると同時に自然に消失します。また、用量を減らすことで副作用を避けることができます。軽い副作用でしたら病院に行く必要はありません。

副作用 シルデナフィル 50 mg
ほてり 10.6%
頭痛 15%
鼻炎 0.64%
めまい 2.0%
胃痛、消化不良 1.28%
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています