商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

ヴェルパナット (Velpanat)


¥242,600

ヴェルパナット有効成分ソホスビル400mgとベルパスタビル100mgが含まれているC型肝炎治療薬であり、ギリアド製薬が製造販売しているEPCLUSAのジェネリック医薬品になります。

非代償性肝硬変と直接作用型抗ウイルス剤治療不成功のC 型肝炎ウイルス感染症患者に対する治療薬としてEPCLUSAは、これまで薬の効かなかったC型肝炎も治療することができる治療薬として注目を集めています。6つの主要な全てのジェノタイプの C型肝炎を単純な1日1回の経口投薬治療レジメンで効果的に治療することが証明された最初のC型肝炎治療薬です。

1錠あたりの最低価格: 8,664円(28錠)

2

生産国 : インド

出荷国 : シンガポール

商品レビューを書いて500 ポイントをゲット
数量 1錠あたり 価格 数量 28錠 8664 円 ¥242,600
説明
レビュー (0)

1. ヴェルパナットとは?

ヴェルパナットは有効成分ソホスビル400mgとベルパスタビル100mgが含まれているC型肝炎治療薬であり、ギリアド製薬が製造販売しているEPCLUSAのジェネリック医薬品になります。

EPCLUSAはギリアド製薬が発売している新世代のC型肝炎治療薬の中で最も新しい薬で、これまで薬の効かなかったC型肝炎も治療することができる治療薬として注目を集めている配合錠です。EPCLUSAは、大部分の患者が有する6つの主要な全てのジェノタイプの C型肝炎を単純な1日1回の経口投薬治療レジメンで効果的に治療することが証明された最初のC型肝炎治療薬です。

非代償性肝硬変と直接作用型抗ウイルス剤治療不成功のC 型肝炎ウイルス感染症患者に対する治療薬としてソホスビルとベルパスタビルを配合した新薬あるEPCLUSAは2016年にアメリカで承認されました。

ソホスビルは核酸型ポリメラーゼ(NS5B)阻害薬であり、ベルパタスビルはNS5A 阻害薬です。

臨床試験では、EPCLUSAはジェノタイプ2の患者で99%、ジェノタイプ3の患者で95%の高い治癒率を示しました。EPCLUSAはジェノタイプ1、ジェノタイプ4、ジェノタイプ5、ジェノタイプ6の患者でも97〜100%の高い効果が判明しています。

EPCLUSAを服用する治療方法は、インターフェロンの注射治療は必要なく、複雑なレジメンもありません。

通常は1日1回1錠を12週間服用する治療コースになります。

EPCLUSAは、別の抗ウイルス薬であるリバビリンと併用することがあります。これらの薬物は、体内のC型肝炎ウイルスの量を減らすことによって作用し、免疫系が感染症と戦うのに役立ち、肝臓を回復させるために役立ちます。

服用方法や併用治療については医師に相談し、必ず医師の指示に従い服用するようにしてください。

ヴェルパナットは高品質のジェネリック医薬品を製造することで定評のあるNatco製薬が製造販売しています。

Natco製薬は1981年にインドのハイデラバードに設立され、今日ではインド全土に7つの製造施設を設け、最新の研究室、新薬開発能力などを提供しています。Natco製薬は現在4000人以上の従業員で構成されており、インドで最も急速に成長している製薬企業に一貫してランクされています。Natco製薬はFDA(米国食品医薬品局)からの認可を受けたジェネリック医薬品を有し、北米、ヨーロッパ、南米、中東、東南アジア諸国に医薬品を輸出しています。

 

2. 服用方法

慢性C型肝炎の通常の成人摂取量:

1日1回1錠の経口投与

食事の影響は受けません。

医師の指示に従い服用してください。

1日1回、12週間服用し続けてください。

飲み忘れた場合は治療効果が低くなりますので、必ず飲み忘れることなく服用するようにしてください。

ヴェルパナットを服用するべき時間のタイミングを逃してしまった場合は、服用してから18時間以内であれば、できるだけ早く服用してください。

服用するべき時間から18時間後であれば、あなたの通常の服用するべき時間を待って次のヴェルパナット錠を1錠服用してください。2錠を一度に服用しないでください。

予め定められた治療期間中にC型肝炎の症状が短期間で消えたとしても、処方された全期間、ヴェルパナットを服用し続ける必要があります。いずれかの薬物を予定の治療期間より早く停止すると、感染の復帰につながる可能性がありますので注意してください。

 

3. 副作用

すべての医薬品は有効な効果と共に、副作用を引き起こす可能性があります。以下のリストにある副作用のすべてが発生するわけではありませんが、発生した場合は直ちに医師に確認してください。次のような症状が表れたり、悪化した症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

