在庫状況 : 在庫あり
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

パキシル (Paxil)


¥2,700

うつ病・うつ状態・パニック障害・強迫性障害・社会不安障害・外傷後ストレス障害など治療に利用される抗うつ剤です。
精神面のマイナスを緩和し、プラスに変える効果が期待できます。

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 40mg 56 129 円 ¥7,200
40mg 28 161 円 ¥4,500
20mg 56 87 円 ¥4,860
20mg 28 96 円 ¥2,700
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

パキシル

パキシルは、抑うつ状態、強迫性障害、 PTSD(外傷後ストレス)、うつ病、パニック障害を治療するための薬剤です。主な有効成分は、パロキセチンです。パキシルは米国での精神科診療でも使用されています[1]

パキシルを日本で購入する方法

パキシルは日本では2000年に承認された医薬品です。しかし、パキシルを購入するためには医師による処方箋が必要となります。また、日本の独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)では、海外で販売されているお薬の販売許可リストを徐々に緩和していますが、引き続き承認までに長い時間を要しています[2]。個人輸入代行サービスを利用すれば、パキシルが日本で市販されるのを待つ必要はなく、海外からお薬を通販で入手できます。

薬剤の作用機序

パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)[3]に属する抗うつ剤のお薬です。この薬剤の特徴は、有効成分パロキセチンの選択的な効能です。精神障害に苦しんでいる人の体内では、行動や感情規制を司っているセロトニンに障害が起きてしまっています。パロキセチンの効果は、正常にセロトニンを合成させることです。他の抗うつ剤とは異なり、パキシルは中枢神経系を刺激することも、うつ病症状の治療時における副作用である高血圧を引き起こすこともありません。お薬は副作用を最小限に抑えられています。

パキシルの通販と薬価

抗うつ薬のパキシルは通販で注文することができます。通販は日本でまだ販売登録されていないお薬を、海外から合法的に入手することができる便利な方法です。お薬を通販で注文すればパキシルの薬価を最大40%節約でき、処方箋も必要ありません。また、海外のサイトで独自にお薬を探す必要もありません。個人輸入代行業者が、海外の薬局とのやりとりを代行します。

抗うつ薬のパキシルを通販で注文すれば、匿名性を守ったまま入手できるという点も多くのお客様にとって重要なポイントです。パキシルは個人での使用を目的とした購入に限られますので、ご注意ください。パキシルを通販で注文する場合は、個人のメールアドレスと個人名を受取人として入力してください。

パキシルの薬価は、以下の表の通り、有効成分の用量と錠剤の数量によって決まります。通常のパキシル錠の用量は20mgもしくは40mgですが、医師の診断、患者の年齢、治療期間によって異なります。

有効成分の用量 錠剤の数量 1錠あたりの値段(円) 1箱あたりの薬価、(円)
40mg 56 129 円 ¥7,200
40mg 28 161 円 ¥4,500
20mg 56 87 円 ¥4,860
20mg 28 96 円 ¥2,700

パキシル錠の個人輸入

個人輸入代行業者は、海外でのお薬の購入をサポートしています。日本では抗うつ剤薬は処方箋なしでは購入できませんが、海外では処方箋なしでも購入できる市販のお薬もあります。その中には、パキシルやパキシルのジェネリック医薬品があります。

通販でパキシルを注文した後、個人輸入代行業者は海外の信頼できるお薬のサプライヤーに注文情報を伝え、パキシルを販売している海外の提携薬局は、個人の住所に商品を発送します。あとは、小包の配送状況を確認するための追跡番号を受け取り、通販で注文したパキシルの到着するのを待つのみです。

お薬の服用方法

抗うつ薬のパキシルを服用する前に、医師の診断を受けることをお勧めします。これは、年齢や診断に応じて用量が定められているためです。パキシルは、1日1回食後の服用をお勧めしていますが、パキシル錠の1日の用量は10mgから40mg[4]です。通常、治療はパキシル錠20mgから始まりますが、用量を増やしたり減らしたり調整することが可能です。最小用量(10mg)の場合、錠剤は半分に分割されています。

お薬はたっぷりの水で、噛まずに飲み込んでください。また、パキシルの離脱症状を避けるため、1週間ごとに用量を減らしていってください。

副作用と禁忌

パキシルの副作用で最も一般的なものは以下の通りです。

  • 吐き気
  • 眠気
  • めまい
  • 頭痛
  • 性機能障害
  • 便秘
  • 急にお薬を中断したときの禁断症状

このような症状やその他の副作用がある場合は、お薬の服用を中断し、医師に相談してください[5]

含有成分にアレルギーのある方は服用しないでください。パキシルの副作用のリスクよりもうつ病やパニック障害が重篤な場合、妊娠はパキシル服用の禁忌ではありません[6]

パキシルを増量しても期待通りの効果が得られない場合は、医師と相談して、別の抗うつ薬を選択してください。精神科の治療で効果のあるお薬の中では、ジェイゾロフトやレクサプロのジェネリック医薬品も人気があります。これらは不眠症や不安障害の治療においてはパキシルと似たような作用機序となりますが、別の有効成分が配合されています。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”パキシル (Paxil)” の口コミを投稿します