在庫状況 : 在庫あり
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

ジェイゾロフト (Jay Zoloft)

¥3,690

健常者の精神安定効果も認められており、副作用が少ない特徴があるため、現在世界45カ国で利用されています。

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

容量 数量 1錠あたり 価格 数量 100mg 150 99 円 ¥14,790
100mg 120 105 円 ¥12,600
100mg 90 115 円 ¥10,350
100mg 60 138 円 ¥8,290
100mg 30 166 円 ¥4,980
50mg 150 53 円 ¥7,990
50mg 120 60 円 ¥7,180
50mg 90 65 円 ¥5,890
50mg 60 83 円 ¥4,950
50mg 30 123 円 ¥3,690
説明
レビュー (1)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

ゾロフト

ピル包装ジイイゾロフト

ゾロフトは多くの国々で正式に認可、販売されている抗うつ剤であり、アメリカの多国籍製薬会社のファイザー製薬が販売しています。日本ではジェイゾロフトの商品名で販売されており、2016年からジェネリック医薬品のセルトラリン錠も販売されています[1]。主要有効成分を塩酸セルトラリンとし、その他多くの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と同様に、ゾロフトもうつやパニック発作、強迫性障害、不眠症に伴うストレスといった病的な症状を、セロトニンを調整することで治療するお薬です。

日本の薬局に行くと、ジェイゾロフトのお薬を購入することができます。しかし非常に高額で、処方箋を取得していない方は購入することができません。こうした点が不便だと思われる場合は、通販サービスを利用して、海外からジェイゾロフトの海外版のお薬であるゾロフト(Zoloft)を購入する方法があります。ゾロフトは、ジェイゾロフトと同様の有効成分をもとに製造されており、上記の病気の原因や症状に対して同等に作用します。ジェイゾロフトのジェネリックはより安い値段で提供されています。

日本でのZoloftの購入方法について

抗うつ剤Zoloftは、多くの利用者に安全に作用する薬であること、副作用の発生頻度も相対的に低いことから、アメリカなどの40か国以上の国々で正式に販売され使用されています。しかし日本では、同じ先発医薬品でありながら、ゾロフトはジェイゾロフト錠という別の商品名で販売されています。ジェネリック医薬品はセルトラリン錠として販売されています。ゾロフトはうつ症状やパニック発作に対応するジェイゾロフトと同じ成分を同量含んでいます。

Zoloftは当店の海外パートナーから合法的に購入することができます。ジェイゾロフトをお探しの方は(Zoloftの錠剤 用量50㎎または100㎎)を当店のお薬の個人輸入代行サービス機能を使用すれば、簡単に購入し配送してもらうことができます。

ゾロフトの作用機序とこのお薬の効果

ジェイゾロフトの作用機序は次の通りです。お薬の働きにより、脳内に存在するセロトニン 、シナプスから分泌されるセロトニンの濃度を高め、その働きを刺激します。

セロトニンは気分や感情、精神の安定などの機能に影響を与える神経伝達物質です。さらにセロトニンは、脳、血液、腸や結合組織内に存在しており、健康で豊かな生活を送るために非常に重要な物質です。セロトニンは脳内で分泌されますが、ときにその生成量が不十分であると、うつや不眠症など、様々な症状を伴う精神病を引き起こすことがあります。

ジェイゾロフトの主要有効成分であるセルトラリンはうつ病や強迫性障害、パニックの症状、心的外傷後ストレス症候群、対人恐怖症、そしてその他の症状を伴う精神病の治療に使用されています[2]。 主な機能であるとは言えないものの、セルトラリンを含むジェイゾロフトの錠剤を頭痛や性的な病気の治療を目的として服用することも可能です。

ジェイゾロフトの薬に含まれる有効成分は、強力であるため、規定外の方法で服用すると、特に24歳以下の若い方では体調を崩したり、思わぬ形で副作用が発生したりする危険性があります[3], [4]

そのためセロトニン阻害薬を使用する前に、必ず医師に相談してください。治療の効果は服用開始後の作用を受け、2~4週間程度であらわれます。早ければ7日程度であらわれることもあります。

お薬の値段

抗うつ薬ジェイゾロフトのジェネリックの錠剤は、2016年から日本で販売されています。しかし、通販では海外からその錠剤を個人輸入することでしか、購入できません。薬価は先発医薬品であるジェイゾロフトに比べ安価ですが、いくつか注意事項があります。

  • ジェイゾロフトと同等のお薬ゾロフト(用量100mgと50mg)は個人輸入代行サービスを利用すれば海外から直接、処方箋なしで購入することができます。購入の度に、医療機関を訪れるコストも減らすこともできるでしょう。しかし最初に服用を開始する前に一度、専門の医師により、病気の症状の詳細な診断とセルトラリンの服用方法について相談してください。
  • 病院の診察料などを考えるとジェイゾロフトを薬局で購入するコストより、低く抑えることができます。海外製造だからといってうつ病のための錠剤の効果に影響することはありません。
  • お薬は直接当店の海外パートナーから購入されるため、実店舗の維持にかかる経費といった追加費用が必要になることはありません。

