在庫状況 : 在庫あり
ヘプシナット 箱と中身
ヘプシナット 箱と中身
商品コード: 該当なし カテゴリー:

ヘプシナット (Hepcinat)

有効成分 : Sofosbuvir

¥58,980

ヘプシナット新世代のC型肝炎治療薬であるソバルディのジェネリック医薬品です。

ソバルディ(一般名:ソホスブビル)はC型肝炎ウイルスHCV)が体内で増殖するのを防ぐ核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬に属する抗ウイルス薬です。
ソバルディはC 型慢性肝炎 ジェノタイプ 2 型の治療において、以前の治療法よりも副作用 が少なく、直接作用型抗ウイルス薬として12週間の治療で95%以上の高い治療率を得られる新世代の経口治療薬です

1錠あたりの最低価格: 2,106円(400mg / 28錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : インド

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
容量 数量 1錠あたり 価格 数量 400mg 28錠 2106 円 ¥58,980
説明
レビュー (0)
スワティ・プンド薬学 博士 02
著者 スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士 Ph.D.

ヘプシナット

C型肝炎は肝臓がんを引き起こすウィルス性疾患です。現在までに、日本では年間5万人を超える人が肝炎やその合併症が原因で命を落としています。しかし、Sofosbuvirを主成分とする効果の高いお薬が開発されてから、その状況は好転しています[1]。そのお薬の1つに、インドの製薬会社であるナトコ・ファーマが製造しているヘプシナットがあります[2]

お薬の概要、ヘプシナット開発の歴史、有効成分、値段について

ソホスブビルは米国の製薬会社であるファーマセットが2007年に開発した有効成分です。有効成分ソホスブビルが臨床試験下にある中、同社は大手バイオ製薬会社であるギリアド・サイエンシズの傘下に入りました。その後、ギリアド・サイエンシズはソバルディ錠のFDA認可を取得し、販売を開始しました。2014年にギリアド・サイエンシズは発展途上国でジェネリック医薬品の提供をを開始すると発表しました[3]。こうしてNatco Pharmaが製造するHepcinatは市場に参入していったのです。

まず、ソホスブビルを主成分とするお薬の価格は、製造会社のポリシーに依存します。ヘプシナットを含めたインド製のお薬は、米国で製造されたものと比較し、安価であることが一般的です。配送元となる国も重要となります。例えば米国では1錠のコストが$1000、治療期間は12週間であるため、全体コストは$84000となります[3]。それと比較すると、日本市場ではソホスブビルは非常に低価格で入手可能です。これはお薬自体が保険の適用範囲内となるためですが、それにも関わらず薬価は高額となります。結果的に、多くの方はジェネリック医薬品の使用を選択しています。ヘプシナットの価格は1錠2106円です。

日本市場におけるヘプシナットの販売状況・売り上げについて

ヘプシナット錠は日本では公式に販売されていません[4]。これはお薬の承認手続きが複雑で、かなりの時間を要することが原因です。そのため、日本の薬局でHepcinatを購入することはできません。しかし、C型肝炎治療に効果のあるジェネリック医薬品が、日本では入手できないというわけではありません。この薬は個人輸入代行サービスを利用すれば入手することができます。

ヘプシナットの個人輸入のメリットについて:

  • 肝炎治療薬を処方箋なしで購入が可能
  • ヘプシナットを使用すれば、比較的低コストで治療ができる
  • シンプルで簡単な通販サイトでの購入が可能

匿名で購入可能であるという点も、メリットの1つです。ヘプシナットの個人輸入代行通販サービスはプライバシー厳守のポリシーのもとで行われるので安心です。

お薬の個人輸入についての重要事項

ヘプシナットやその他お薬の通販購入をお考えの方は、以下の内容をご確認ください。

  • お薬の個人輸入は合法です[5]
  • ただし、輸入するお薬は、個人利用を目的とし、かつ注文者は個人でなければなりません。
  • 輸入したヘプシナット錠は、転売してはいけません。
  • 通販サービスにより購入した全てのお薬は、ご指定の住所までお届けします。

個人輸入サービスを利用する上で最大のメリットは、肝炎治療薬であるヘプシナットが市販されている国に、実際に赴く必要がないということです。  現地サプライヤーとお客様の間で必要となる、様々な手続きを代行する個人輸入代行サービスの通販を利用するのがおすすめです。

ヘプシナットの通販購入手順

C型肝炎治療薬ヘプシナットの通販購入をされる場合は、以下の手順に従ってください。

通信販売のヘプシナット

注意事項:お薬の個人輸入は個人が注文する場合にのみ許可されています。オフィスや会社の住所を指定しないでください。

ヘプシナットを使用したC型肝炎の治療とその作用機序、効果、お薬の安全性について

C型肝炎に効果のあるヘプシナットの有効成分はソホスブビルです。錠剤にはソホスブビルが400㎎含有されています。このお薬はC型肝炎ウィルスが増殖するために必要なRNA依存性RNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の結合を阻害することで治療効果をもたらします。お薬の治療率は極めて高いとされています。

ジェネリックであっても治療効果は同等で、C型肝炎への治療効果は90%を超えています。1160人の患者を対象とした研究で、その有効性が確認されています[3]。またお薬の安全性についても、表に記載されている通りです[5]

ヘプシナット肝炎治療の有効性

C型肝炎治療薬ヘプシナットの作用機序

ヘプシナットを正しく服用することでC型肝炎治療を成功させることができます。服用指示に従って治療することを強く推奨します。

  • 一日に服用するヘプシナットの用量は400㎎です。
  • このお薬は1日1回服用してください。
  • ヘプシナットは食事の影響は受けません。
  • 肝炎の治療期間は通常12週間です。

C型肝炎の治療方法については様々あり、複合治療を行う場合もあります。単独治療の場合、ソホスブビルを400㎎含有するヘプシナットを使用した治療が推奨されます。併用療法の場合、ヘプシビルヴェルパナットといったお薬を使用する方が望ましいでしょう。これらのお薬には2種類の有効成分が含まれています。

それぞれの症状に適した治療法については、医師に相談してください。専門家から、ヘプシナットを服用することで発生しうる副作用、また禁忌についても説明があるでしょう。

ヘプシナットの副作用と禁忌

ヘプシナットは、その治療効果が確認されているお薬です。しかし、他のお薬と同様に副作用を引き起こす場合もあります。

ヘプシナットが引き起こすことがある副作用は以下を含みます。

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 消化不良

ヘプシナットの有効成分は、忍容性が高いとされており、副作用の発生頻度は少なく、発生しても中程度で治ります[6]

ヘプシナットは重度の腎不全、肝硬変そして含有される成分に不耐性である方は使用することができません。また妊娠中や授乳中の方がヘプシナットを服用した場合、どのような影響が発生するかについては十分に分かっていないことから、妊娠中、授乳中の方は使用をお控えください。

スワティ・プンド薬学 博士 02
著者紹介: スワティ・プンド 薬学 博士 スワティ・プンド 薬学 博士は、学術・研究分野での確かな経験と、査読付き科学雑誌での出版、ファイザーなどの大手製薬会社での研究経験を有する薬学博士です。当ウェブサイトのすべてのページで専門知識を監修しています

レビュー

レビューはまだありません。

”ヘプシナット (Hepcinat)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。