在庫状況 : 在庫あり
レクサプロ 箱 正面
レクサプロ 箱 正面
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

レクサプロ (Lexapro)

¥2,380

脳内に存在するセロトニンの再取り込みを選択的に阻害し、セロトニン濃度を上昇させ、神経伝達をスムーズにし、憂うつな気分を和らげ、不安などの症状を改善する効果があります。

2

生産国 :

出荷国 : インド

容量 数量 1錠あたり 価格 数量 20mg 28 92 円 ¥2,580
10mg 28 85 円 ¥2,380
説明
レビュー (1)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

レクサプロ

レクサプロは、幅広い精神疾患に使用される選択的セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)のうちの一つで、抗うつ剤として高い効果を示しています。お薬の主要有効成分はエスシタロプラムです。レクサプロはパニック障害や不安障害、運動障害やパニック発作を伴う、うつ症状の治療に使用されている他、アルコール依存症の方の飲酒欲求を低下させる錠剤としても使用されています。レクサプロはデンマークのルンドベック社が開発し米国ではForestラボラトリーズが特許を取得、日本では持田製薬が製造販売しています[1]

錠剤タイプのお薬で、用量は10mgと20㎎の二種類あります。先発医薬品の抗うつ剤、レクサプロは当店のオンライン薬局である個人輸入代行の通販を利用して購入することができます。通常の薬局で抗うつ剤を購入するには処方箋が必要となりますが、当店で購入する場合は必要ありません。同じSSRI薬であるレクサプロや、その他の医薬品を薬局で購入する場合は、処方箋が必要になります。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬の略称です。

レクサプロが効いた際の効果と作用機序

セロトニン(5-ヒドロキシトリプタミン)は、うつ病や不安症、パニック障害といった症状を緩和し、前向きな気持ちにさせる働きがあり、セロトニンの分泌量を増加させることで効果をもたらします。またレクサプロは服用中止した場合でも、離脱症状が少ない傾向にあります[2]

お薬の有効成分の作用機序は研究で報告されており [3] 選択的に脳内のセロトニンの再取り込みを阻害することで、細胞外のセロトニン濃度を上昇させます。また、神経伝達を緩和し、平衡感覚を正常に戻します。

レクサプロの個人輸入について

日本の薬局で抗うつ剤を購入する場合、医師による処方箋が必要となりますが、個人輸入代行サービスを利用すると、処方箋なしでもレクサプロを海外から通販で購入することができます。尚、この方法による抗うつ薬の購入は完全に合法です。詳細の仕組みについては、日本の税関のウェブサイトから確認することができます[4]

日本ではSSRI薬は一般的で、同じクラスに属する多くの薬が市販されています。しかし、需要が増大してきていることで、偽造薬の数も増えてきています。偽造薬に治療の効果はなく、むしろ症状を悪化させてしまう危険性があります。

当店は、抗うつ剤の販売が規約上認められており、合法的に販売されている国の中からサプライヤーを見つけており、かつ正式なライセンスを取得している企業とのみ、パートナー関係を結んでいます。そうすることで、偽造薬が混入するといった危険性を一切排除し、正規品のレクサプロ錠を確実にお届けできるようにしています。

レクサプロの値段

レクサプロの薬価は、その用量(mg)と一箱に含まれる錠数によって異なります。用量10㎎のレクサプロを28錠買う場合、1錠の値段は85円となります。個人輸入代行サービスを利用してお薬を購入すれば、薬価が安くなります。通販サイトの場合、実店舗維持の経費がかからないため、薬価にその費用が上乗せされません。またサプライヤーは製造元からプロモーション価格で直接購入しているため、安価での販売が可能となっています。言い換えれば、日本の薬局で販売されている同薬の価格が高額である理由には、経費、仲介料が加算されているためとも言えます。個人輸入サービスを利用する場合には、処方箋の取得は必要ではないため、病院の通院費用といった追加コストがかかることもありません。

通販を利用した抗うつ剤の購入方法

通販を利用した抗うつ剤レクサプロの注文はいたって簡単です。ご希望のお薬とその用量を選択し、カートに追加します。そして支払いを行えば完了です。錠剤が発送されると、追跡番号がお手元に届きます。

重要事項:

お薬を購入する際、必ず個人の住所を指定してください。会社の事業所といった、個人宅以外の場所を指定すると、税関で問題が発生する可能性があります。

抗うつ薬レクサプロの服用方法

レクサプロとそのジェネリック薬は、必ず指定の用法に従って服薬してください。うつや不安症、精神不安定の症状への治療期間と用量には個人差があります。服用開始前に必ず、医師に相談してください。このお薬の安全な服用量は、1日1回10mgであり、夕食後に服用することが推奨されています[5]。 症状の重症度や年齢に合わせて、お薬の服用量を調整することが可能です。1日20㎎を最大服用量とし、それを超えて服用しないでください[6]。お薬の治療効果は、服用開始後平均して3ヶ月後からあらわれます。お薬の服用方法と一箱に内包される錠数については、製品箱外に記載されています。

副作用と禁忌

エスシタロプラムは高い選択性を有するため、忍容性が高いとされています[7]

お薬への反応には個人差がありますが、中にはレクサプロ錠10㎎を服用することで、以下の副作用があらわれることがあります。

  • 吐き気、下痢
  • 眠気
  • 頭痛
  • 口渇
  • 全身倦怠感
  • 蕁麻疹、痒み
  • 射精障害[8]

もし上記の副作用の効果が現れたら、お薬の服用を止め、すぐに医師に相談してください。レクサプロ錠10㎎を過度に長期に渡って使用すると、無気力症候群を引き起こす可能性があります[9]。 レクサプロを処方した医師から寄せられた口コミによると、レクサプロ10mgを服用し始めてから、太ることがあったとの事例が報告されています[10]。 またレクサプロの服用後、不眠の症状が現れるといった報告も寄せられています。

禁忌:

  • 有効成分への過敏性反応、アレルギー
  • ラクトース不耐性
  • 18歳未満
  • 妊娠中、授乳中の方
  • MAO(モノアミン酸化酵素)阻害剤を投与中の方

セロトニン量を正常化する抗うつ薬の処方は、パニック発作や不安症状に悩んでいる患者の生活を改善し、生きやすくするために重要な方法となっています。しかし、お薬の成分への反応の仕方には個人差があり、錠剤を服用した後、副作用等のネガティブな反応が現れたり、効果がないと判断できる場合は、他のSSRI薬を試すことをおすすめします。レクサプロにはエスシタロプラム錠、ジェイゾロフトにはセルトラリン錠、パキシルにはパロキセチン錠といった、全く同じ有効成分を含むより安いジェネリック医薬品があります。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レクサプロ (Lexapro) に関する 1 件のレビュー

  1. さくら

    病院に行って処方してもらっていましたが、コロナ禍なので通販で購入することに。なかなかレプサプロが見つからなくて、やっと見つけて購入しました。病院でもらっていたものと同じ効果です。強迫性障害や社交不安障害、軽い鬱でなやんでいたらぜひおすすめしたいです。私は何年かそのせいで家にひきごもりがちでしたが、この薬を飲み始めてだいぶ楽になって社会復帰ができるようになっています。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。