 通販を利用したお薬の購入にメリットがある理由

ジェイゾロフトの海外版であるゾロフトの通販は、うつ病のための抗うつ薬を手頃な価格で誰にでも購入できる便利な方法となります。個人輸入を代行する会社である当店は、仲介業者を挟まず、信頼できる海外のサプライヤーから直接抗うつ剤を購入しています。パートナー会社は直接製造元と取引しているため、錠剤に偽造薬が混入するといった危険性なく、全て正規の新薬とジェネリックを扱っています。価格にお薬本体にかかる費用以外は含まれていません。通販購入を利用すれば、ジェイゾロフトだけでなくその他の抗うつ剤も、パソコン1台で自宅の住所先まで、希望のお薬を配送してもらうことができます。お薬が発送されたら、ジェイゾロフトの配送状況を確認できる追跡番号が送られるので安心です。

 個人輸入を利用したお薬の注文方法について

抗うつ剤であるジェイゾロフト、パキシルレクサプロやその他のセロトニン再取り込み阻害作用を持つお薬は、個人輸入の通販を利用すれば合法的に処方箋なしで購入することができます。

ジェイゾロフトの薬価は手頃ですが、これだけが個人輸入を利用するメリットであります。個人輸入には次のようなメリットがあります。

  • 精神不安に効果のあるジェイゾロフトの錠剤を、個人輸入を利用して購入すると、直接お薬が販売されている海外の国までお客様ご自身が赴いて購入する必要がないため、お金と時間の大幅な節約になります。
  • 必要なのは、当店の通販サイトでジェイゾロフトの購入手続きをするだけです。サプライヤーとの交渉は代行機能を担う当店が行います。
  • 当店は販売ライセンスを保持した海外パートナーとのみ取引を行っており、輸入されるお薬は全て、臨床試験でその作用が証明されたものとなっています。そのため、本物のゾロフト(ジェイゾロフト)の錠剤を購入することができます[5]
  • 個人輸入を利用したお薬の購入は、配達物の内容が外部に記載されないので、プライバシーが守られた状態で購入できます。

お薬の服用方法

ストレス障害の治療に効果的なジェイゾロフトは、有効成分セルトラリンの用量が、25mg, 50mgそして100mgと、三種類ある錠剤です。

1日1回、朝または夜に飲みます。尚、毎回同じ時間にお薬を服用するようにしてください。うつや強迫性障害に悩んでいる方は、セルトラリンの用量が50mgのタイプから始めることをおすすめします。200日程服用を続けた後、1日1回100mgの服用に変更してください。パニック発作や心的外傷後ストレス障害、社会不安障害を抱えられている方は、ジェイゾロフト50mgを1日1回服用することから始めてください[6]。 服用する用量を変更する場合は、医師の指導を受けたうえで、変更回数は一週間に一回のみとしてください。特に子供や未成年の方がセルトラリンを服用する場合、用量については十分注意してください。

治療期間中は必ず、医師が診断の上、勧めた用量を厳守し薬剤を服用してください。治療期間中に、突然ジェイゾロフトの服用を中止してしまうと、パニック障害やその他気分が著しく不安定になる離脱症状を引き起こしかねません。薬の離脱症状は服用を中断した場合、あるいは服用量を減量させた場合に発生する生体反応で、患者の状態が悪化する恐れがあります。この症状が発生した場合、ご自身の判断で解決しようとせず、すぐに医療機関に相談してください。

セルトラリン:副作用と禁忌

セルトラリンを服用する前に、現在悩んでいる症状を医師に相談するし、使用している錠剤などの医薬品、ビタミン、サプリメント、ハーバル製品などを全て伝えるようにしてください。併用薬となる場合、組み合わせによってはセルトラリンの効き目が変わってくることがあります。また心臓発作の既往歴、高血圧、低ナトリウム症候群、肝臓の病気、心臓病、その他不安障害の症状を

妊娠あるいは、授乳中の方は、禁忌の対象となるため使用しないでください。妊娠後期の場合、ジェイゾロフトの錠剤の服用により、胎児が影響を受ける可能性があるため、医師は服用禁止とするでしょう。

アルコールがジェイゾロフトの効果を弱めてしまう可能性があるため、飲酒の安全性については医師に相談してください。

ジェイゾロフトの効果は、その他の錠剤と同様に、病気の症状に強く作用します。そのため、医師による治療が必要となる程の副作用を引き起こしてしまう可能性があります。ジェイゾロフトの主な副作用は以下の通りです。

  • 傾眠
  • 頭痛やめまい
  • 吐き気、嘔吐、消化不良、便秘、下痢
  • 食欲不振
  • ジェイゾロフトの影響により太る・痩せる
  • このお薬を過剰に摂取すると、セロトニン中毒(セロトニン症候群)を引き起こします。

上記に該当するジェイゾロフトの副作用が発生した場合は、必ず医師の診察を受けてください。

ジェイゾロフトの使用は、使用指示に記載されている、この他の副作用も含みます[7]

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

ジェイゾロフト (Jay Zoloft) に関する 1 件のレビュー

  1. るんるん

    病院に行かなくてもジェイゾロフトをネット通販で買えると知り購入してみました。自分は50mgがちょうどいいと思っているのでいいですが、25mgに減らしたいときには売ってないのでピルカッターで切って服用するしかないですね。ピルカッター使ってみましたが思ったよりも使いやすくて半分はそのまま容器付きのカッターの中に保存されるので次回はそこから飲むようにしています。病院に行く手間や診察料など考えたら、通販の方が良いです。薬も海外製ですが本物のようで安心しました。リピします。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。