在庫状況 : 在庫あり
ヘプシナットLP 箱と中身
ヘプシナットLP 箱と中身
商品コード: 該当なし カテゴリー: ,

ヘプシナットLP (Hepcinat LP)

¥87,800

ヘプシナットLP新世代のジェノタイプ1型の C型肝炎を治療するC型肝炎治療薬である「ハーボニー」のジェネリック医薬品です。ハーボニーには有効成分であるレジパスビル(Ledipasvir)90mgとソホスブビル(Sofosbuvir)400mgが配合されています。

ギリアド製薬の日本国内の第 3 相臨床試験の結果では12 週のレジパスビルとソホスブビルの配合錠による治療を受けた患者の100%が持続的ウイルス学的著効(SVR12)を達成したと報告がなされています。

ヘプシナットLPは高品質のジェネリック医薬品を製造することで定評のあるNatco製薬が製造販売しています。

1錠あたりの最低価格: 3,136円(28錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
数量 1錠あたり 価格 数量 28錠 3136 円 ¥87,800
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

ヘプシナットLP

ウイルス性の肝炎は世界でも感染者数が多く、公衆衛生上の重大な脅威とされています。WHOの推計では、日本人の1.6%がC型肝炎に罹患しており、肝臓がんの死亡を引き起こす70%の原因となる疾患であるとされています[1]。さらに、他の病気とは異なりC型肝炎の有病率は増加傾向にあります[2]。しかし、近年C型肝炎は不治の病ではなくなり、特効薬が開発されました。ソホスブビル(Sofosbuvir)を主成分にした直接作用型の抗ウイルス薬は、94%以上の患者を完治することができる画期的なお薬です[3]。これらの薬剤の一つがハーボニーやヘプシナットLPなどです。

肝炎による死亡率

ヘプシナットLPは日本でも購入できる?

このお薬は有効成分ソホスブビルとレジパスビルを含む配合錠であり、先発薬であるハーボニーのジェネリック医薬品です。ソホスブビルは2013年にギリアド・サイエンシズ社が製造開始したソバルディ錠に含まれている有効成分であり[4]、その後ソホスブビルにベルパタスビルやレジパスビルなどの成分を加えた配合錠が開発されました。

2014年から同社はジェネリックメーカーとの提携を進めて、より多くの人々へお薬を届けるためにシプラ社のヘプシビル、Natco 製薬のヴェルパナットヘプシナット、ヘプシナットLPなどのお薬が次々と開発されました。ヘプシナットLPは2つの有効成分を配合した配合錠でジェノタイプ1型のC型肝炎治療に主に使用されます。

せっかく開発された特効薬ですが、これらの錠剤の価格は驚くほどに高額であり、多くの患者がジェネリックを使用することを選択します。ジェネリック医薬品の服用はC型肝炎治療費用を大幅に削減することができるためWHOによって推奨されています[2]。ヘプシナットLPはハーボニーのジェネリック医薬品であり、日本では正式に承認されていませんが、個人輸入代行業者を通じて購入することができます。ヘプシナットLPを通販で注文すると、病院に行かずに低価格でお薬を入手できます。

C型肝炎治療薬を個人輸入するメリットとは?

ヘプシナットLPの価格は新薬に比べて大幅に安く販売されていますが、それは新薬であらかじめ確かめられた効果と安全性の元でお薬の製造されるためです。ジェネリック医薬品は臨床試験を全て完了させる必要がないので、開発コストを抑えて最終的な価格を低価格で提供することができるようになっています。

しかし、個人輸入のメリットはヘプシナットLPの安価な値段だけではありません。

ヘプシナットLPを個人輸入

  • ヘプシナットLPを通販で注文する場合、処方箋なしで購入することができます。
  • 海外からの医薬品の個人輸入は個人使用の目的である限り日本の法律を遵守しています。
  • ヘプシナットLPの輸入は個人情報などのプライバシー厳守のもとで配送されます。

注意事項:
日本の法律では、海外医薬品の個人輸入の通販は個人でのみ利用可能です。

 ヘプシナットLPを個人輸入代行の通販で注文する方法とは?

ナトコ・ファーマはいくつかのC型肝炎治療薬を製造販売しています。その中には、ヘプシナット(Hepcinat)やヘプシナットLPなどのお薬があります。この2つのお薬は似たような商品名ですが、成分が異なりますのでご注文の際にはご注意ください。

ヘプシナットを通販で購入できるのは個人のみであるのでご注意ください。配送先に会社の住所を指定してしまうと商用とみなされ税関で止められてしまうことがあります。

ヘプシナットLP:お薬の有効成分、作用機序、効能

ヘプシナットとは異なり、ヘプシナットLPにはソホスブビルとレジパスビルの2つの有効成分が含まれています。どちらのお薬も肝炎ウイルスの複製を直接阻害することで増殖を食い止めるNS5Aポリメラーゼの阻害薬です。下の図のようなメカニズムにより、ヘプシナットLPの治療効果がもたらされます。

HepcinatLPのプラスの効果

配合薬による治療効能は、肝炎ウイルスのジェノタイプ型によりますが、95~99%で完治が可能だとされています。十代の患者を含む幅広い患者[5]に忍容性が高いことが報告されています[6]

お薬の使用方法は?ヘプシナットLP 400mgの服用方法

ヘプシナットLPには禁忌薬があります。治療のための服用方法は主治医の指示に従う必要があります。服用前に必ず医師に相談するようにしてください。

C型肝炎治療薬ヘプシナットLPを服用する際の一般的な推奨事項

  • 1日の服用量は1錠(ソホスブビル400mg、レディパスビル90mg)です。
  • 薬を噛んだり、砕いたりしてはいけません。
  • ヘプシナットLPの治療期間は通常12週間です。
  • 代償性肝硬変患者に配合薬ヘプシナット LPで治療する場合は、治療期間を2倍にする必要があります[2]

ヘプシナットLPの治療:副作用と禁忌

このお薬は幅広い患者に忍容性が高いとされています。副作用の発生は稀であり、起こったとしても軽度で治ることがほとんどです。最も一般的な症状としては頭痛、吐き気、倦怠感などがあります。

注意事項: ヘプシナットLPとリバビリンの併用は、副作用が発生するリスクを高めます。

ヘプシナットLPは、重度の腎不全や肝不全、非代償性肝硬変、お薬の成分にアレルギー反応のある患者には禁忌とされています。妊婦の治療には、胎児への潜在的なリスクよりも潜在的なメリットの方が大きい場合にのみ処方されます。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”ヘプシナットLP (Hepcinat LP)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。