  • 食欲不振
  • 上腹痛
  • 暗色の尿
  • 粘土色の便
  • 黄疸(皮膚や目の黄色く変化する症状)

一般的なヴェルパナットの副作用には以下が含まれます:

  • 疲労
  • 頭痛

より稀な副作用には以下が含まれます:

  • 下痢
  • 落胆
  • 悲しみや虚しさを感じる
  • 過敏症
  • 食欲不振、吐き気
  • 興味や喜びの喪失
  • 発疹
  • 疲れ
  • 集中することができない
  • 睡眠障害

ヴェルパナットへの蕁麻疹、困難な呼吸、顔、唇、舌、または喉の腫れなどのアレルギー反応の徴候がある場合、医療機関にすぐに相談してください。

 

4. 注意点

  • ヴェルパナットは必ず医師の指示の元で服用するようにしてください。
  • B型肝炎を患ったことがある場合、ヴェルパナットはB型肝炎を再発させたり、悪化させる可能性があります。肝機能の状態をチェックするために頻繁な血液検査が必要になります。
  • ヴェルパナットは他の薬剤と組み合わせて使用​​されることがあります。併用療法に関しては、医師の相談し、指示に従ってから行うようにしてください。医師の助言なしに、投与量や投薬スケジュールを変更しないでください。
  • 治療期間中に突然ヴェルパナットの使用を止めてはいけません。突然服用を停止すると、C型肝炎を抗ウイルス薬で治療することが難しくなります。
  • ソホスブビルまたはベルパタスビルにアレルギーがある場合は、ヴェルパナットを使用しないでください。
  • C型肝炎以外の肝臓の症状を患っている場合は、医師に相談してください。
  • 腎臓病(または透析中の場合)は医師に相談してください。
  • HIV(エイズ)を患っている場合は医師に相談してください。
  • ワルファリンなどの血液希釈剤を使用していて、プロトロンビン時間の検査を受けている場合は医師に相談してください。
  • ヴェルパナットは生まれていない赤ちゃんに危害を与えるとは考えられていませんが、妊娠しているか、妊娠する予定がある場合は、医師に相談してください。
  • ヴェルパナットはリバビリンと組み合わせて使用​​されることがあります。リバビリンは、生まれていない赤ちゃんの先天異常や死を引き起こす可能性があります。
  • 女性で妊娠している場合はリバビリンを使用しないでください。
  • 男性で性的パートナーが妊娠している場合はリバビリンを使用しないでください。あなたがリバビリンを服用中に妊娠中の女性とセックスすると、生まれていない赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。
  • ヴェルパナットが母乳に流入し、授乳中の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性がありますので授乳中の場合は医師に相談してください。
  • ヴェルパナットは、12歳未満または体重が35キロ未満の人の使用は認められていません。
  • ヴェルパナットを服用している間もウイルスを他の人に移すことができるので、安全性とHCVの拡散を防ぐために医師の指示に従うことが重要になります。

 

5. ヴェルパナットの併用禁忌薬

  • ソバルディ(有効成分名:ソホスブビル)と有効成分ソホスブビルを含む他の薬を服用している場合は、ヴェルパナットと一緒に服用するべきではありません。
  • オメプラゾールとオメプラゾン、または制酸薬を服用している場合は、ソホスビルとベルパタビルを服用した後、少なくとも4時間は服用しないでください。
  • アミオダロンと呼ばれる心臓治療薬と併用すると、心臓に危険な副作用を引き起こす可能性がありますので併用はさけ、医師に相談してください。
  • 抗生物質 リファンピンとの併用は避けてください。
  • うつ病に効果的だとされているハーブであるセント・ジョーンズワートと併用を避ける必要があります。

ヴェルパナットの併用禁忌薬のリストは以下のとおりになります。

  • アミオダロン
  • ボセンタン
  • カルバマゼピン
  • デクスランソプラゾール
  • エファビレンツ
  • エンザルタミド
  • エソメプラゾール
  • ホスフェニトイン
  • ランソプラゾール
  • ミトタン
  • モダフィニル
  • ナフシリン
  • オメプラゾール
  • オキシカルバゼピン
  • パントプラゾール
  • フェノバルビタール
  • フェニトイン
  • プリミドン
  • ラベプラゾール
  • リファブチン
  • リファンピン
  • リファペンチン
  • チプラナビル
  • トポテカン

この他にも、処方薬、市販薬、ビタミン、およびハーブ製品を含む他の薬物は、ヴェルパナットと相互作用する可能性があります。現在服用しているすべての薬について医者に伝えてください。

 

6. 保管方法

湿気が少ない室温で容器に入れて保管してください。

レビュー

レビューはまだありません。

”ヴェルパナット (Velpanat)” の口コミを投稿します